過去の発表会で吹いた曲をまとめてみました。

フォーレ「子守歌」
ベートーベン「ト調のメヌエット」
ブラーガ「天使のセレナーデ」
グルック「精霊の踊り」
ドビュッシー「小舟にて」
シューマン「ロマンス イ長調」
シュトゥックメスト「歌の翼による幻想曲」
ドビュッシー「夢」
ドンジョン「ナイチンゲール」
ノブロ「メロディー」
ビゼー「アルルの女・メヌエット」
ショパン「ノクターン・嬰ハ短調『遺作』」
マスネ「タイスの瞑想曲」

どの曲も難しかった・・・。
基本的には自分の好きな曲を選ぶのですが、レベル的に難しすぎるからとお許しの出ない曲もあって、吹いてもよいといわれた時はうれしかった~。けどやっぱり、力のなさを思い知らされたり・・・。大好きで、憧れの曲だったのに、だんだん嫌いになっていったりとか。。。。まあ、いろいろありましたね~。

なかでも、1回目の発表会での大失敗は忘れられません。
初めての発表会ということで、高校生だった娘、中学生だった息子、それに夫、家族揃って聞きに来てくれていました。
暗譜で吹くよう言われて(毎回そういうことになっています)、覚えたのですが、見事に上がってしまって・・・頭が真っ白・・・二ページ分のうちの4分の一ほどは音が出せず、立ち往生。(家族はいたたまれなかったと思います~)後半は何とか吹いたのですがこれがトラウマとなったのか、以来発表会は苦手です。

例年、気合を入れて練習するのですが満足な結果は残せずじまい。
練習の6~7割の力が出せれば上出来、先生はそうおっしゃるのですが、いつも5割以下です。

唯一ほめてもらったのが「メロディー」。
このときの反省会では、「失敗もあったけれど、全体に音楽が流れていてよかった」と言ってもらえました。このころから、音が少しだけ前進。「幼稚園吹き」を卒業できた時期でもありました。

良い思い出の少ない発表会、出るのをやめようかと思ったこともあります。でも、発表会に至るまでの練習で何等かの進歩が実感できるのでやっぱり頑張ってみようと、毎年そう思いながらやってきましたね~。


まだ先のことですが、今年も秋には発表会があるみたいです。
今年は、もうそろそろ辞退しようか?
フルートはまだ頑張るつもりだけれど、発表会は引退ということでもいいかなって、ちょっと思ったりしています。

Secret