ハクサイダニ退治のための作業をやり直しました。
三月九日の作業後、方法が間違っていたことが判明。
先日の方法は、栽培中の野菜がある状態でのやり方で、我が家のように抜いてしまった場合は、○○堆肥をそのまま土に鋤き込むのが正しいやり方なのだそうです。
狭い菜園なので作業は1時間ほどで完了しました。

それにしても昨日の報道はショックでした。
ほうれん草と牛乳から基準以上の放射能が検出されたとか・・・
健康に被害が出るほどではないとありましたが、これからどうなるのだろうと思います。

消費者の立場で言えば、安全なものを食べていたいです。家庭菜園を始めたのもそんな気持ちがあったからです。
少々だけれど、季節ごとの野菜を作っているので、作物を作る人の気持ちも分かります。
一生懸命育てた野菜がこんなことで出荷見合わせになったらとても悔しいと思います。
畑は土つくりから始まるといいますが、年月をかけて作ってきた土が使えなくなるということもあるのでしょうか?

菜園はしばらく休み、その間に十分養生させます。初夏には、また無農薬で野菜作りを始めるつもりです。
我が家の畑は自分の力で何とかできそうです。

今が一番の収穫時期のほうれん草だけれど、畑ごと掘り返す・・・農家の方がインタビューにそう応えていらっしゃいました。

久しぶりでした

普通に暮らすということ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。