パユさん、(私の中ではパユ様かな?)のコンサートに行ってきました。

プログラム
ヴェルディの「椿姫」によるファンタジー;クラカンプ&ブリッチャルディ
ファンタジー・メランコリック;ライヒェルト
レンスキーのアリア;チャイコフスキー
「魔弾の射手」によるファンタジー;タファネル

ハバネラ;ラヴェル
妖精の踊り;グルック
モーツアルトの「魔笛」によるファンタジー;フォッブス
「カルメン」第三幕への間奏曲;ビゼー
ビゼーの「カルメン」による華麗なるファンタジー;ボルヌ

アンコール
ハンガリー田園幻想曲から
さくら変奏曲

神戸文化ホール中ホールって座席番号は後ろから順に並んでいるんですね。
指定席は17列目、前からは4列目でした。

2時間のコンサートは、ただただうっとり~。至福のひとときでした。
座席が4列目というのも良かったし~。
音の一つ一つに表情があるとでもいうのか、フルートが表情豊かに歌っているように思えました。
どんなに速いパッセージでも一つ一つの音が響いていてきれい!
高音は透き通るようだし、低音は太く響いて聴こえる。フォルテでもピアノでも・・・。

中でもタファネルのファンタジーは、最高!
「ブラボー!」って声をかけたくなるほど感激しました。恥ずかしくて出来ないけれど・・・
パユさんのカルメン・ファンタジーも生で聴けて本当によかった・・・。

パユさんは、やっぱり私の憧れのフルーティストです。





Secret