宿題を抱えてレッスンに行ってきました。
M先生のレッスン、前回はご挨拶程度で、昨日が再開初日みたいなもの。
何だか緊張してしまって、出る前からお腹がしくしく・・・。
優しいけれど、きびしいレッスンがまた始まる~。

先生のお話も上の空といった感じでレッスンが始まりました。
もう十数年お世話になっているというのに・・・。


モイーズ
すべてfで吹きました。
次回はすべてpで。

ケーラー No6
半分だけ見てもらいました。
音をいっぱい直されました。薄っぺらい音になっている、吹きすぎている、口元がしまっている、通過音として吹けていない等々・・・・。
テンポはとりあえず88くらいまで。
でも、まあまあだったようです。

TELEMANN No4
アーティキュレーションの変更がたくさんあって、その譜面に沿って吹きました。ざっと通しただけといったところ。次回から細かく見ていくことになりそうです。

「青春の輝き」
<ド♯レミラー ソ♯ラシミー>
最初の3小節を吹いたところで止められました。
「音出しもエチュードも結構いい音で吹けていて悪くないのに、曲になると、どうして曲らしく聞こえないんでしょうねぇ~。・・・」・・・
「以前よりはましになっているんだけれど・・」

自分では歌って吹けるように練習したつもりでいました。
フレーズを意識して練習したつもりでいました。
先生によれば、息のスピードで吹いていて音が良くないのだそうです。

最初の三連音符の音の作り方。
まず、しっかり支えた低音のド♯レミ、続いてそれを中音で、そして高音で吹きました。息のスピードではなく、密度を濃くすること。音色をよく聴いて。ド♯にも注意・・・・。
何度も繰り返し吹いて、ちょっとよくなってきたところで、中ほどまで通しました。
その吹き方をすれば、自然に曲になるはずなんだそうです。
私としては、何だか、がちがちになって吹いている感じでした。

今にして思えば、
家で練習した時は、吹き飛ばして、曲として吹けていると勘違いしていたということのような気がします。
そういう吹き方をすると、吹いている気分、満足感は十分味わえる気がします。
でも、「曲らしく聞こえない」ということで。

「レッスンで吹いたのを録音していたら、違いがよくわかったのに惜しかったですね」先生はこうも言われました。


曲に関して、また後戻りしたみたいです。
それでも、レッスンで注意を受けて、その場で何とか修正して吹くことができたので、ぺしゃんこにならずに済みました。



今から、お稽古します。

むり!

二日目

comment iconコメント ( -6 )

No title

頑張っていらっしゃるんですね、感心します。

3連譜って どれも同じ長さで演奏するんですよね。
ざっと吹くと最初の音がつい長くなって・・「コケてます」と言われます。

楽しんで吹ければいいかなって最近思います。
だって、これから演奏家になる訳じゃないんですもの。
のびやかな音色が出せればいいかなって・・頑張りましょうね。

名前: もみじ [Edit] 2012-05-14 16:45

No title

お久しぶりです。

この2週間いろいろあったのですね。本当に人生オールマイティのE-KOMOさんで脱帽です。アンサンブルは楽しいですか?スクールでやられているのですか?私も1度だけ2年くらい前に思い立って参加したことがあるのですが、最初3オクターブまでのクロマティック音階をやらされて、普段やっていなかったのでおたおたしてしまいました(笑)。それと自分の楽器を持っていかなかったので、借りた楽器は吹きにくく(言い訳です)思ったように吹けず、お試しで終わってしまいました。でも余裕ができたらやってみたいですね。

ご旅行、緑がすごくきれいですね。栗林公園、懐かしいです。45年程前、学生オーケストラの一員で(弦楽器をやっていました)演奏旅行の途中で寄りました。

頭部管、期待もてそうですね。私も総銀の楽器が先月28日に来ましたが、キーの吸いつきが前の楽器より早く、早い動きが楽になりました。いろいろ進歩改良されているのですね。

E-KOMOさんは苦手な音ありますか?わたしはどうも3FISが出しにくくてソノリテの時いつもドキドキします。新しい楽器でもそれは変わりないようです。
4冊のお稽古で1レッスン何分ですか?先生がすごくよくみて下さっていてすごく濃密でいいレッスンですね。絶対上手になりますね。

お互いに今週もまた頑張りましょう。




名前: あお [Edit] 2012-05-14 19:53

No title

もみじさん、こんにちは。

のびやかな音~、出せるようになりたいです。
でも、相変わらずです。
毎回先生にいろいろ注意されながらやっています。(汗)
リズム感もよくないし、譜面を読むのも遅い・・・ほんといろいろあるんです。 課題だらけなんですよ~。


コンサートやCD、ほかの教室の発表会で聴かせてもらっっていると、吹いてみたい曲がたくさん出てきます。到底吹けそうもない曲もたくさんあるのですが、中にはひょっとしたら吹けるようになるかも・・・少しだけ期待してもよさそうな曲があって・・・。夢に終わるかも・・・。
ま、憧れの曲に手が届く日が来るかどうかはわからないけれど、ぼちぼちやってみます。

