二号クン、三号クンのおしゃべりが上達してきました。
何を言っているのか意味不明な言葉ばかりだったのが、かなり伝わるようになってきています。

そしてそれ以上に、こちらが言うことはかなりよく分かるようです。
「お風呂に入るよ~」と言うと着ているシャツをつかんで引っ張ったり、「お母さんのところに持っていってね」と言うと運んでくれたり、「お外に行こうか」と言うとウンウンとうなづいて玄関に向かったり・・・いろいろと態度で反応してくれます。


三号クンが家族を呼ぶ言葉で最初に言えるようになったのは、「ばぁば」のようです。

「かぁか」「とうと」「じぃじ」も順にいえるようになってきました。
「おねえちゃん」はちょっと難しそうです。「ねぇね」かな?
お互いの相方はなんと呼ばせるのでしょうかね?

今回のお泊りでも、「ばぁば」を連発していました。
でもたまに、「ばぁば」が「ばばぁ」と聞こえてしまうことがあって。。。。
たまに、ほんの微妙な違いなんです。
彼に悪意はないと思うのですが・・・伸ばす長さの違いと言うか・・・。

今後のためにも、ここはしっかりおさえておかねばなりません。 



今日のスイミング、1000m。
「お泊り」の疲れ、すっかり取れて気持ちよく泳げました。

出荷準備?

おとまり。

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。