トップ  >  フルート  >  久しぶりに先生宅へ

久しぶりに先生宅へ

2012年05月03日

フルートの師匠のM先生が復帰されました。
昨日がその初日。
レッスン時間のほとんどは、先生とのお話でした。
Y先生に代行レッスンしてもらっていた時の話、試奏に行ってきた話、今後のレッスンについて・・・。
最後に「パン」を吹いてレッスンは終了。

次回からのレッスン。
モイーズ、ケーラー、テレマンはそのまま。
曲は、カーペンターズの「青春の輝き」をすることになりました。これは以前ちょっとだけ手を付けて止めてしまったものです。新しい表現ができるようになるといいのですが・・・。

頭部管の買い替えについては進展がありました。
今使っているRSタイプ、それからSTタイプ、FTタイプ、それぞれの吹奏感とお店の方から聞いたことを話しました。
STタイプが一般的で新しくフルートを始める人にはこれを薦められるそうです。
音がいいのはFTタイプ。でも、お腹の支えがかなり必要で、慣れるまで時間がかかる。我慢して練習できるならこちらを薦める。先生はそうおっしゃいました。ある意味楽しみだとも・・・。

試奏に付き添ってくれた夫もFTタイプで頑張ってみたら?そう言っていました。


連休が明けてから、さらに話を進めることになりそうです。

本日のコーディネート | トップページへ戻る | そうなんかな?

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。