いささか小さめで生まれた孫のツインズ。
一卵性ならさぞかし何もかも似ているだろうと思っていたけれど、そうではなかった。

小さいながらも、もう個性を見せてくれているみたいだ。
長男の二号クンはおっとり。次男の三号クンは積極的?。

娘の外出中に預かってオムツを変えたり、お風呂に入れたり・・・そんな時、お腹がすいて先に泣き出すのは決まって二号クン。三号クンはよく眠る。
二号クンが泣き疲れ、目の端に涙をためながら、うとうと眠り始めた頃に三号クンが泣き出す。三号クンはあきらめたりしない。しっかり泣いているところへ娘が帰ってきて、先にお食事にありつけるのは三号クン。
こんなパターンが多い。


顔も少々違う。
最も、たまにしか見ない人は、どっちが~?と分からなくなるらしいけれど・・・・。


体重は生まれたときの3倍くらい。・・・ずいぶん大きくなった。
たまにベビーバスに入れてやるけれど、狭くて縁でごっつんこしそうになる。
笑ったり、「ウ~」「ア~」とオハナシもできるようになった。

これからどんな風になっていくんだろうね。
た・の・し・み・・・・



再開~

今年の玉ねぎ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。