先日、テレビで仲道郁代さんが「ノクターン・遺作」を演奏していらっしゃるのを偶然見た。

<仲道郁代のピアノ初心者にも弾けるショパン>という番組が始まったことは知っていた。
「ショパン」は少し気になったけれど、一度も見たことはなかった。

「ノクターン・遺作」につられて、番組を見た。
レッスンは残念ながら「ノクターン第2番」だった。

ピアノ経験はなさそうな、何かで見たことのある男性俳優がレッスンを受けていた。
右手の旋律を歌うにはどんな風に弾くかがテーマ?
フルートの曲を練習するとき、バイオリンやチェロの演奏も参考にすると良いとよく私の先生はおっしゃる。
たたいたあと音が消えていくピアノはどう演奏するのかちょっと興味がわいて最後まで見た。


フレーズを大切に。
ダイナミクスをつけることと、「フィンガーペダル」というのをやっていた。
ピアノは、バイエルに毛の生えた程度の私。
そのような弾き方はなんとなく知識として持っていたけれど、「フィンガーペダル」という言い方は知らなかった。先生が弾くとちゃんと歌えるんね。

最後は先生の伴奏との連弾で終わった。
音で表現というより俳優らしく見せて表現している感もあったかな~。

昨日のレッスン

プレゼント!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。