いつものようにプールで泳いで、そのあと更衣室でしゃべりながら着替えた。
「その薄いグレーのプルオーバーいいなあ、濃いグレーを着たらホンマのおばあさんになってしまったわ~」
「濃いグレーはあかん、地味な色にするんやったらいっそ黒の方がすっきりするで~。」とか。

水に濡れた水着は脱ぎにくい。
ごそごそと脱いでそのままゴーグルやキャップ、セームの入ったナイロンバッグに。

残っておしゃべりするメンバーと別れ、途中で買い物を済ませ帰宅。
車を降りるとき水着のバッグが軽くて、プール用の一式を忘れたことに気が付いた。
体操用の、Tシャツ、トレーニング用のパンツもない。
プールを出るとき、荷物が軽いことには全く気付かなかった。

Tシャツだけなら、次回受け取ればよいけれど、脱いだままの水着が入った袋はちょっとかっこが悪い。
慌ててプールに引き返した。

プールはもう子供たちの時間。
更衣室も子供でいっぱい~。
入ってみると袋がそのまま置いてあった。。。。ヤレヤレ・・・


泳いだ距離は1200m。
メニューの最後は、50mの個人メドレー(もちろん、正式種目にはないけど)と25mのハードスイム。
それほど疲れ切っていたわけではない・・・・。

バタフライは五十肩、いえ、六十肩をやってから止めていたけれど50mの個人メドレーをやると聞いて、久しぶりに泳いでみた。
50mの個人メドレーだから各種目12.5mずつ。それくらいならバタフライでも行けそう?
実際、壁をけってキックして3回ほど手を回したら真ん中についたから。
ハードスイムも、私のハードなんて知れてるし。

先日読ませてもらった、同年輩の方のブログに「寄る年波・・・」と書いてあった。
最近、[寄る年波]を自覚することがけっこうある。


Y先生のレッスン記録No7

振り返ってみました・・・

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。