双子ちゃん、眠くなると始める癖があります。
二号クンは、毛布やバスタオルなどのやわらかい物を口元に持っていって、もそもそしながら口をくちゅくちゅ動かしています。感触を味わっているんでしょうかね。そのうち、毛布にくるまって一人でスヤスヤ・・・。
三号クンは、指しゃぶり。親指のところにはタコができていて!・・・。その状態で抱っこして、トントンゆらゆらしてやると眠ります。
ふたりの性格の違いでしょうかね。
一号ちゃんは、少々アトピー気味。背中をコソコソしてやると眠りやすかったようですね~。


そういえば息子も一号クンと同じ癖がありました。お気に入りのガーゼの肌がけ布団があって、その角っこのところの感触を掌で味わいながら眠っていました。その肌がけ布団、何度も洗って、大きくなる頃にはぼろぼろ。それでも、いつまでも離すことができませんでした・・・
娘は、おしゃぶりが大好き。ヌークのおしゃぶりが離せませんでした。最近では、口呼吸の害を避けて、鼻呼吸をさせるのに良い方法だと言われているそうですが、当時は、歯並びが悪くなるのではと、ちょっと心配しました。最後は自分でゴミ箱にポイして、おしゃぶりとお別れ・・・。

幼稚園に入る頃からは、絵本の読み聞かせが二人の寝入りの儀式になりました。中には、幾晩にもわたってお話が続く長編もあったりしました。


寝入りの儀式。
二号クンの毛布やタオルは、まあいいとしても、三号クンの指しゃぶりは、娘達も少々気になるようです・・・





体力勝負!

キーワードは「感性」

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。