お嫁さんと4号ちゃんが退院して二日目。
二号クンと三号クンのセットの時は、みんなが大変でしたが(じいちゃん・バアチャンの体重が1か月で5キロ落ちたくらい・・・)、今回は一人だけだし、よく眠ってくれるのでずいぶん楽です。
こちらも慣れているし、じいちゃんがずっと家にいるので戦力になってくれるということもあります。

4号ちゃんが眠っているとき、お嫁さんも睡眠不足を取り戻すことができるし、我々も用事をしたりこんな風にパソコンをのぞいたりもできます。
泣いていても、抱っこする手はいくつもあって余裕・・・・・。

だったら、フルートも吹けるんちゃう?
約1か月ほどの間、忙しいのと騒音とでフルートは無理かも・・・それなりに覚悟をしていたのですが、今日ちょっと試してみることにしました。

4号ちゃんとママが休んでいるのは1階の座敷。
二階で、一番遠い部屋・・・候補が二部屋ありました。
一つは娘が嫁いだ後、荷物部屋として使っている部屋で、もう一つは箪笥類が並んでいる納戸。

4号ちゃんが眠った後、じいちゃんに1階で待機してもらって携帯で連絡を取りながら思いっきり吹いてみました。
結果は・・・
後でお嫁さんにも聞いてみましたが、「吹いてはったんですか~、聞こえなかったですよ~」って。

前とおんなじようにはできないでしょうけれど、ちょっとだけでもフルートが触れたらうれしい~。
4号ちゃん第一で、無理のない範囲で練習していきたいです。



スポンサーサイト

息子のところに赤ちゃんが産まれました。
出生時の体重は3000gちょっと。
二号クン、三号クンの時はかなり小さくて、娘曰く「マッチ棒みたい」でしたが、1000g近く違うとやはりしっかりしたもんです。ふっくらした赤ちゃんでした。

命名 【4号ちゃん】
「通し番号なん?」
息子から異論が出そうですが、ジイチャン・バアチャンにとっては4人目の孫なので並べさせてもらいました。ごめんね。

今はまだ産院ですが、退院後は、都合でしばらく我が家にやってくることになっています。
うれしい・楽しい・忙しい・賑やかな日々が始まりそうです。

アルテ15課 
音出し Ddur 

モイーズ No13 三つとも◯。 難しかった。旋律を歌うということがなかなかできなくて苦労した。


ケーラー 2巻 
No2 仕上げとして吹いて◯。音の高低差があるけれど、そこでぎくしゃくしないように吹く。高低差を感じさせないなめらかな音色がほんの少しはできるようになったかな?でも、これはこれからも続く課題。

No3 数年前にやった時と比べてフレーズがつながるようになった。特にAllegroからは中音の吹きすぎに注意すること。そうすればもっとなめらかに吹けるみたい。全部をスラーで吹いて、次に楽譜通りのアーティキュレーションで吹くといういつもの練習方法を言われた。こうすればお腹の使い方がわかりやすいし、音もよくなり楽に吹けるはずで。。。

           
パガニーニ「カンタービレ」
なんとかまとまってきた。けど、最初の入りがどうも下手。
それを修正して来週仕上げ。

アルテ15課 
音出しのGdur Emoll ◯ 

モイーズ No13
三つ目で苦戦中。音の質はよくなった。まだテンポアップが足りない。三つ続けて同じくらいのテンポで吹けるように。

ケーラー 2巻  No2 一応・・・◯
眼鏡を忘れた。
買い物とかに使う遠近は入れてあった。が、楽譜を読むときに使う中近(店ではパソコン用メガネとして出ていた)は、ケースだけで中身がなかった。。。。。。。
これがないと楽譜が見づらい。遠近は顔を動かせば、読めるけれど、楽譜のページ全体を見通すことができないのだ。吹きながら先先を見ようとすると、ぼやけてしまう。臨時記号も見誤ってしまう。
そこそこ暗譜しているけれど、完璧に覚えているわけではない。

