7月のアンサンブルレッスンからもう数日が過ぎた・・・。
勉強になることをいっぱい聞いたはずなのに、もう記憶があいまいになりかかっていて・・・・

印象に残ったことを少し記録しておきます。

レッスンは、
TELEMANN:Six Canonic Sonatas 3の全楽章
第一楽章
まず、リズムの勉強。
足で4分の4のリズム、手で16分音符、そして声で楽譜通りを歌ってみた。
16分音符を常に意識して吹くと1・2パートが合わせやすくなるし、8分音符、4分音符にもスッと入れるということらしい。老化が進んでいるおばさんにはなかなかしんどい技で・・・。

それから合わせ。この間は、1パートは2人、2パートは3人。
なんとか頑張ったけれど・・
「最後まで通せたけれど、相手の音聞けてへんし、音程も何もかもぐっちゃグッチャやね~。」先生に笑われてしまった。

第二楽章 8分の六
1小節目の「ラミファレード」は「ラ・ミファレード」・・と、少しだけ間が開く感じで吹くこと。(音楽の感じが変わるなあ~!) 
1パート、2パートのカノン。大雑把にいえば音が高い方が主役。それを意識しながら吹くこと。(なんか面白い感じになる~)

先生が一緒に吹いてくださって、それを聴きながら吹いていると自分の吹き方まで変わってくる感じがした。耳から入ってくる先生のフルートと身体全体の感じから、伝わってくるものがたく~さんあった・・・

第三楽章に入るころにはもう終了時間。
途切れたり、落ちたりしながらなんとか最後まで到達・・・ふぅ~。

あっという間の1時間半!


次回もTELEMANN。
トリルも入れて仕上げる予定。


トリルは苦手・・しっかり練習しておきたい。



帰宅途中、思いついて楽譜屋さんへ。
トリオの楽譜を物色。
フルート・チェロ・ピアノのトリオの楽譜はなかったけれど、フルートの代わりにバイオリンが入るトリオの楽譜があった。バイオリンなら音域によってはフルートでもOKやん?
家に時々来るピアニストにピアノを頼んで、夫と三重奏でもしてみるかい?

カタログで、好きな曲の入っているほうを無謀にも注文した。
1週間くらいで届くらしい。
ピアノはすぐにでも演奏OKだと思うけれど、フルートとチェロが問題やと思う。合わせられるところまでいける???????・・・たぶん、お蔵入りやろうなあ・・・・。

Secret