2012.08.01  痛恨のミス!
オリンピックではありません。
我が家の菜園での話です。

たくさん実をつけてくれたキュウリが予定通り黄色く枯れてそろそろ終了。

キュウリはゴーヤのすぐ隣に、ネットを一部共有して植えつけてありました。
例年、キュウリは7月で終わるので、キュウリの後のネットはゴーヤ用にするつもりでいました。
ゴーヤとキュウリのツルはけっこう入り組んだ状態で、もうすでに立派なみどりのカーテンの形に仕上がっていました。

昨日朝、キュウリのツルをブチブチ切り、ゴーヤを傷めないように注意を払って取り除きました。
枯れたツルが無くなって、これでまたゴーヤが伸びてくれるはず、すっきりしました。
キュウリの伸びたツルはゴミ袋1パイ分位ありました。

それから下を少し耕しほぐし、そのあと水やり。

終わって、窓から仕上がり具合を見ていたのですが。右側のゴーヤのカーテンの葉っぱの具合が変!
水やりをしたのにしおれ具合が尋常ではないのです。

あっ!ひょっとして?
慌てて見に行ったら、やっぱり~!

三本植えていたゴーヤの右端の1本が途中で切れていました。それもメインの軸の下から1mくらいのところで。。。。

どうも、キュウリを切るつもりが、間違ってゴーヤを切ってしまったようでした。
結果、緑のカーテンは、三分の一が無残なことに・・・。

悔やんでも悔やみきれないとはこのこと?
未熟のゴーヤも3本ほどぶら下がっていました。

夕方、夫が脚立に上って後始末。枯れたゴーヤを取り払ってくれました。


あいたネットに、ゴーヤのツルを誘引し、もう一度緑のカーテンを仕上げなければ。。。。

今日は早起きして、かわいそうなゴーヤに肥料をサービスしました。。。。
Secret