2012.06.27  ロックミシン
亡くなった母は洋裁が好きでした。
大学生のころまでは、縫ってもらった洋服を着ることもありました。
そのうち自分でもスカートを縫ったりしましたが・・・・。

その母が残したロックミシンを、私が貰いました。
もう20数年前のことです。
それから納戸にしまったまま、一度も使いませんでした。

糸の通し方などの使い方がよくわからなかったからです。
仕事が忙しくて洋裁をあまりしなかったということもあります。
どうしても必要なときは、普通のミシンのジグザグ縫いでごまかしていました。

最近、孫の簡単な衣類を作るようになって(目下、本を見て修行中)、ロックミシンのことを思い出しました。
それが、これです。
IMG_1041.jpg


縫い代の始末はロックミシンですれば簡単にできるはず!
でも、取扱い説明書はありません。
ネットで会社のHPを調べてみたけれど、ダウンロードできるようなものは見当たりませんでした。有料でなら送ってもらうことができるみたいです。
糸の通し方は本体に記してありました。
母が使っていたころのかすかな記憶を頼りにやってみると、動き始めて・・・縫い代をカットしながら、かがる工程がなんとかできました。


ロックミシンを使っての第一号作品がこちら。

一号ちゃんのための、<フリルつきショートパンツ>
スカートの中がショートパンツになっています。

IMG_1051_1.jpg

二号クン・三号クン用の<ショートパンツ>
こちらは、何かの残り布を使ったので、お揃いにはできませんでした。気は心で?パンツとポケットの組み合わせを関連付けてみました。

IMG_1050_1.jpg

三つ目のフリルつきショートパンツが出来上がった時、ピンポーン!
三人とママがやってきました。
さっそく試着。
ウエストのゴムがちょっと緩かったけれど、まあまあでした。・・・・

一号ちゃんからはさっそくワンピースの注文がありました。
Secret