レンタルショップに行ってきました。
目的は「戦場のピアニスト」のDVDを借りること。映画の中で「ノクターン」が演奏されているのです。
そして、「ノクターン」のバイオリン演奏のCDを探すこと。
DVDはすぐに見つかりました。
バイオリンのCDは、五嶋みどりさん演奏のが見つかったのでまよわずそれにしました。

家に帰って早速CDを聴きました。
ピアノの前奏に続いて出てきたバイオリンの音は予想以上でした。
う~ん、美しい~!ため息が出るほど美しい~。
しみじみと、たっぷりと、繊細に、ゆたかに音が響いて音楽が心に沁みこみました。
この演奏のときの彼女はまだ18歳だったようです。う=ん、すごい・・・

練習するときの「ノクターン」のイメージがさらに深くなったような気がしたけど・・・
でも、明日吹いたらなんにも変わっていないかも・・・
せめて最初のフレーズだけでも、たっぷり吹けるようにしたいなぁ~。


でもそれより何より、難しいところをきちんとクリアしていかなくちゃね・・・。
DVDは明日ゆっくり観ようと思います。

というわけで、双子ちゃん、バアチャンは明日忙しいのよ。よろしくお願いしますね。



盆踊り大会

今日のスイミング

comment iconコメント ( -2 )

ノクターンにも 色々あると思いますが、私にも好きなノクターンがあります。
フルートの音色は 追求しかけたら キリが無いんでしょうネ?難しそう・・・・?
『戦場のピアニスト』にでてくるのを吹いてられるんですか?
TVでやっていたのをビデオに撮ったように思いますが、それが残っていたら 私も観てみようと思います。 

名前: モッチ [Edit] 2010-08-17 23:13

モッチさん、こんばんは。

ショパンの「ノクターン」ってたくさんあるんですね。今度のは「遺作」という名前がついてます。
ピアノはもちろんですが、バイオリン、チェロでもけっこう演奏されているようですよ。
五嶋みどりさんのCDは情感たっぷりでそれはそれは見事でした・・・・

DVDは昨日みました。ストーリーが重くて、感想を文字にまとめるのが難しい・・・戦争の映画としか思っていなくて・・・衝撃を受けました。。。。

名前: E-KOMO [Edit] 2010-08-20 23:29

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。