コメント、ありがとうございました~。

名前: E-KOMO [Edit] 2012-05-15 16:16

No title

あおさん、お久しぶりです~。読んでくださってうれしいです~。

アンサンブルは楽しいです。レッスンで同じ先生にずっとお世話になっていて、ほとんどその先生のレッスンしか知らなかった私でしたから、10月からのアンサンブルレッスンは、良い意味で刺激になりました。教え方の違い?もプラスに作用している感じです。大阪のおばさんですから、十分に吸収して、しっかりと楽しんでいます。ほんま楽しい~。

あおさんは、やはり音楽経験が豊富でいらっしゃるんですね。下地がちゃんとある方を何時もうらやましく思っています。学生の時にひたすら打ち込んで得たものは大きいだろうなって思いますもん。

ついに新しい楽器がきましたか?速い動きが楽に?それは素晴らしい~。ますます練習に気合が入りますね。いろんなことがよ~くわかったうえで手にされた楽器ですから、力を発揮するに違いありません。ほんと楽しみですね~。
私の頭部管のこと、その後進んでいません。ま、焦ることもないので・・・。

レッスンは1時間です。お茶の時間を入れるともう少し長いかと・・(笑)
先生に教わることがあまりに多く、ぼけ始めた頭では覚えきれないくらいです。レッスンが終わってから駐車場で教則本に書き込んで帰るようにしているのですが、それでも抜けおちてしまうことがあって・・・。先生には申し訳ないけれど、毎回同じことを注意されているような気がします。(恥)

お互いに、やる気をおこす材料は十分ですよね。頑張りましょう~。

名前: E-KOMO [Edit] 2012-05-15 22:49

No title

こんにちは

 音楽経験が豊富とかは言えませんが、必ずしも後押ししてくれていないのが現状ですから(笑)、差はないですよ~。

私も大体1時間プラスおしゃべり20分位でしょうか?E-KOMOさんのところはお茶も出るのはすごいですね。レッスンが終わればお友達みたいな感じですか?始めたころは40分だったのですが、おしゃべりが長かったりしてあっという間にレッスンが終わる時があり、倍にしました。ソノリテから始まってタファネルゴベール、音階の暗譜、曲2曲、エチュード。時間がある時は、そのあとファンタジーを。EーKOMOさんも先生ととても相性がいいみたいですね。どのくらいの年代の先生ですか?私の先生は40代半ばです。

今日は”お前は倍音か?(言葉が悪くてすみません)”っていうくらい中音部が倍音しか出ず、楽器に叫びたくなりました。特に2Eって倍音になりやすくないですか?私だけですかしら。

確かに発表会って楽しく吹けるようになる感覚を味わいたいというのは誰しも思うことですね。最近は何年やったからこのくらいの長さや難しさの曲をというより,如何に美しい音で人の心に入り込めるかということの方を重視するようにしています。聴いている人も大半は素人ですから余計そう思います。そういう意味でも曲選びは難しいですね。半分以上はそれで決まるような気がします。

毎日落込んだり、ちょっといい気になったり、演奏家になるわけでもないのにいろいろ悩めるフルート吹きでお笑いだと主人からは言われます。E-KOMOさんのご主人は音楽に精通していらっしゃるので、きっとその辺のことはわかって下さっていることでしょうね。羨ましいです。やる気ですね。頑張ります。

名前: あお [Edit] 2012-05-16 15:02

No title

あおさん、おはようございます~。

あおさんのレッスンは、私のよりもっと盛りだくさんですね~。
音出しが充実しているみたい・・・。それに最後にはファンタジーを通されることもあるのですね。パワフルでうらやましい~。
わたし、モイーズやってタファ・ゴベ、スケールとアルペジオ(アルテ1の後ろの方のを暗譜で)をすると疲れてしまって最後まで持たないので、最近はタファ・ゴベをお休みさせてもらっています。

偶然お会いした先生ですが、先生のレッスンの進め方は私にあっていると思います。反対に、ぐずぐずしている私によくまあ我慢して付き合ってくださっているというか・・・(苦笑)。先生は年齢不詳ということになっていて・・・。お見かけしたところでは40歳前くらいかと。
先生のお宅では、お茶から始まります。ハーブティなんかもお好きなようで、いい香りのお茶を頂いてリラックス~、それからレッスンです。リラックスがレッスン中まで続くといいのですが・・・(涙)

家の自称サブインストラクター、フルートは吹かないのですが、音楽に関する疑問、悩みは、ある程度そちらでも解決するのでけっこう間に合っています。
以前、チューバを吹く息子が「オトンは、甘い~」とか言っておりましたが、褒めて育てるタイプですかね。(笑)

あおさんでも、そうですか?中音は難しいですね。特に、2Eには一番気を使います。気を使わないといけないのに、無造作に吹いて注意されることもしばしばです。

あすは、レッスンです。今からちょっと頑張らねば。。。。

名前: E-KOMO [Edit] 2012-05-17 10:32

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。