孫達がウイルス性胃腸炎にかかってしまった。
最初は、二号クンだった。
次は三号クン、最後に一号ちゃん。

上と下、両方の始末と洗濯が大変。
汚れた衣類は洗って熱いお湯につけた。
食器は熱湯消毒。
床もできる限り消毒した。
できるだけのことはしてうつさないようにしたつもりだったが、順に罹ってしまった。

こんなとき、子どもの場合は無理に下痢を止めたりしないのだそうだ。悪いものは出してしまった方がよいとか。脱水症状を起こさないようにだけ注意しながら見守るように言われたらしい。

オムツや衣服の交換で悪戦苦闘しているうち、ようやく二号クンが回復してきた。
少し機嫌がよくなってきた。
三号クンは、モドシテいても元気で活発。「おお、触ったらあかん!!」片手で抱っこしながら、片手で後始末~ 使い捨てのビニール手袋が役立つ。

今日はパパが居るので、孫達は自宅。
バアチャンは娘宅の買い物だけをすませてあとは休憩。腰痛の手当て中。
また明日からの戦い?に備えるつもり。




避難所でも胃腸炎がはやっているところがあるらしい。
子どもがしんどそうにしているのを見るのはつらい・・・。
薬、水、たくさんの洗濯物、何枚も要る着替え、オムツ、消毒薬、手の洗浄、不調のときの食べ物・・・
家で、何もかも揃っているところでもあたふたするのに、狭い空間で、物資の揃わない避難所では大変だと思う。
親御さんの苦労を思う。



皮算用

レッスン記録

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。