モイーズ24、No3
< >を付けたときの音程に注意。支えを忘れて>をすると音程が下がる。
ヴァリエーション1もみてくること。

ケーラー、No3
前半がよくなった。
Allegroからの部分、アクセントとそのあとのスラーの部分のメリハリはもっとつけたほうがよい。
強弱をもっとつける。特にフォルテを意識することで、Pが生きてくるはず。
何度か吹きなおして、ようやく○がもらえた。

TELEMANN、NO3の二楽章
八分の六がだめ。いち・に・さん に・に・さんの歌い方になっていない。声に出して歌ってみるとよくわかるのでやってみるようにとアドバイスを受けた。
トリルでは、音を依怙贔屓していると言われた。(TELEMANNは、トリルがたくさん出てくる。これがどうもへたくそで!)
それに、トリルの数が同じになっていなくて長いところと短いところがある。(苦手な指は、早く終わらせてしまったりで・・・やっぱりまずいなあ!)

今回は、スキー旅行で練習不足だった。
次回は頑張らねば。


今日のスイミング、1100m。泳ぐのは久しぶりで少々きつかった。

あ~ぼ~!

もっと、もっと~。

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。