「もっとうまく吹けるような気がするので勿体ないですね。合格だけれど来週もう一回聞かせてください~」先生にはそう言われた。
次週は、No2とNo3。

パガニーニ「カンタービレ」
カデンツが、6連符が・・・ああっ、やっぱりあかんわ。

けど、別のところでちょっと掴めたことがあって・・・
次週までに何とかできるかもしれない。




IMG_0257.jpg            
            
IMG_0258.jpg                          
                    IMG_0263.jpg

アンサンブル“L”でボランティア演奏に行った老人健康保険施設でいただきました。
デーサービスを利用されているご婦人が手作りされたものです。

お年は90歳くらいだそうで。
細かい仕事が思うようにできなくなってきた~とおっしゃっていたそうですが、なかなか手の込んだ作品です。それにかわいい~。
聞いてもらって、喜んでもらって、元気をわけてもらって・・・お礼を言うのはこちらの方かもしれないのに・・・

今日は、練習日でした。
先月欠席したので、進み具合気になっていました。

ヴィヴァルディの四季から「春」
くるみ割り人形より「花のワルツ」
レスピーギ「イタリアーナ」

どれも美しい曲です。
先生の指導で、演奏の様子が変わっていくのが面白い~。
同じパートの上手な人の後姿が視野に入っていて、体の揺らせ方とかで曲への乗り方のようなものが見え、それも参考になりました。

アンサンブル、やっぱり面白いです。

ホワイトデーのプレゼント、孫の一号ちゃん・二号クン・三号クンへは、チロルチョコのセットと洋服にしました。
二号クン・三号クンにはお揃いのジーパンと色違いのTシャツ
一号ちゃんにはスタジャンとハーフパンツを用意しました。
本人たちがいないので、サイズの選択にはずいぶん迷いましたが、少し大きいのなら大丈夫だろうと大きめサイズをえらんだつもりでいました。

昨日、合わせてみると、二号クン・三号クン用のTシャツ・パンツはちょっとだけ大きめでしたがすぐに間に合いました。一号ちゃんのハーフパンツもまあいい感じで。ところが、大きいと思ったスタジャンがどうにも小さい

TS3U01300002.jpg

急遽、本人も連れてお店に見に行くことになりました。
「これの大きいのにしたい~」が一号ちゃんの希望だったのですが、大きいサイズはなく、他のものをさがすことになりました。

スタジャン、薄手の上着、Tシャツ、スカート、キュロット・・・・ママもばあちゃんもあれこれ見繕って薦めて見たのですが、
なかなか決まらなくて・・・・。最終的には最近よく見かけるふりふりのフリルキュロットスカートを選択。
一号ちゃんのセンスはなかなかのものです。試着室の一号ちゃん、可愛かった~。
その間に、二号クン・三号クンもお気に入りの柄の靴下をセレクト。


今までは、ちょっとしたものは、娘がよく買う店で、普段着ている服をイメージしながら選んでいました。ブルゾンとかちょっと値のはるものは、娘・孫同伴で行って選んでいました。
けど、ばあチャンが孫の服を選ぶのは、もうそろそろ限界みたいです。
息子のところも、お財布をもってついて行くだけにしようと、今から決めています。

アルテ15課 
音出しのGdur Emoll 
高音のシが混ざってくると音が流れない。指遣い、お腹の持っていきかたがまだまだで。

モイーズ No13
三つ目で苦戦中。音の質はよくなった。テンポアップできるようにしなければ。

ケーラー 2巻  No2
うまく吹けば合格できるかも・・・余計なことを考えてしまって・・・、特に後半で集中できなかった。やはり邪念がわくとだめだね~。

他にも、中音のそれほど難しくない部分がよくないとも言われた。
<易しいところほど神経を使って吹いてくださいね~>って。
直前のフレーズは臨時記号だらけでめっちゃ気を遣う。そこを無事通り過ぎると安心して無造作に吹いてしまうのかもしれないな・・・。
<でも、予想以上にうまく吹いてはります~>って。これって、喜んでいいんだよね~?
これは、次週仕上げの予定。


