レッスンの日、発表会疲れか、前日、二週間ぶりに泳いだせいか、体調はいまいち。
レッスンは無理でも取り合えず、恒例の反省会だけでもと、先生宅に行きました。


「良かった点、悪かった点は?」と、先生からいつものように問いかけがあって、二、三日前にブログに書いたようなことをお話ししました。
先生からは、
唇が震えたけれど、音がよかったこと。中音の出し方がよくなって、やっとトンネルから抜け出せた。(何年かかったことか・・・長かった~後戻りしないように頑張らねば!)
途中、(部分的にだけれど)その震えを自分でコントロールできたこと。
音楽的にみれば、進歩がみられて、先につながる失敗といえる。
というようなお話がありました。(あ、ありがとうございます・・・

今後。
モイーズ・・・No9から。
ケーラー二巻・・・やりかけている復習の続きを終わらせてから、続きのNo8をやる。
テレマン・・・カノン風ソナタNO4の2楽章から再スタート。
曲については、発表会で比較的取り組みやすい曲をし、私には難しいけれどなんとか手が届きそうな、フルート人生でやってみたいいくつかの曲をレッスンしてもらうことになりました。12月はレッスン回数が少ないので先生お薦めの、トーメ「かざらぬ告白」、そして1月からは憧れの曲の一つサン=サーンス「ロマンス」をレッスンしていただけることになりました。


先のこと、年齢のことは置いといて、とりあえず進んでみようと思っています。

聴講?

演奏会

comment iconコメント ( -4 )

E-KOMOさん、発表会ではいろんな思いがあったと思いますが、先生が良かった点をたくさん認めてくださってよかったですね!!

中音の出し方、トンネルから抜け出るという表現をされるほど大変だったのですね。
あぁ、私なんてため息がでそうですが、でもきっと何年も努力されたのですよね。

震えですが、私ごときがいうのもなんですが・・きっと発表会の舞台を重ねていくたびに克服されると思います。

曲頑張ってくださいね^^

名前: 白雪 [Edit] 2012-12-02 16:14

白雪さん、おはようございます。

ずっと注意されていた中音の吹き方ですが、たぶん、難なくクリアされる方がほとんどだと思います。
基本がきちんと身についていさえすればできることのような気がしています。
基礎からきちんと習っていらっしゃる白雪さんならきっと大丈夫ですよ!

人前での演奏、いつまでも敬遠していたらだめですよね。前に進めるよう頑張りますね。ありがとうございます~。

憧れのフルーティストは、たくさん・・・トップはパユさんで、工藤重典さん、高木綾子さん、小山裕幾さん、南部やすかさん・・・生で聴いたときの感動は忘れられません~。

名前: E-KOMO [Edit] 2012-12-03 10:43

こんにちは

 中音の出し方、私もいつも気になります。良くなられたとの先生のお言葉はうれしいですね。E-KOMOさんの努力の結果ですね。うらやましーい!!私にもおすそ分けしてくださーい(笑)。

 サンサーンスは以前は白鳥しか(笑)知りませんでしたが、今はバイオリンで聞く「序奏とロンドカプリチオーソ」が一番好きです。「ロマンス」はレッスンでは吹いたことありませんが、家ではたまに吹くことあり、好きな曲のひとつです。E-KOMOさんの今までのライナップにとてもあっていて、ノクターン同様素敵なメロディーが今から聞こえてくるようです。

 南部やすかさんというお名前は初めて聞きましたので、you tubeで聞いてみましたが、 私も好きなフルーティストに入れさせていただきました。有難うございます。

名前: あお [Edit] 2012-12-04 08:43

あおさん、こんばんは。

中音の出し方でそれにつながる低音、高音の響きが変わる。
いつも先生に言われていて、でも、つい無造作に吹いてしまうんです。
注意していないとすぐに元に戻りそうです・・発表会の曲はできたけどそのあとが・・・では困るんで頑張りますね。

「序奏とロンドカプリチオーソ」、私もYou Tubeで聴いてみました。(笑)いい曲ですね~。小塚選手が使ってたんですねぇ~。
「ロマンス」は私の力ではどれほどかかるか分かりませんが、長期戦の覚悟でいます!

南部やすかさんは関西の方なので、聴ける機会が多いです。ワンコインコンサートで約1時間、全曲暗譜(いつもそうなんです)で聴かせてもらったときは、もったいなくて、なんか申し訳ないような気分になりましたよ・・・。

名前: E-KOMO [Edit] 2012-12-04 23:17

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。