FC2ブログ
フルートと、プールと、混声合唱団と、小さな菜園、そして孫・・・日々のあれこれを綴ります。
朝10時からのレッスン。
時間が無くて、家での音出しができないままレッスンが始まってしまうのだけど、基礎練習にたっぷり時間を取ってもらえるので、エチュードや曲にはいる頃には、いつもそこそこの音(当社比)がでるようになる。

今日も
*まず、2Bから順に下へロングトーン、次は上にロングトーン。
*一音ずつ半音階のスタッカート。次は同じ音を二個ずつ、次は三個ずつ。
*1オクターブのスケール。半音ずつ移動して全部の調で。
*B♭から順に、二オクターブの跳躍
たっぷり30分はかかっているかも。

ケーラー「ロマンティックエチュード」No4
良い音が使えるようになってきた。割合で行くと50%くらいだけど・・・
跳躍のところでは、音が高くなるのと、重心を下げるのとがもっと反比例になるように体を使うこと。


次回はNo5
まず、音の長さに関係なくすべての音符にビブラートをかけて吹く→
つぎはアーティキュレーションに関係なくみんなスラーで吹く→
譜面通り吹く。
このように練習を進めていくと良い音できっちり吹けるようになるはず・・・

って。
ちょっとやってみたけど、めっちゃしんどい練習だわ・・・

やるしかない!

「パガニーニ」
大分、流れが作れるようになったからと、細かい表現方法も教わった。
このパガニーニ、響きが何より大切なんだそうだ。
響きを保った上で、表現を工夫する・・・・。

今の私の状態からみて、まさにピッタリの曲だと思う。

【2018/02/15 15:07】 | フルート
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可