孫の二号クン・三号クン達は、今、1歳9ヶ月です。
順調に、日々成長しています。
こちらの言うことは、しっかり理解しているようだし、話せる言葉も増えています。
よそのおばさんと話すときは通訳が必要ですけどね。

「ば」は、バスタオルだったりバナナだったり、バスだったりします。
「だだ~」は、だっこ。
「ぶ~ん」は、飛行機。
「も」は、毛布だし、サツマイモのときもあります。
「ちゅ~」は、おつゆ。
「かん」は、みかん。
わんわん、にゃんにゃん、じーじ、ばーば、ねーね、まんま、ぶーぶー、ぱん・・・・その他いろいろ、けっこう普通に通じる言葉も話せます。

一号ちゃんが、道端で転び、溝っこの角で唇を切ったとき、三号クンは固まっていました。二号クンは「イタイイタイ・・」と顔をしかめていました。その後もその場所に来ると二人は「ドン」と言います。よほど驚いたのでしょうね。


その二号クン、最近、気が向けば「オバーバ」と言ってくれるようになりました。
「あ、<お>がついてるやん」娘も気づいたようです。
でも、「ジージ」はまだ「ジージ」のまんま。。。

これは、接する時間の差なのでしょうが、「よろしいなあ~」と、じいちゃん。
いたって単純な夫婦です。





ケーキ

レッスン記録

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。