金曜日
少しずつ見てもらっていたアルペジオーネの前半2ページを先生のピアノと合わせました。
テンポの揺らせ方、歌い方とかを大雑把ですが作っていきました。
まだあちこちに課題が残っているので、合わせてそれもクリアしていかねばならないけれど、まだ時間はあるし、今の所はまだ余裕がある~。そのうち焦り出すの、目に見えているけどね(^_^;)


土曜日はコンサート

日韓ドップラーフルート二重奏曲全曲演奏会
        “どっぷり・ドップラー”

コンサート・パラフレーズ Op18
プラハの思い出 Op24
アンダンテとロンド Op25
華麗なワルツ Op 33
ハンガリの主題による幻想曲 Op35
ハンガリー小二重奏曲 Op36
アメリカ小二重奏曲 Op37
リゴレットファンタジー Op38
パラフレーズ 歌劇「夢遊病の女」より Op42

面白い企画のコンサートでした。
ドップラーがかいた九つの二重奏曲を、韓国と日本のフルーティストで演奏しようというものです。

韓国のフルーティスト12人で6曲
日本のフルーティスト5人で3曲。

D楽器のホールなので、客席は100席ほど。響きもよいし、演奏するお二人の息遣いまで感じられるくらいでした。

韓国のデュオは、すでに国内での本番をこなしておられたようで合わせが見事でした。でも、響きの好みは日本人ペアの方かな・・・。

大好きなアンダンテとロンド、リゴレットファンタジーが聴けて大満足でした。アンダンテとロンドは、できたらいつかチャレンジしてみたい・・・。
スポンサーサイト

昨日の父の日、息子夫婦が夕食を食べに来ることになっていました。

朝から夕食の準備をして、アンサンブル“L”の練習へ。
指揮者のお若い先生の指導は、相変わらずこまやか。
楽譜は、書き込みでいっぱい。
定例練習は一か月後。習ったことをすっかり忘れてまた一からやり直し、ってなことにならないようにしたいけど・・・^^;

練習は4時終了。大急ぎで帰宅。
4号ちゃん、ちょっと見ない間にしっかり歩くようになっていました。前日に、ハイハイすることを考えて、フローリングのワックスがけをしたのですが、がんばらなくてもよかったみたい(^^)v

4号ちゃんのお風呂が終わって皆で食卓を囲みました。
息子からのプレゼントは、焼酎「原酒 三岳」
先に食事を終った4号ちゃんの相手をしながら少しずつお相伴させてもらいました。


息子達が帰ったあとも二人でちびちび・・・。
その後の記憶が。。。。^^;

諸般の事情から、週二回、二号クン、三号クンは我が家で勉強することになっています。
時々は、一号ちゃんも合流します。

学校から帰った二人、手提げ袋に宿題を入れてやってきます。
我が家に着いたら、まず「着いたよコール」をママに。通りを二つ通ってやってくるだけなのですが、念のためにということで。(^_^;)

おやつがすんだら、宿題プリントにとりかかります。
B4の国語プリント。
今はまだひらかなのおけいこ。50音が終わって、今週からは濁音です。なぞったりフリーで書いたり3センチ四方くらいのマスがぎっしり。表・裏あって、一枚か二枚。

それから算数プリント。繰り上がりのない足し算、繰り下がりのない引き算。計算の文字をなぞるところから始めて答えを書きます。これも表裏で一枚か二枚。

それから・・・前にやったプリントの<お直し>。^_^;
ひらかなが正しく書けていないと先生の赤ペンが入って書き直しに。。。。(・_・;)。
バアチャンが見て、これでも<お直し>になる?と思うようなものがあったり、先生の文字ちょっと変ちゃう??と思うものがあったり。(-_-;)
でも、チビさん達、真面目に消しゴムで消して赤ペンの通りに書き直します。

その後、バアチャンが用意したプリントもします。まあこれは半分お遊びみたいなプリント。お気に入りのシールを張って終了・・・・。
ふう~~~、って汗かいているのは、じいちゃんとバアチャン^^;

先日、二号クンが風邪をひいて一日学校を休んだのですが、次の日のプリントは、授業でやったものと、宿題を合わせて8枚にもなりました(@_@;)


そんな風に二人が勉強した後は消しゴムかすがいっぱい。台布巾で拭くと布巾が黒くなるし、二人の手も黒くなります。鉛筆が2Bで、芯も太いので仕方がないです。
これだけいっぱい、指先に力を入れて一生懸命書いても指が疲れなくなったところがすごい・・・と素直に感心!


