2012.09.21  ソリスト!
合唱団の練習がありました。
いつものようにトレーニングした後、発声練習。
それから合唱をしました。
曲は、小さな木の実、遥かな友に、ウエルナーの野ばら

欠席者が多くて、出席者は、男性も女性も2人ずつでした。

今やっている曲はどれも二部合唱。
男声も女声もそれぞれ二部に分かれました。
女性の二人は高音パート・低音パートを入れ替えながら歌いました。

高音パート、低音パートどちらも二人ずついるのですが、歌ってみると、まるで一人ずつで歌っているみたい。ソプラノとテナー、アルトとバスは全く同じ旋律なのですが、声の高さが違うのでそう感じたみたいです。
音程を外さないように・・・・咽喉を開けて・・・お腹を使って・・・それこそ必死で?歌いました。でも、あちこちでフラフラ~。それがわかるので冷や汗が流れました。
「小さな木の実」は大分歌っているので、まだましでした。「よかった~」指導者からはそんな言葉をかけてもらいました。
「遥かな友に」は初めて。途中から二部に分かれます。譜読みして歌いました。う~ん・・・
「野ばら」が一番ひどかったです。


疲れました。。。


Secret