トップ  >  家庭菜園  >  大切に~。

大切に~。

2011年11月06日

今年の我が家の富有柿、二年周期の、生らない年に当たる。
初夏の頃、青い小さな実が一つだけ出来ているのを発見!
秋になっても落ちずに、成長していて・・・

一つしか実をつけていないのに鳥に食べられては大変だからと、夫が袋がけした。
全体を覆ってしまうのでなく、少しは陽が当たるようにとこんなぐあいに。

IMG_0899_1_1.jpg

たしか、柿は陽当たりが大切なはず。
栽培農家では、摘果するときも日当たりを考えてなさるらしい。

でも、むき出しでは、ヒヨドリに間違いなく食べられてしまう。
苦肉の策???

うまく赤くなってくれたら・・・、せっかくの我が家産の柿やから、みんなで分けて食べる?

年のせいだそうで・・・ | トップページへ戻る | 完敗~!

このページのトップに戻る

コメント

たった一つ成った柿。
どうかヒヨドリにつつかれませんように!

私の田舎では 古いタイプの柿なのか渋柿なのか 成ったまま腐ってしまうのをよく見かけます。
鈴なりに柿は実っているのにもったいない・・と毎年思います。
そういえば軒下に吊るされている柿を見かけなくなりました。

それがね、もみじさん、二、三日後に見たときには、袋の中はもぬけの空!
一口も食べられませんでした。v-12

夫の故郷が柿の名産地なので、先日、箱で買いました。
ついでに、百匁柿も少し買いました。
こちらは渋柿。
皮をむいて、軒先につるしています。
渋いから、きっとヒヨも食べないと思います・・・

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。