その後は、お遊びタイム。
二人ともこれが楽しみなようで・・・じいちゃんとバアチャンも心を込めてお付き合い・・・(^^ゞ

ボランティア演奏に行ってきました。
今日のメンバーは6人
午前中に集合して練習、いくつか手直しをし、午後リハーサル、そして本番。

アルトフルートも入るので、一人パートがけっこうあります。
全体の中での響き、バランス、縦の線・・・どれも気が抜けないし、集中力を欠くと、もろにアラがめだってしまう・・・反対にうまくいくとめっちゃ気持ちが良い演奏になる・・・


今回は2人や3人という、少人数の演奏もプログラムに入れていました。
「10万本の薔薇」はアルトフルートソロの予定でした。けど、デュエットに変更したそうで、編曲はメンバーのSさん。初めて聴かせてもらいました。オッシャレ~!

「ほたるこい」はお二人。今日の練習の中で他のメンバーの意見も取り入れながら吹き方をさらに変えて行って、いい感じに仕上がっていました。

私たち三人は「すずらん」、ダークダックスのあの美しい響きを目指しました・・・・(^^ゞ

ボランティア演奏は本番もそうだけれど本番までの練習が
勉強になると、いつも思いますねえ~。

以前にも日記に書いた童謡メドレーは、まあまあ大きなミスもなく吹けたつもりですが、緊張疲れしました。^_^;

ボランティア演奏に行ってきました。
今日のメンバーは6人
午前中に集合して練習、いくつか手直しをし、午後リハーサル、そして本番。

アルトフルートも入るので、一人パートがけっこうあります。
全体の中での響き、バランス、縦の線・・・どれも気が抜けないし、集中力を欠くと、もろにアラがめだってしまう・・・反対にうまくいくとめっちゃ気持ちが良い演奏になる・・・


今回は2人や3人という、少人数の演奏もプログラムに入れていました。
「10万本の薔薇」はアルトフルートソロの予定でした。けど、デュエットに変更したそうで、編曲はメンバーのSさん。初めて聴かせてもらいました。オッシャレ~!

「ほたるこい」はお二人。今日の練習の中で他のメンバーの意見も取り入れながら吹き方をさらに変えて行って、いい感じに仕上がっていました。

私たち三人は「すずらん」、ダークダックスのあの美しい響きを目指しました・・・・(^^ゞ

ボランティア演奏は本番もそうだけれど本番までの練習が
勉強になると、いつも思いますねえ~。

以前にも日記に書いた童謡メドレーは、まあまあ大きなミスもなく吹けたつもりですが、緊張疲れしました。^_^;

図書館でちょこちょこ本を借りて読んでいます。
二週間で10冊まで借りられます。
ネットでカード番号を登録しておけば、借りたい本の予約、貸出期間の延長もできるので便利です。

先日、その機能を使って予約していた本が回ってきました。
「羊と鋼の森」 宮下奈都の本です。

新聞の広告で見つけてすぐに予約したのでけっこう早くに順番が回ってきました。
同じく本好きの友人、たまたま聞いたら予約順が200番台だったとか・・・(・_・;)

一気に読みました。使われている言葉、文章が素直で美しい、まずそこに惹きつけられました。

本のカバーの紹介文
<ピアノの調律に魅せられた一人の青年。彼が調律師として、人として成長する姿を温かく静謐な筆致で綴った、祝福に満ちた長編小説>


「羊」はピアノのハンマ-についているフェルト、そして「鋼」はピアノ線。それらが作り出す世界と、森の静寂、木々の響き、美しさが重なり合う音楽の世界をいめーじしながら読みました。

フルートで、<よい音>求めることと、この物語の青年の歩みとが重なって、共感したり、改めて考えさせられたり・・・。
それを見事に言葉で、文章で表現している・・・言葉で伝えている作者が素晴らしいと思いながら読みました。


この本、あまりに気にいったので、結局、書店で買ってしまいました。
ただ今、二回目進行中です^_^;

①まずは、玉ねぎの収穫

抜いて、少し天日干ししてから結わえてガレージにつるしました。
五分の一ほどは娘宅に。

娘宅も同じように玉ねぎを作っていたのですが、今年は赤玉ねぎにしたのだとか。不作だったとぼやいてました。
孫曰く「茎とおんなじ太さやった~」そうです・・・(^_^;)

父の日の頃には、息子も取りに来るでしょう。
IMG_0665.jpg


②昨日は、らっきょう漬け。

袋から出して、一つずつ根と茎を落とし、掃除して水洗い。
ざるにあげたものを一個ずつ水気を拭いて甕に。
用意した甘酢に漬けこみました。合計3キロ。

普通は塩漬けにするようですが、我が家はいつも直接漬け。
これも出来上がったら娘宅、息子宅へ貰われていきます。


③あとは梅仕事。
梅酒、梅サワー、そして梅干し。


どれも、何やかやと手がかかって大変だけれど、いつの間にか、欠かせない六月の仕事になりました。

IMG_0666_20160703101405a30.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。