トップ  >  フルート  >  レッスン記録

レッスン記録

2011年05月21日

三週間ぶりのレッスンだった。

アンデルセンOp.41 No17,18
No17
低音→中音→高音→中音→高音→中音の流れがうまくできていない。
低音から高音へのお腹の使い方はできているけれど、高音から中音に戻ったときのお腹の使い方、息遣いがだめ。三週間前はできるようになっていたはず、といわれた。(う~ん!)
No18
四拍で数えていたのを二拍に変えるように言われた。ぎくしゃくしていた音楽の流れがつかみやすくなって吹きやすくなった。(なるほど、そうか~。)

テレマンOp.5 No2 Largo・Vivace
楽符を見て吹いている状態。音の流れができているところもあるけれど、少しややこしくなると音が出ているだけ状態になる。もっと吹き込んでくるようにといわれた。(なっとく!)

亜麻色の髪の乙女
今回は音楽にならないのでギブアップ。


レッスンが始まるまえ、練習ができなかった言い訳をつい、たらたらとしてしまった・・・・

レッスンが終わってから先生は
「思ったほど酷くなっていないですよ~。これなら、少し吹き込めば元にもどせると思います」そう言ってくださった。
《息が続かなかったら、今やっているように何度もブレスすればよいし、無理に音を出そうとしない。あくまでもお腹、口元を意識して、息の流れを大切に練習し続ければ音はまた出るようになる。楽器は、吹かないでいるとならなくなるということもある。》こんな風に話してくださった。

レッスンに行きたくない・・行く前に少しだけそう思った。
<行って、めいっぱい注意して貰って、そこからまたスタートすればいい。それがきっかけになればいい。>
そう思って行ったけれど、行ってみてもらってほんと、よかった。
発表会の日程も決まったらしい。
やる気が出てきた~。私、がんばるよ~!

落ち込んでいる気持ちを見事掬い上げてくださった先生に感謝しなければ。今に始まったことではないけれど・・・

おまたせ~! | トップページへ戻る | 今日の一日は・・・

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。