トップ  >  フルート  >  進歩の見えないレッスン記録

進歩の見えないレッスン記録

2012年11月04日

モイーズ
No9とバリエーション1、○。バリエーション2はややこしいので、発表会後にすることになりました。

ケーラー NO3
こちらも一応○。丸だけれど、さらに言うなら・・といくつかアドバイスがありました。

ノクターン
先生のピアノ伴奏で通しました。
自分で満足のいかないところがあちこちありましたが、それでもなんとか最後まで崩れることなく通せました。低レベルだけれど、でも、やっとできた~~。ささやかな達成感とでもいうか・・・ブレス位置も守れたし、音色もそれなりに保てた?
少し不安を取り除くことができました。

次の課題は・・・先生からはさらに指摘がありました。
中音のド・レ・ミの音がよくなってくると、今まで目立たなかったシの音、ド♯が目立つので直すように言われました。みんなよくない音ならそれなりに目立たずに済むけれど、よくなってくると目立ってしまうという、非常に低レベルの話です。(恥)
曲の終わりに向かう箇所でもいくつか注意を受けました。


発表会まであと3週間ほど。
気分もようやく前向きになれました。
頑張らねば・・・。

コンサート | トップページへ戻る | 玉葱の植え付け

このページのトップに戻る

コメント

教える立場から言うと注意をするということは
見込みがあるからするのであって
上達の見込みがなければあまり注意しません。
だからE-KOMOさんは先生の期待を背負っているので
あと3週間、少しでもグレードアップできるように頑張ってください。

野いちごさん、こんばんは。

「見込みがあるから注意する」・・・
そんな風に言ってもらえるととてもうれしいし、ひょっとしたらフルートの先生もそう思ってくださっているのかもしれない・・・、そう思えてきました。
前向きになり始めていた気持ちの、後押しをしてもらえたような気がします。
いやあ~うれしいです。ありがとうございます・・・頑張ります!

発表会まであと3週間なのですね。

着々と曲も仕上がってらっしゃるようで嬉しいですね。

頑張ってくださいね!

コメントの編集

白雪さん、こんにちは。

応援ありがとうございま~す。
ようやく恰好がついてきたというところでしょうか。
でも、本番でそれが出せなければ何にもならないんで・・・

例年の失敗を思うとまだまだ安心ができません(汗)

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。