トップ  >  フルート  >  レッスン記録

レッスン記録

2011年01月27日

アンデルセンOp41・NO13
4小節ブレスで何とか吹けたが、六段目が難所。高音のE♭をがんばりすぎないで吹くこと。

テレマンOp5・NO1 Allegro
前回宿題だったトリル、はまって吹けた。
先生の音もちゃんと聴けて気持ちよく吹けた。で、○。
NO2 Presto
最初の入りをもっと明確に。八分音符二個のスラーが続くところを、音の流れが切れないように吹くこと。ブレス位置の確認。そこまでで今日は時間切れ、前半のみで終了。


ケーラーの子守歌
暗譜で吹いた。
問題の中間部のところが一番よく吹けていたそうで、その部分の練習量が分かるといわれた。ブレス前の処理とか細かいところをもっと注意してもう一度吹いてくることになった。


<余談>
先生宅についてすぐ、先日の「なまこ」のお礼を言った。
実は、先生からよく物をいただくのだ。
「母さんと先生どうなってるの?先生とこからお届け物があるなんて、へんやでぇ~」娘は呆れ顔で言う。。。。
「なまこ」は年末、そしてこの間の日曜日と、二回も届いた。食べきれないからって持ってきてくださるのだ。

大きいのや小さいの、赤いの、緑の、土色の・・・それが海水の入ったポリ袋にいっぱい!!!

なまこは食べるのは大好きだけれど、料理は敬遠していた。
一昨年、昨年の年末、どちらも料理係は夫。。。。私はいただくだけ。
でもいつまでも頼っていられなくて・・・この間の日曜日は勇気を奮って包丁を手に奮闘した。
鮮度がとても良くて、袋から出したときは、まだご存命中だった?
細く切ったものを大きな鉢にたっぷり入れて、大根おろし、酢、七味で食べた。う~ん、贅沢~。

「大量のなまこは、冷凍するわけにもいかないし、もらってもらうと助かるんです~。またお願いしますね。」とおっしゃる先生も、小鉢でお上品になんて言ってられなくて、大きな鉢でお召し上がりになるそうだ・・・


雪国へ | トップページへ戻る | 田舎へ

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。