試奏に行ってきました。初体験でした。

楽器を買い替える余裕はありません。
それに、今の楽器を薦めてくれて、その後もリペアをお願いしている楽器屋さんからは、「奥さんには、今の楽器で十分やと思います。」という、まことに正直な意見をもらっていました。
で、頭部管だけの買い替えを考えていました。

今の楽器、頭部管の歌口部分が独特で、微妙なカーブがつけてあります。
メーカーの説明では、<息がまとまりやすく、低音が吹きやすいプレート>らしい???のですが。。。。
ぴたっとはまった時は確かによく響くけれど、そのような状態を常時保つことができず、苦労していました。
出だしが低音のCだったり、跳躍していきなり低音を鳴らす時など失敗することが多かったのです。
うまく吹けないのを楽器のせいにしてる?そう言われれば、弁解の余地は全くないのですが・・・(実際、今回の試奏に出向くときも夫からそう言われていました。・・・

以前から師匠には、そして今回Y先生からも、一度試奏してみたらどうかと言われていました・・・。


付き添いは夫。
一人ではとてもとても行けません。

試奏室で、まず自分の楽器、それからプレートのタイプが異なる二本の頭部管を試奏をしました。

「音を聴きたいので、ご自分の楽器を吹いてみて貰えますか?」
お店の係りの人がそう言うので、ロングトーンと、音階を吹きました。
「やっぱり、きんちょうするわ~。」そう言ったら、
「でも、その音が今の実力ですからね」と、係りの女性。
その一言で、きちんとしたアドバイスが貰えそうな気がしました。

私のはRS-1。
ST-2は標準のプレート。楽にふける感じがしました。低音の鳴りもよくて、何より問題の跳躍が無理なくできる感じでした。
もう1本のFTは、重いというか、吹くのにちょっと力が必要な感じでした。でも、音色はそちらの方が好きでした。
店の人のアドバイスは、「FTは吹き込んでなれたらもっとよくなると思う。遠鳴りがする楽器」で、「楽に吹きたいならST-2がお薦め」でした。
夫が薦めたのは、FT。「支えをしっかりして吹けばいい音がする。音が魅力的~」


頭部管だけとはいえ、お高い買い物です。とりあえず、カタログだけ貰ってもう少し検討してみることにしました。
FTが吹けるようになるまで、改めて頑張ってみる?
ST-2も魅力だし・・・。
RS-1で、もう少し頑張るのも悪くないかと思い始めたり・・・。

もう少ししたら師匠も復帰されます。
楽しみな悩みです。

一人に一台?

手作りのイチゴジャム

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。