アルテ15課 C dur②④
アルペジオの到達点で精一杯ではなく、余裕を残して吹くつもりで・・・・・そうすればもっと良い音色になるはずなのだそうで。
次回は C durのテンポアップと、A moll

ケーラー No14、真ん中の二段をもっと軽やかに。
      No15ももう一度。高音のG♯の音色をもう少しよくする練習を。  
     
サンサーンスの「ロマンスOp37」 
一応終了。
やり直して、すごくよくなったとは、どう見ても言えない気分でいる・・・・
音色がよくなった分、少しは歌い方がましになった?カデンツも指が若干回るようになった?
まあ、こんなもん?みたいな感じ。

結局は、難しい曲だと再認識して終わったということ。

次回から、パガニーニ「カンタービレ」をやる。
スポンサーサイト

学校帰り、バアチャンちに来ることになっていた一号ちゃん、宿題の漢字ドリルをすませると、カバンから牛乳パックを取り出しました。
中に入っていたのはけん玉。
体で調子を取り、コンコン、コンコン・・・・やり始めました。
技の名前はよく知りませんが、歌いながらけん玉を次々に移動させていきます。
その頃にはママも帰ってきて一緒に観客になりました。
とんがったところに突き刺すあの技も成功して・・・・見ていたバアチャンとママは思わず拍手

ママによると、けん玉は、教材として学校で一斉に購入し、休み時間にはみんな練習しているそうなのです。
けど、やっているのをみたのはその日が初めてだったとか。
もちろん、パパもしりません。
じいちゃんは生憎仕事で留守。
バアチャンはラッキーでした。

誰が考えたのでしょうか?けん玉のケースに牛乳パックはぴったり。持ち運びにも具合よさそう~。
熱心に練習したんだろうな~、見ていて思いました。

昨秋には、学校で練習したからと、誕生日に買った一輪車の初乗りで見事な腕前?を披露してくれました!
それまで家に一輪車はなく、覚えたのは専ら学校でした。
放課後の「遊ぼう会」にも喜んで参加しているようです。

子供たちの遊びの質が問題になる昨今。
一号ちゃんは、学校で、お勉強だけでなく楽しい遊びをいっぱい教わっているようです。



フルートアンサンブル“L”の練習日でした。
近々ボランティア演奏で高齢者施設を訪問する予定です。その練習が午前中にありました。

クラシック・唱歌・昭和歌謡等。
新春ということでラデツキー行進曲もプログラムに入っています。
テレビでよく見るウイーンフィル・ニューイヤーコンサートの時のように、手拍子を入れて貰ったら楽しいかしらん、と、みんなで話していました。
何処で手拍子を入れるんだった?何となくは記憶があるけれど、みんなきちんとは覚えていなくて・・・。Trioのところは休みだったような?・・・とか。

家でYouTubeを見ました。
(なんや、いろいろやんか・・・)
指揮者によって合図が違っていて、全部手拍子だったり、曲の一部で小さく叩いたり ・・・・でも、楽しそうなのは確か。

今回、小アンサンブルで指揮者はいないけれど、進行役を一人準備しているので、その場の雰囲気に合わせて合図を出してもらうことになりました。

当然のことながら、メンバーのだれも、本物の「ニューイヤーコンサート」には行ったことがありません。
せめて、それらしい雰囲気が出せたらうれしい~。
軽快に、軽やかに、メリハリをつけて!

You Tubeからお借りしてきました。

歯科定期検診が無事終わりました。
歯周病の心配なし。虫歯もなし。
デンタルフロスが引っかかって通りにくいところも、異常がないか念のためにチェックしてもらいました。
ブラッシング指導を受け、歯石を取ってもらい、部分的に薄く着色していた茶渋(珈琲?紅茶?)を落としてもらって終了。

次回は半年後。
一応予約を入れたけれど、半年先なんてね。どんなことになっているやら・・・・。

今日の総距離は1250mだったそうだ。
泳ぎながら距離の計算をする余裕がなかった。
いつもはコースで一番最後を泳ぐことが多いのだけれど、今日は出世?トップを泳いだせいだ。
いつもコースの先頭を泳いでくれるSさんが、少々体調不良気味、交代したからだ。

トップを泳ぐと疲労度が増すような気がする。
<50mを6本、内訳は1分30秒・1分40秒・1分50秒で、それを2セット。>などと、泳ぐ前にはコーチからメニューの指示が出る。もちろんスタートの合図はその都度出してくれるけれど、トップを泳ぐとそれなりに気を遣う。
一番最後をたらたらと泳ぐようなわけにはいかない。
持ちタイムの指定はあったけど種目の指定がなく、ほとんどクロールばかりだったけど、けっこう疲れた。