パガニーニ「カンタービレ」
まだ、歌いきれない。
特に、6連符のあたりで音楽の流れが止まってしまうのが致命的。
中音の吹き方をもっと意識する必要がありそう~。

先日、二泊三日の予定で、娘が出かけ、孫たち三人が、お泊り券を持ちリュックを担いで張り切ってやってきました。

それからが、怒涛の日々・・・。

スイミング。図書館。宿題の世話。入浴・食事・寝る前の本読み。幼稚園のお弁当作リ。
咳がきつくなった二号クンをお医者さんに連れて行ったりもしました。
洗濯の量も半端でなくて・・・着替えたもの。制服。体操服一式。給食セット。お弁当セット。バスタオル・・・部屋中、干した洗濯物でいっぱい!
キッチンの洗いものもいっぱい・・・。部屋は夕方までおもちゃ類でいっぱい。

じいちゃんとばあちゃんで手分けして、それはそれはよく働きました。
ご飯の時は、三人と一緒に食べたけれど、お代わり~とか、こぼした~とか・・・なんか食べた気がしなくて・・・。孫たちの食欲は見事なものでしたが、我々の方は体重減間違いなし。喜ぶべきかも?
その間、フルートのレッスンへも一応行きましたが、お粗末~!
「お疲れかもしれないけれど、余分な力が抜けていていいですね~」と、先生には笑われてしまいました。。。。

「今度はこんだけ泊まるから~」三号クンが、両手の指を広げみせ、みんな揃って帰って行きました。

家の中、静かすぎるくらい静かです。
じいちゃん、今夜はスイミングの日。行けるかしらん?溺れないでね~。


掃除機、決めました。

サイクロン式もいろいろ見たのですが、<どうもお手入れに手間がかかりそう、無精な私には似合わない>ということで、結局紙パック式にしました。
紙パックにごみがたまってくると効率が悪くなるので、仕事率の高いものを選びました。それ以外の決め手は、お値段、ヘッドの部分の大きさや手入れの方法とか。

三店舗の内、セール中で値引き率の高い店で買いました。値引きとポイントで8000円程の値段の差・・・これは大きかったです。
気に入ったものをお安く買えてよかった~
持ち帰ってさっそく梱包を解いて組み立ててみました。色は前回はグレー。できれば赤いのが欲しかったのですが、品切れでした。

「結局、前の掃除機とよく似たやつにしたんやな」
「え~?そうやった?」
「メーカーが一緒やし、製品番号も最後の方が違うだけやで~」
メーカーが一緒なのは知っていましたが、掃除機なんてどれもにたようなもんで。そこまで一緒だとは気が付きませんでした~。そう言えば組み立てているとき、全く違和感がなかったなあ。
「ほんまや、ほとんど同じ。ま、性能は前よりよさそうやけど・・・

ここ何日かの間に細かい埃が溜まったにちがいありません・・・念入に掃除しましょう

アルテ15課 
音出しのFdur Dmoll ◯

モイーズ No13
三つ目で苦戦中。新たな練習方法を教わった。

ケーラー 2巻  No1
 をもらった。うわ~、初めて!
前にも書いたけれど、二巻は3順目。二回目は2012年にやっている。最初は、忘れている所もあって戸惑ったが、吹いているうちに何か所かの難所を除けば案外楽に指が動くようになった。
けど、そこからが大変で。前日できたところが、次の日はできなかったり、波があった。意地になってけっこう練習した。レッスン当日も朝の練習では悪い方の巡りだった。
なのに先生の前ではけっこう、さらさらと思うように吹けて・・・先生からはを頂いてしまった。ま言えば、前回までの取り組みが酷過ぎたということでもあるんだけどね。
「先に進んでからもう一度やりなおすときは、テンポアップが合格の基準ですよ」と先生。(もう一度?う=ん、やっぱり~。Allegroだもんね。今は72かそこらだし・・・

パガニーニ「カンタービレ」
相変わらず音色で細かい指摘をいくつも受けた。
出だしが気負い過ぎ・フォルテの部分はもっと良い音で・高音も響く音でフォルテにする・フレーズの中で飛び出してしまう音があって、流れが壊れるし、それ以降の音まで悪くなる。
(エチュードに集中していて、やや練習不足だった・・・)

今回の花丸は、とてもうれしかった。
もちろん私レベルの中での花丸だということは重々わかっている。でも、励みになる~。この年になってもまだ前に進むことができるんだと思うとやる気がわいてくる。ほんのちょっとでも、前進できるようにがんばろっ。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。