私の故郷にある寺の墓に参ってきました。
両親が入っている墓と、母方の祖母達が入っている墓が二つ並んでいて、いつも両方に参ります。
母の命日は7月。7月に入ってから行く予定だったのですが・・・
高速道路料金の減額が19日で終了すると聞いて予定を早めたのです。
高速道路料金、~千円の違いは大きいですもん・・・。


行ってみると墓の周りは枯葉だらけ。
敷石の上も、通路も枯葉で覆われていました。
上からはもみじの葉っぱが垂れ下がり欝蒼としていて・・・・。
とても気の毒な状況でした。
春のお彼岸に、行ってきれいに掃除してきたのですけれどね。
この大量の葉っぱはなに?
墓地の隅の方なので吹き溜まりになったのでしょうか?

とりあえず、合羽を着用。
積もった枯葉をかき集め、草を抜き、垂れ下がった枝を切り払い、絡まった蔓をむしりとりました。
枯葉の中からは大きなミミズが何匹も出てくるし、花立にはカタツムリがいて・・・。
雨なので、線香を立てて花を入れて終わろうと考えていたのに・・・大仕事になってしまいました。

最後に用意していた花を入れて、ようやくすっきり。



我が家の、私達が入る予定の墓を建ててから熱心に墓参りをするようになった夫。
寺と、少し関係のある家に育ったせいもあるのでしょうか?
当の本人はそれほど熱心ではないのに、妻の実家の墓もきちんとしたいそうで・・・・・いやぁ、ありがたいことです
せめて命日・春と夏のお彼岸・盆・年末には参りたいのだとか。
それまでも、お彼岸とお盆くらいは、都合がつけば参っていたのですけれどね。

はいはい、お供いたします・・・・







レッスン記録

玉ねぎの収穫

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。