泳ぐ前の体操で。
担当のコーチはインフルエンザが治ったばかりとか。高熱が出てうなされ、しんどかったと話してはった。
仕事に復帰する許可は当然医師からもらったそうだが、
「うつしたらごめんなさい~」だって。


まず音出しは、どちらもFis dur。モイーズNo13 とアルテ15課のスケール・アルペジオ。
No13のバリエーション2があらたに宿題に加わった。
アルテFis durのアルペジオとスケールは◯。以前やったときに比べ、流れがよくなったと褒めてもらった。

「スケールが非常によくなったので、更にアルテ15課のスケール・アルペジオの部分をやり直してはどうか」と先生がおっしゃる。
「各調のdurとmollを完璧にしあげないまま進んでしまって、悔いが残っているんですよ~」って。

アルテ15課をやったのは何年前だったか。忘れてしまうほど昔の話だけれど、スケール・アルペジオを苦手としていたことはよく覚えている。♭♯が5個6個7個になって、音を出すので精一杯だった調もあった。
(また、これも復習?フルートの残り時間少ないのに後戻りばっかりやん。)そうも思ったけれど、できていなかったのは確か。この際、し残したことはきちんとやっておいたほうがいいか・・・今ならもう少しましなスケール・アルペジオができるような気もするし~・・・・・次回からは、アルテ15課の復習もやることに決定。

ケーラー No14 ; 真ん中の二段が下手、次週もう一度。 No15も宿題になった。  
     
サンサーンスの「ロマンスOp37」 
フレーズのつながりがうまくいかない感じで練習していた部分がいくつかあった。同じところを先生からも指摘された。
切れ目を感じさせない音の出し方がとても大切な曲だ。
左手薬指と小指のGisキイの押さえ方が滑らかでないのも原因の一つみたいで。薬指小指がキイから離れ、大きく動いてしまう。
大きく動かないようにキイと小指を紐で結びつけて練習したことがあったと先生はおっしゃっていた。
「ご主人に手伝ってもらってやってみたらどうですか?」と先生はおっしゃったけど、なんかなあ~

フルートのレッスンには、週一のペースで休まず通っているのだけれど、ほとんど伸展がない。
年明けの“酷い音状態”からは何とか脱却できたが、足踏みのまま。明日は今年三回目のレッスン日。

モイーズ No13 と アルテのFis dur ; <音の広がりがもっと欲しい>って言われて練習しているんだけど、あまり変わり映えがしない・・・

ケーラーNo14 ; 低音から高音への跳躍を<楽に>吹くことができていない・・・

サンサーンスの「ロマンスOp37」 
 ①低音の響きを大切にすることに囚われて音楽が重くなってしまっている。響きはちゃんと出せているので、力の抜き加減を考えたほうがよい。②発表会でうまくできなかったカデンツを何とかできないか。演奏会に行くと開演前に舞台袖から、タラララララララ~流れるような音階が聴こえてくることがあるけれど、あの指回しをマスターしましょうと、先生がおっしゃっていて・・・・逆付点や部分抜粋などで練習はしているもののそう簡単にはできるようにならないんだよね、これが。

(私がリストアップしている「吹きたい曲」のほとんどに、カデンツや速いパッセージがついていて、ここを避けていると演奏できる曲が見つからなくなってしまう。。。

今日は、お昼はプール、夜は混声合唱団で忙しい日。けど、キッチンに立つ時間は少なくて済む。
昼は夫が食事当番をしてくれるし、夜は私一人分だけの食事の準備で済む。
残りの時間、細切れになるけれど、フルートの練習に当てよう~。



 

市内の小中学校の生徒の作品展で、一号ちゃんの作品が展示されているというので見に行ってきました。
テーマは「鳥」。
いろいろな形に切って色を付けた紙を台紙に貼って、鳥を表現していました。

孫たち三人とも、切ったり貼ったり描いたりが大好き。ばあちゃんちでも、しょっちゅう、辺りを紙だらけにして制作活動?に励んでいます。
材料はじいちゃんが二階の物置部屋に貯めこんだもの。空き箱、厚紙、トイレットペーパーやラップの芯、牛乳パック、紐、段ボール、キャップ・・・・
セロテープ、色とりどりのガムテープは使い放題で。。。。
三人がやってくるのは、多くても週二回ほど。ま、散らかるのも含めて、これくらいの回数なら許容範囲でしょうか

出来上がった作品?は、家に持って帰りたいようなのですが、ママはそう簡単には許可してくれません。
三人が幼稚園や学校で制作し、持ち帰ったものですでに家の中はいっぱ~い。棚も壁も使って並べてあって、作品をしまって置く場所がない・・・からです。
けど、作ったものには成長の跡が見られ、簡単に捨てるのは惜しい。
バアチャンちも、いつまでも残しておいてやりたいけど、スペースには限りがあるし・・・。

