トップ  >  音楽のこと  >  「ここは、老人ホームですか?」

「ここは、老人ホームですか?」

2017年12月04日

「ココは、老人ホームですか?」なんてプレイヤーに言われてしまいましたが、町内の自治会館で、いわゆる老人会^^;(ちゃんとした名前がついているんですけどね)主催のジャズコンサートがありました。
演奏は、ヴィブラホーンの鍋島直昶さん率いる、鍋島トリオ(ヴィブラホーン・ベース・ピアノ)+ボーカル。

この鍋島直昶さん、御年91歳。
お仲間とのトリオは最高齢バンドとしてギネスに認定されているのだそうです。

枯葉、ルート66、SHE、シャドウ・オブ・ユア・スマイル・・・・
ほかには・・・・っと、聴いたことがあっても、あまり曲名を知らないんで書きあげられないです。

ヴィブラホーンの流れるような、飾りのいっぱい入った音が心地よかった~。
体調がいまいちだったとおっしゃる鍋島さん、去年より少し御痩せになったようでしたが素敵な演奏でした。
自治会館のピアノは、いささか年期が入っていてジャズだから聴けるというような音で。。。。
この日のピアニストさんは、お若い方でしたが、こちらも良い雰囲気でした。

アンコールの「ジングルベル」のあと、
「来年もまた会いましょう~。」・・・・「また来てくださいね~。」って。

来年も、また揃って楽しみたいものです。お互いにね。


レッスンに行ってきました。 | トップページへ戻る | 芸術文化センターでのコンサート

このページのトップに戻る

コメント

名前
題名
メールアドレス
WEBサイト
 
コメント
パスワード
  管理者にだけ表示を許可する

このページのトップに戻る

プロフィール

E-KOMO

Author:E-KOMO
熟年主婦です。
予定では、今頃は年輪を重ね、しっとりと落ち着いた日々をおくるはずでしたが、やっぱり無理でした。
毎日バタバタと忙しく暮らしています。

しばらくお休みしていましたが、こちらでのブログ、またぼちぼち書いて行けたらよいなと思っています。
よろしくお願いいたします。