モイーズ・ケーラー・テレマン、ほぼよい出来だったみたいで。
2C♯の吹き方を直すこと。注意して吹くと、そのあとの音がよくなって音楽がつながってくる。
曲の流れの中でのタンギングになるようにすること。
大まかにいえば注意点はこの二つ。


『青春の輝き』

「曲が曲らしく聞こえない」先週のレッスンで言われたことが頭から抜けなくて・・・
夫は、大笑いしてひっくり返っていたけど・・・

Y先生に指摘されたこと、アンサンブルの先生に言われたこと、そしてM先生に今まで言われてきたこと、コーラスを始めて感じたこと、あれこれ思い出しながら練習した1週間だった。
ここ最近ずっと、なにか見えてきたような感じでいた。
いろいろやっているうちに、それらのことがみんなつながって、大げさに言えば、自分の課題、やるべきことがはっきりしたように思えた。

曲に入る前にそんな話を聞いてもらった。
ちょっと大きいことを言ってしまって、いささか吹きにくかったけど。。。

先週と同じように、吹き始めてすぐ止められるかと思ったけれど、先生は、途中から伴奏を付けてくださった


「今日は、曲らしく聞こえましたね~。今日の吹き方の方が好きです。」・・・・・・・
<ささやかな一歩>と言ってもいいかな?

スナップエンドウ

楽しそう~!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。