アンサンブルレッスンは、新しい曲に入りました。
一拍目→二拍目→三拍め・・・、和音の変化を確かめながら吹くという練習がよく出てきます。始まりの音が次で広がったり、寄せ合わさったり、収束したり・・1音ずつ吹くとその変化がよく分かるのです。
新しい曲の最初でもそれをしました。
その中で、和音の色を感じて吹くということを言われました。
例えば、1番フルートの1拍目と2拍目が同じ音でも、2番フルート、3番フルート、4番フルートが動けば和音の色が変わる。1番フルートはそれを感じて音を出さなければならない。
そうなんですね~。

拍の表と裏ということもよく言われます。
昨日の曲は四分の三拍子。
吹く前に四つのパートに分かれて手拍子でリズムを打ちました。
「九人の手拍子があまりに単調でダメ。」笑われてしまいました。
打楽器奏者になって強弱をつけ、フレーズを感じ、拍の表、裏も意識して手拍子するとちゃんと音楽になる・・・。いつも言われるんですけどね~、すぐに忘れる。


発表会で吹くノクターンも、その観点からもう一度見直した方がいいのかな?


誕生日割引

進歩の見えないレッスン記録

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。