久しぶりに、孫ネタです。
相変わらず、毎日、ヘルパーをしています。

双子は二人ともしっかり歩くようになって、娘宅からでも坂を上って歩いてやってきます。
一号ちゃんはいいとして、二号クン・三号クンは勝手に好きな方向に行ってしまうので付いて歩くのは大変。娘は平気で歩かせていますが、バアチャン、ジイチャンの場合はもう一人助っ人がいないと恐ろしくてできません。娘は一号ちゃんを助っ人にして歩いている見たいですが・・・。

昨日も、ピンポンの音で出てみると、二人が玄関の石段を、手と膝をついてよじ登ってくるところでした。


このごろの二号クン、抱っこをせがむことが少なくなりました。部屋のどこかで遊ぶものを見つけて一人で座り込んで遊んでいます。反対に三号クンのほうがバアチャンの後を付いて回って抱っこをせがむのです。


春ごろはそれが反対でした。
三号クンは何処へでも歩いていけて、好き勝手に遊んでいました。でも、その頃の二号クンは伝い歩き専門。
しょっちゅう、ママにもバアチャンにも抱っこしてくれとせがんで大騒ぎしていました。
三号クンみたいに歩きたいん?抱っこの代わりに、両手を持って歩かせてやるとご機嫌。
それから、家の中でも家の外でもそれをしていました。その結果、二号クンもあっという間に歩行が上達。三号クンが自由に歩き回っているのを見て、「あちこち動き回りたい~。」二号クンもひそかにそう思っていたのかもしれません。

自由に歩きまわれるようになって、めったに抱っこを要求しなくなった二号クン。
一方で、後を付いて回ってぐずっている三号クン。
三号クンは、次の「新しい境地」を開拓したらまた一人で遊びだすに違いありません。



成長の、一歩先を行く三号クンと、後を、ゆっくりマイペースで追う二号クン。
なかなか面白いものがあります。



レッスン記録

結局、これに・・・

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。