FC2ブログ
フルートと、プールと、混声合唱団と、小さな菜園、そして孫・・・日々のあれこれを綴ります。
朝からフルートのレッスンに行ってきました。
まず音だしをたっぷり

*ビブラートをかけて全音
*3Cから4Cまで半音階のスタッカート ハッ・ハッ・・・・・、ハッハッ・ハッハッ・・・、同様に3個ずつ・・・
*2Cから1オクターブの音階練習、次は2C♯から。半音ずつあげていく。
*1B♭→2B♭→3B♭とか、オクターブの跳躍・下降

ケーラー ロマンティックエチュード No4
流れはできている。
もっと音に芯を持たせること。
伸ばすところはもちろんだが、フレーズの頭や、レガートの頭などにもビブラートを有効に使う。


先生がおっしゃるにはすべての音にビブラートをかけて響きを作っているイメージを持つと曲が生き生きしてくるのだそう。
16分音符のビブラートは見えないだけといっても過言では無いと。
先生がおっしゃるように吹くと、とてもしんどい。お腹をめっちゃ使う。けど、確かに響きが変わる。
録音したものを聞いてみたけど、間違いない。
「その吹き方で、3回は続けて吹きましょう~。そうすれば間違いなく力がつきます」・って。けど、しんどい

パガニーニ 「カンタービレ」
(音に芯を持たせる)(ビブラート)
この二点に注意して最後まで吹いた。

直したところはできるようになってる
持っている音を使わないのはもったいない
けど、努力しないと1曲を通して使えるようにはならない
使う努力ができるかどうか
マラソンと一緒でやり続けるかどうかだ


次回楽しみにしています・・・・・って。


その後、プールへ。
となりのコースの彼女、今日はバックのタイムをはかることになっていたらしい。
お嬢さんが成人式を迎えられたばかりの少しお若い方だ。
その距離を聞いてびっくり!
800m!
きいただけでしんどくなった~。

私は、今から混声合唱団。
3月のコンサートに向けてがんばらねば!

【2018/02/08 17:25】 | フルート
|
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可