アンデルセンOp41・NO12
息のスピードで吹いて崩れるところがある。お腹で息をコントロールすることはこれからもずっと続く課題。
ということで○。

(息のスピードが適切でないと、音が崩れて響かない音になってしまうこと。これを自分でもかなり意識するようになった。家での練習で注意してやったつもりだけれど、それがなかなか持続できない。。。。)

テレマンOp5・NO1 Allegro
トリルがいまいち。
トリルの指と音に注意。
トリルのときの息のスピードが速くなってそこだけ別の音楽になってしまうのでそれを直すこと。一応合格。
バロックでトリルは大切。音楽を崩さないトリルができるように研究しておくこと。


ケーラーの子守歌
来週、暗譜で仕上げ。


次回は新規の課題が二つ。
符読み、がんばらねば。

田舎へ

おはつ!

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。