FC2ブログ
フルートと、プールと、混声合唱団と、小さな菜園、そして孫・・・日々のあれこれを綴ります。
3週間ぶりのレッスンでした。

音だし
 全音程のビブラートをかけたロングトーン
 メトロノームをかけ、1拍につき4個ずつのビブラートを12拍間
 全調の1オクターブのスケール


ケーラー・ロマンティックエチュード No7

かけたいところにビブラートをかけることができるようになった。しかし、音楽が前のめりになる感じがある。メトロノームをかけてリズム感を意識するとよい。

メトロノームを聞きながら、先生に声をかけられながら、二回吹き直した。
先生は、気持ち、音を実にうまく引き出してくださる。
最初吹いたときとはずいぶん違う感じで吹けたような気がした。


昨日のレッスンで、音だしにかけた時間は30分ぐらいだったか・・・・・。
エチュードを吹いたとき楽器がよく鳴ったように感じた。音だしの大切さを改めて確認したような。
プロはその日の調子を音出しでチェックし、調整するんだとか。

普段の練習ではあそこまで念入りにはやってない・・・たぶん、まちがいなく・・・オイオイ・・・・・・

【2018/05/11 10:32】 | フルート
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可