2012.01.30  行って良かった~
フルートのコンサートに行ってきました。

演奏者は、フルートの師匠が復帰されるまでの間、代行を務めてくださるY先生。

レッスン室では割と地味な色合いのお洋服を着ていらっしゃるのに、昨日は赤っぽいロングドレス。
何だかとてもかわいらしい(ごめんなさ~い)感じでした。

曲目は
ほとんどが、聴きやすいものばかり。
002_1_2.jpg


全曲暗譜での演奏でした。
Y先生の演奏聴かせてもらったのはこれが初めて。

気楽に楽しめる音楽が集められていて、日本の唱歌は、発表会で吹けそう?ちょっとそう思ったけれど、途中からの編曲の部分はやっぱり難しそう・・・・一緒に聴いていた友人も同じように感じたらしく二人で笑ってしまいました。
モーツァルトの「アンダンテ」は、いつか吹いてみたい曲、優しい音でシミジミ聴かせてもらいました。

それから、「タイス」の瞑想曲
プログラムを見たときアッと思いました。
秋の発表会で大失敗してからずっと遠ざかっていました。
自分ではもちろん吹かなかったし、CDも聴かないでいました。
演奏当日のDVDも、まだ解禁していなくて・・・。
演奏が始まる前ちょっとドキドキしました。
先生の演奏は、私がこの曲に抱いていたイメージよりも落ち着いた感じ、柔らかな感じでした。
感情の起伏を表現しなければ・・・ずっとそう思って練習していたけれど、違った印象でした。癒されるというか・・・。こんな感じもいい~。そう思って聴いていました。


行く時よりも帰るときのほうが、気持ちがほっこり・・そんなコンサートでした。


帰ってから、タイスをちょっと吹きました。
Secret