トップ  >  日々のこと  >  一号ちゃんのスイミング

一号ちゃんのスイミング

2012年09月14日

一号ちゃんがスイミングに行き始めてから5か月が過ぎました。

一号ちゃんが入水するのは、バアチャンのレッスンの日。一コマおいて一号ちゃんのレッスンが始まります。

ママが幼稚園帰りの一号ちゃんと、二号クン三号クンを連れてプールへ。
一号ちゃんは着替えて入水。
ママが残って、バアチャンが一緒にきた二号クン、三号クンを連れ帰る。
という手筈で進んでいました。
うまくいけば、二号クン三号クンは帰りの車の中で居眠りをはじめ、そのままお昼寝してくれたり・・

ところが最近になって、二号クンが、「バアチャンと帰らん、おかあちゃんと一緒にいる」というようになって・・・
バアチャンがそのまま残って一号ちゃんを連れて帰るということにしました。三号クンは、バアチャンと一緒に帰りたかったようですが、チャイルドシートのこともあってそうもいかず、二号クンにお付き合い。

バアチャンにとっては、一号ちゃんが練習するのを見るのは、それもまた楽しいことで・・・

毎月月末は進級テスト。
一号ちゃんは、毎月、合格のワッペンをもらっていて、でも、今はまだ「顔つけ10秒ができる」段階。
そもそも4月の最初のテストが<泣かない。顔洗い>、次は<自転車こぎができる>それから<顔つけ3秒><次は5秒>・・・というような設定で、遅々として進まない、周りの大人にとっては、いささかもどかしいような感じもありましたがレッスンの様子を見学するようになって、その設定にも納得がいきました。


コーチは一人ずつとても丁寧に見てくれています。初心者は、一人のコーチに6人ぐらい。この間は水の中での立ち方を教わっていました。(水に顔を付けたまま、膝をお腹に引き寄せて立つ)それを一人ずつ順に。。。。
≪大人は言葉で説明できるけど、子供は体で覚えさせるんやね~≫
キックも一人ずつ、コーチが足を動かしてくれます。そしてそれをいろいろな方法で。
飛び込み台に立って足から飛び込んだり・・・プログラムも多彩、1時間のレッスン中、ずっと飽きずに居られるみたいです。

一号ちゃんは、ずっとにこにこ。実にたのしそ~。
この間は、コーチに支えてもらって上向きにぷかーっと浮いて・・・二階ギャラリーにいるバアチャンを見つけて手を振っていました。

レッスン記録 | トップページへ戻る | いつまでたっても初心者です・・・(汗)

このページのトップに戻る

コメント

合格ワッペンの「泣かない」「顔つけ3秒」「5秒」・・・の話を夫にしたら 笑っていました。
二階にいるバアチャンに手を振る余裕迄あるし、楽しいスイミングですね?

コメントの編集

モッチさん、こんばんは。
もどかしく思っていたんですが、次のコマの上のクラスの子たちの泳ぎを見てさらに納得です。キックが上手!泳ぎが美しい~。
きっちり丁寧に教わってフォームが体にしみこんでいるというか・・・
その点大人は泳げるけど、けっこう癖があったりするんです。
同じ泳ぐならやっぱりきれいなフォームで泳げたほうがいいですもんね。

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。