しばらく保存したら、後は写真に撮って残すぐらいしか方法はなさそうです。

昨日、久しぶりに孫たちが来ることになっていました。
「ぴんぽー~ん」
インターフォンがなったので玄関まで出てみると、二号クンと三号クンの二人。ママは曲がり角まで送ってきて帰ったようでした。

目の前で、「2ごうクン、二人で<3ごうです>って言おうか」と、3号クンが持ちかけました。
じいちゃんが出てくると、二人は声をそろえて、「こんにちは。3ごうです!」とあいさつ。「ええっ?」とじいちゃん。おじいちゃんの反応をみて二人はにこにこ顔。
もちろん、二人の見分けがつくじいちゃんだけど、「わからへんなぁ?」と大げさに困った顔をして・・・・二人はキャッキャッと大喜びしていました。

夕方、1号ちゃんと娘が来たので、2号クン・3号クンのいたずらの顛末を話しました。

娘によると、最近の2号クンと3号クンは、周囲が二人の見分けができないことをおもしろがっている節があるというのです。
幼稚園で、担任の先生はさすがに二人の見分けができるみたいだけど、他の先生は分からない。二人でそれをネタに遊んでいて、例えば、帰るときに着る名札のついた上着を、わざと反対に着て帰って来たりするのだとか。
園の中で着るスモックも、背中にそれぞれのマーク付きで大きく名前が刺繍してあって当人たちは当然間違えるはずもないのに、取り換えっこしてきていたり・・・・。
つくづく大きくなったもんだな~と思います。

思春期になると、双生児であることに対する当人たちの思いは様々だと、ある本に書いてありました。
今後どのように成長していくのでしょうかね。


今日は、二十回目の一月十七日。
昨日は、小学校でも、幼稚園でも、抜き打ちの避難訓練があったそうです。
「ひなんくんれんがこわかった~」と言っていました。」

夫はポリタンクの水を入れ替えてくれました。
私は非常持ち出し袋の点検をしました。
最低限の、できる備えは、しておかなければ。

一月は一年間のまとめの時期。
家計の収支決算に引き続き、医療費のまとめをしました。確定申告の資料です。

夫婦二人、医療費での大きな出費はないものの、やはりちょっとした不具合があったり、定期的なメンテナンスも必要で、こまごまとした出費がけっこうありました。
ま、そのおかげでたいそうなことにならずに、元気にやってこれたともいえるのですが。

残しておいた領収書を医療機関ごとに整理し、薬代、交通費もきちんとエクセルで打ち込みました。
一昨年の医療費まとめが保存してあったので、作業は、医療機関名や数値の訂正だけで比較的簡単に進みました。
交通費だけは、四月の消費税値上げのせいで少々面倒でしたが。

昨年一年の医療費は、前年に比べるとほぼ横ばい。
最近、高齢者の医療費増加が、健康保険制度の破たんを招きかねないとかよく言われます。
我が家でも、医療費の増加は、間違いなく家計を圧迫することになるわけで。
健康に元気に暮らすことが何よりの節約。
精一杯頑張りたいものです。





大学時代のサークルの友人宅を訪問しました。
集まったのは4名。
私はあちこちしましたが、ほかのみんなは、停年を迎える日までフルタイムで働いていた人ばかり。
今はそれぞれに、親の介護や、孫の相手をしながら自身の生活を楽しんでいるという現状を話してくれました。

そのうちの一人、Aさんは絵を描き始めたそうで。
「美術苦手やったのに不思議・・・・」と言うAさん。
あるきっかけで「絵手紙」を習い始め、おもしろくなって水彩画も描くようになったのだとか。
スケッチブックを見せてくれました。
額縁に入れた作品も見せてくれました。
そのうち、どこかで展示しようかと思っているって・・・。

数年前には、海外旅行くらいしか趣味はないと言っていたAさん。
今は、絵が面白くてたまらないみたいです。

同じく美術が苦手だった私。
音楽と体育は好きやった、という点も全く同じです。
私でも、習ったら描けるようになる?
ちょっとだけそう思ったけど、やっぱり持っていない者には無理・・・あきらめましょう~。(苦笑)

束ねてあった年賀状の整理をしていて、ふと見ると輪ゴムがこんな形に!!!

IMG_0192.jpg


ト音記号やん!! 
 
今年は音楽のことで何か良いことがあるのかもしれへん・・・・
慌ててカメラを向けた。
けど、、画像がどうも暗い。
明るく鮮明な画像を残しておきたいな~。

フラッシュ焚いてみたり、ライトをあててみたり、フラッシュの光をティッシュでやわらげてみたり・・・夫と二人で奮闘。
いろいろやったけど思うような写真が撮れなくて・・・。

「場所を移動させて撮り直すか~」・・・そっと持ち上げたけど、やっぱりあかんかった

IMG_0209_20150110204642c49.jpg

出かける用事あったのに、こんなことに時間費やしてしもて・・・。

モイーズ No13 と アルテのFis durのアルペジオとスケール
指のややこしさに気を取られて高音は音を出すので精一杯。響きがない音になってしまった。
ケーラー No14も 酷い音!

