合唱祭と、フルートの師匠のリサイタル

習い始めてからほぼ1年になる、師匠のリサイタルを聴いてきました。


≪フルートとクラリネットのデュオリサイタル≫ 
 * ショスタコーヴィチ;四つのワルツより三楽章

 *  ドップラー;アンダンテとロンド ハ長調

 * プロコフィエフ;フルートソナタ

     ****

  * ブラームス;クラリネットソナタ

  * アーノルド;大幻想曲


師匠のフルート、お相手のクラリネット奏者の方、お二人とも、ソロのソナタ全楽章を含む構成、濃い演奏会でした。
ドップラーのデュオは、フルート二本で演奏されるのをよく聞くのですが、大好きな曲の一つ。<いつか吹いてみたい曲>のリストにも入っています。
クラリネットの厚みが加わってまた違った美しさでした。

プロコのソナタ、やっぱり大曲ですねえ。
師匠は、やっぱりパワフル、素晴らしかったです。
(こんなばあさんが習ってていいんかしらん・・・・とか思ったり・・・


クラリネットのソロ曲を聞くのは二回目・・・・音に深みがあって、改めていい楽器だな~と思いました。


この日、お昼には、他市の合唱連盟のコンサートを聞きに行ってました。
合唱を聞くため・・・というか・・・併せてそれぞれの団体のピアノ伴奏がききたかったのです。

その思いの元は、先日から取り組んでいるスコアメーカー。
合唱曲「落葉松」のピアノ伴奏を、なんとか聞けるものにしたい・・・と、試行錯誤中で。

合唱連盟のコンサートにはいくつもの団体が出演なさっていました。
いろいろな伴奏を聞きました

そのあとデュオリサイタルへ。
ここでは、ピアニストは伴奏というより、ほぼトリオで演奏が進められている感があって・・・聴き入ってしまいました。
ピアノの椅子にあさ~く座って、体全体を使って音楽を表現なさっている・・・
体の使い方はどの楽器も、歌も、おんなじなんだな~としみじみ思ったり。

非常にたくさん勉強させてもらった一日でした。

コメント

Secret

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター