兵庫県立芸術文化センターである「題名のない音楽会」の公開録画に応募していました。
阪神間のホールで催されるのはたぶん初めて。しかも二日間!

この番組は好きで、いつもテレビで見ていました。
生で見られるなんてめったにないことやん?
張り切って二日分の申し込みはがきを出しました。

今日その返事が届きました。・・・二通とも見事落選でした!  応募者多数だったようです。
IMG_1141.jpg


そのはがきに、次回の公開録画のお知らせが書いてありました。
<12月に文京シビックホール>というところであるらしい。<次回のご応募をお待ちしております・・・>やって~。
文京シビックホール?何処にあるん?そんなん知らんわ~・・・

お疲れ~。

そそっかしい~!

comment iconコメント ( -6 )

こんにちは

 お久しぶりです。しばらくブログ拝見しない間にいろいろアップされていていつもながら楽しませていただきました。合唱楽しそうですね。またまたお近くに引っ越したくなりました(笑)。

  私の方は8月の末に主人の風邪がうつって、それが思いのほか長引き丸3週間薬を飲み続けまして、それでも治らないまま日曜日に発表会に突入しました。家族からは行くなと言われましたが、無伴奏のバッハがホールではどんな感じで吹けるのかどうしても試したくて、1時間半の長い時間をかけてたどり着きました。朝からのどしゃぶりで、しかも午後になると声がかすれて、フルートの音も出なくなってしまうという泣きたくなるようなコンディション。実は、熱はあまり出ない風邪だっ、たので、1週間前に木の枝おろしなどやってしまい、腰と左腕を痛めてしまうというおまけつき。いつもは荷物持ちできてくれた娘も海外旅行中で、あてにできず、最後は主人がついて行ってあげると言い出しましたが、気持ちを強く持って断りました。午前中のリハーサルは、気持ちよく吹け、本番もこれと同じに吹ければと思わずにはいられませんでした。結局、息継ぎが変わってしまったところが2か所ありましたが、音が出ないという最悪の事態だけは避けられました。

 長々と自分のことばかり書いてしまいましたが、これから発表会のE-KOMOさんに少しでも参考になればと思いました。私より経験者のEーKOMOさんのこと必要なかったかもしれませんが、急に涼しくなってきましたので、くれぐれもお体気を付けてください。

名前: あお [Edit] 2012-09-27 16:45

こんばんは。

題名のない音楽会、前はよく見てたのにそういえば最近見てません。
でも、生だと素敵でしょうね。

そうなんですか、せっかくお近くであるのに落選だったのですね・・
残念でしたね。

文京シビックホールは東京都文京区・・・
私はここなら行かれますが、申し込んじゃおうかなぁ(^^;)

名前: 白雪 [Edit] 2012-09-27 21:07

あおさん、お久しぶりです~。
発表会に向けてひたすら練習なさっているんだろうな~って思っていました。

そうですか。体調不良でいらっしゃったんですね。大変でしたね。でも、なんとか無事に演奏なさったようでよかったです。その日までの貯金が十分におありでしたから、きっと聴く者にとっては聴きごたえのある演奏だったのではないかと推察しています。パルティータは、私にとってはため息の出るような大曲ですもん。ご近所にいて聴かせてもらえたらどれほど勉強になり、刺激になったか・・・残念~。

昨年の発表会は、少し前から咳が止まらず、前日には熱をだすという最悪の状態でした。本番はあおさんと違ってよれよれ。。。。先日、封印していた発表会のDVDを初めて見ましたが酷い顔で吹いていました。(汗)

今年は、同じことを繰り返さないように十分に気を付けますね。ありがとうございました~。

名前: E-KOMO [Edit] 2012-09-27 22:25

白雪さん、こんばんは~。
文京シビックホール、ご存じなんですね。
関東の方は、コンサートの機会に恵まれていらっしゃって、いつもうらやましく思っています。
めったにないチャンスだったのに・・・残念でたまりません。

11月に申し込んで、公開録画は12月だとか・・。競争率が高そうだけれど、当たったらうれしいですもんね。

名前: E-KOMO [Edit] 2012-09-27 22:36

こんにちは

 E-KOMOさんも最悪のコンディションを経験されたのですね。でもその時逃げなかったのが、今年に生かされると思います。私も這ってでも行こうと思いましたが、本当に心細いの一言でした。娘からのNever Give Upのメールを見たときは思わず涙が頬を伝いました。
 それと確実に歳はとってることを実感しました。これほど長く風邪をひいたことはなかったし(喉頭がん検診まで行きました)、また2週間たっても腕と腰の痛みも今一です。E-KOMOさんは普段から水泳を続けていらっしゃるのは本当に素晴らしいと思います。きっと健康で長生きできます、絶対に。
 それと発表会で思ったことですが、もう40年以上やっていらっしゃる憧れの先輩の方(多分75歳位だと思います)の演奏が、今までと違ってちょっとがっかりしたのですが、ご本人も歳ですねえとおっしゃっていたのがすごく心に残りました。
 ベテランの方にして然りですから、歳いってから始めたお稽古、やればやるほどうまくなるとは限らず、いつかやってもやっても下降線になる時が来ること思い知らされたような気がしました。でももうちょっとだけ、先を目指して進む気持ちだけは持ち続けたいと思います。E-KMOさんという力強いお友達に助けられながら。

名前: あお [Edit] 2012-09-28 16:01

あおさん、こんばんは。

フルートに対するあおさんの一途な思いが伝わってくる感じです。日頃から本当に、情熱をもって頑張っておられるんですね。改めて思いました。


今年、発表会への取り組みが遅れました。
やはり昨年の失敗が堪えていて・・・。
先生も出ないつもりなんだなと思われていた様で、遅くに曲を持っていったらびっくりされていました。
発表会に向けて頑張る気持ちが沸いてこなかったのです。

あおさんから刺激をもらったことや、そのほかいろいろ体験し、支えてももらい、今は、もう一度チャレンジしてみようという気持ちでいます。
まあ、あれ以上の失敗はもうしないでしょうから・・・(そう思いたいです!)

さびしいけれど、いつか無理かな~って思う日は来ると思います。けど今は、私も、前に進むことをまだあきらめては、いないつもりです。ほんのちょっとでもね・・・。

お互い、体、大事にしましょうね。

名前: E-KOMO [Edit] 2012-09-29 18:44

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。