孫娘とお出かけ(*^_^*)

四年生の1号ちゃんと二人で劇団四季の「キャッツ」を見てきました。

ダンスが好きな1号ちゃんに一度見せてやりたいとずっと思っていて、やっと実現したわけで。
梅田に四季劇場があるのは知ってたけれど、行くのは初めて。
大昔、娘と「キャッツ」を見たときは特設会場でした。
同じく「美女と野獣」は友人と見ました。

この日の1号ちゃん、髪を編んでもらい、ヨソユキを着せてもらっておしゃれしてました。
それに引き換えバアチャンはセーターとジーパンに臙脂のコート。あまりにも普段着でちょっと後悔しましたが、後の祭り・・・・

それでもめげずに電車で梅田へ。
パンのおいしい店で二人でランチして、四季劇場へ向かいました。

劇場に入るともう雰囲気たっぷり、ゴミ捨て場の光景です
開演から終演までは二時間半、いやあ楽しかった~。

大道具が並んでいる狭い舞台なのに、しなやかで、躍動していて・・・群舞もソロも素晴らしかった~。
一つ一つの動作の姿勢がなんとも美しい。
鍛え上げた体からの動きというか、無駄が無いし、動いていないときでも体が緩んでいない・・

歌・・・日本語の発音がとってもきれいだし、響きに深みがあり、みなさん伸びやかでした。
猫のぴったりた衣装なので腹筋が動くのがよく見えて、ああやっぱりな~って思いました。
合唱でフルートで、いつも言われるので、ついお腹を見てしまいます。

あの「メモリー」
年老いた娼婦のグリザベラが歌い、若い雌猫シラバルが歌いました・・・・。よかった~。言葉がないです。

この「メモリー」、指揮の先生の編曲でフルートアンサンブルで練習し始めたばかりです。
あんなに気持ちのこもった、涙が出そうなほどの曲にできるかしらん?
考えてみれば、フルートアンサンブルのメンバーはそこそこ年齢を重ねた人ばかり。
人生の悲哀とか、そこから望んでいきたい明日への思いとかは大げさに言えばまさにぴったりなわけで。
歌詞は無いけれど、フルートの演奏で表現できたら・・・・。
心に沁みる「メモリー」でした。。。


1号ちゃんは面白かった~って喜んでくれてました。
ばあちゃんも、思いっきり味わって見、聴き、今もその余韻に浸っています~。



コメント

Secret

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

QRコード

QR

FC2カウンター