二週間のお正月休みが終わって久しぶりのレッスンだった。

この二週間の間、フルートの練習ができたのはトータルで数時間。
年末は家事で手いっぱい。
年が明けてからも、お正月の集まり、墓参り、それに知人のお通夜・葬儀等が重なって、練習を本格的に再開できたのは8日、つまりレッスンの前日。
宿題のエチュード、何とか恰好をつけようと焦って練習したのが裏目にでた。
息のスピードに頼って吹くという悪い癖がまたまた出てしまったみたい。(自分ではそうならないように気を付けていたつもりだったが、やっぱりあかんかった・・・)
最初から、この日はご挨拶だけくらいのつもりで気負わずに行けばよかったのに・・・。
吹き方や音の修正だけで終わってしまった。

今日から気を取り直して、本格的に練習再開。
また今年も行きつ戻りつの毎日が始まりそう~。


年末年始で2週間のお休みがありました。

いつものように25×8でスタートし、100m1本も含めて合計1000m。
スタート直後はやっぱり体が重く、思うように泳げなかったけれど、最後の方ではまあまあの感触で、体がほぐれて気持ちよかったです。

一人ではとうてい泳ぐ気になれない距離も「みんなで泳げば怖くない?」
今年も、そこそこに頑張りたいものです。

               IMG_0189.jpg



娘婿からお正月に決まって届く和菓子です。
今年は一段と華やかでした。

腕によりをかけていれた煎茶で頂きます。
定番の松・竹・梅のほかにも、いろいろ工夫を凝らした練りものが入っていて選ぶのが楽しい~。

おせち料理でお腹がいっぱいになっていても、こちらは別腹.。。。

2014年の家計を締めくくりました。

一年間の我が家のお金の出入りを月ごと、費目ごとにまとめ、収入合計、支出合計等を一覧表にします。
エクセルでの日々の記帳で、ある程度は一覧表が出来上がっていて、不足部分を補えばよい状態になっていました。
あとは残りの入力をミスしなければ良いのだけどね・・・・・少々手間取ったけれど昨日やっと仕上がりました。

年金生活の収支は?
各項目ごとに前年と比べてどうか?
先々の見通しは?

朝の珈琲を飲みながら、二人で検討。
今朝の珈琲は、いささか苦かった~


二日、暮に行けなかった私の両親の墓参りに行きました。
高速道路のチェーン規制の情報は知っていましたが、スタッドレスにしてあったし、前年のお正月も問題なく行けたので迷わず出発!

ところが、高速道路に入ってすぐに車が進まなくなって時々動く状態に。
交通事故が一か所と、交通集中による渋滞、チェーン規制のチェックなどで思うように走ることができませんでした。結果、所用時間は、いつもなら1時間半のところが、5時間も!

墓のある寺も雪。
車を降りるとすぐにズボンの裾が雪まみれに。うっかり長靴の準備を忘れ、寺の門から境内を通り、本堂の裏の墓地までの50mほどを進むのに難儀しました。迂回して軒下を歩いたり、雪を踏み固めたり、置いてあったスコップを借りて雪かきをしたり・・・。
TS3U0125_20150103223334243.jpg
墓石の雪を落とし、花と線香を立てるのが精いっぱい。

墓参りをし、どこかでおいしいものでも食べて・・・とか気楽に考えていて、失敗でした。。。。.

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。

1日、午後から雪と風で大荒れの天候だったけれど、夜には娘一家、息子夫婦、お嫁さんの弟クンの総勢10人で新年のお祝いをしました。

メインは、31日に夫が炭火で焼いてくれた鯛や、北海道から送ってもらったカニ。
それと息子が持ってきた活けガニ。こちらは私と息子で大騒ぎしながらさばき、足はカニ刺しに仕上げ、甲羅はぐつぐつ焼いて、お酒を入れていただきました。
カニの刺身を自分で調理したのは初めて。非常に美味でした!小学生になってやっと刺身解禁になった一号ちゃんも、「初カニ刺し」には満足だったようです。
久しぶりの日本酒があっという間に空いて・・・


皆で大騒ぎした後、娘一家は機嫌よく帰って行きました。
娘のその後の話では、興奮した二号クン三号クンが眠りそうにないので、お酒を飲まない娘婿さんの運転で夜のドライブに出かけ、ようやく眠ることができたそうです。


雪がやんだその日のベランダからの夜景。
お正月は、いつも空気が澄んできれいなのだけれど、午後吹いた風のせいでさらに煌めきがまして見えました。
DSC01134_convert_20150103211718.jpg

家族揃って、元気に過ごせますように・・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。