この間のレッスンは、私にしては珍しいことに、上出来の部類でした。
といっても○はもらえなくて、がんばれば来週仕上げられそう・・・という見通しがついただけのことですが。

アンデルセンOp41・NO12
ミスはあるものの、フレーズが途切れずに吹けている。あとは、テンポアップとミスをなくすこと。
(ブレス位置を間違えないで、しかも十分にブレスしたら余裕をもって吹ける・・)


テレマンOp5・NO1 Allegro
十六分音符のスラーのある小節のテンポが遅れるので注意。
もっと軽やかにかわいらしく吹く。ブレス位置の確認。

(カノン風ソナタ。カノンを二本のフルートで吹く面白さが少し分かってきたみたい。相手の音を聴いてそれなら私はこんな風に~などと思えるようになったらもっと楽しくなるんやって・・・でもそれは、まだちょっと無理やわ~)

ケーラーの子守歌
前半はけっこういい感じで吹けている。後半のピアノが旋律になるところは、もっと滑らかに吹くこと。最初のFの音の入りを注意するともっと流れて吹けるはずなのだそう。

(後半のその部分は、そこだけ吹くと流れて吹けるんやけどなあ・・・もう少しやねぇ~)



帰り際、先生から「今日はなんかいい感じで吹けましたねぇ~」とのお言葉。

自分でも満足感があった。
帰りの足取りの軽いこと!
次週もがんばろっ!





コンサート

初仕事

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。