以前夫と出した、ハクサイダニ退治方法の結論=<熱い湯を畑にまいてしみこませダニを退治する>
実行するにはあまりにも素人考えすぎる?・・・・

いつも、肥料や肥料の材料を購入する肥料会社に相談してみました。
有機農業を薦めているD肥料です。
そこのパンフレットを見ていたら、「営農相談室」とあって電話番号が書いてありました。
「営農」?ちっぽけな家庭菜園で、とても「営農」というようなものではないけれど。。。。
わらにもすがる思いであつかましくも電話したところ、担当者の方が丁寧にアドバイスしてくださいました。

「○○堆肥」を溶かしたものを散布、フィルムでマルチして10日間放置すれば、微生物や小動物は退治できるとのことでした。植物には無害で、有機栽培を継続できるとも言われました。

○○堆肥は、たばこくず肥料粉末・除虫菊が原料なのだそうです。

早速購入し、今日散布しました。
それから黒のビニールフィルムでマルチ。
作業中にみぞれ。厳しい状況でしたが、何とか終了。

IMG_0613.jpg



うまくいくかどうか・・・ハクサイダニの活動期は11月から4月とあります。
当分この状態で放置し、ある程度気温が上昇してから菜園を再開しようかと思います。
時間があれば夏野菜の終わる頃に、もう一度黒ビニールでマルチし土を蒸すとさらに効果が上がるかもしれません。

この秋に、再びダニがでてこないことを祈るばかりです。

色気のない写真なので、庭の花もパチリ!
クリスマスローズがやっと咲き出しました。

IMG_0620_convert_20110309165901.jpg 

IMG_0619_convert_20110309165741.jpg

IMG_0618_convert_20110309170026.jpg

いかなごのくぎ煮

レッスン記録

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。