フルートと、プールと、混声合唱団と、小さな菜園、そして孫・・・日々のあれこれを綴ります。
連れ合いが、墓参りの帰りに道の駅で売っていたからと、枝つきの黒豆枝豆を3束、栗一袋、生の落花生4袋を買ってきました。お彼岸の墓参り、私は用事があって行けませんでした。

生の落花生を買ったのは昨年が初めて。
昨年は、おいしいん?私はちょっと疑問符付きでいましたが、ついていたレシピを見て連れ合いが、ゆがいたり、煎り付けたりしてくれて、孫たちも少しずつを喜んで食べました。


黒枝豆も生落花生もさっさと使わないと味が落ちる・・・。栗もできるだけ早く使いたい・・・。
さっそく、三束の黒枝豆は鋏で切り落としごしごし洗ってゆがきました。大きな笊に3つ分もありました。
栗は半分を栗ごはん用に水につけ、残りは蒸すつもりでいました。
夕飯の用意をしているそばで連れ合いが、水につけていた栗を剥き始めていました。こちらは、夕食後二人がかりでし、皮むき完了。
生落花生、そして栗も、私がお風呂に入ったりごそごそしている間に、煎り付けが完了していました。

翌日朝から栗ご飯を炊いて・・・。
栗ごはん、黒枝豆、落花生、焼き栗を、宅配便?でおとどけ~。
宛先は?・・・もちろん娘宅。。






【2013/09/24 22:59】 | 日々のこと
|
モイーズ No2 ◯
エチュードが新しくなっても音楽が崩れなくなった、安定してきた・・・そうです。
でもこれは、指や吹き方がややこしくないからできるんで、難しい指回しが出てくると余裕がなくなっていい音で吹けなくなるんだよな~。まだまだだわ・・・。


ケーラー No9
やっと、◯、頂きましたっ!
6月終わりから取り掛かって、3か月もかかってしまった・・・。
今までで一番良い出来、途中崩れそうになりながらも、最後まで音色を保って吹けるようになった・・・そうです。
確かに、吹き始めたころに比べると、音色が変わったような気がする。吹けば吹くほどに新しい課題が見えてきて、あちこち相当吹き込んだ。自分でいうのも変だけど、まあよう頑張ったと思う。ここでできるようになったことを次に生かせたらうれしいけど・・・。まあ、ボチボチ・・・。
今後、ケーラーはしばらくお休み。ロマンスに集中することになりました。


ロマンス
前回の続き、♯4つから見ていただきました。
28小節目からのクレッシェンドの付け方。
37小節目からのクレッシェンド、そして3F♯のボリュームとそこから始まるカデンツの音の厚みがもっとほしい。42小節からもフォルテで分厚く、音の流れを大切にテンポもアップしたい。
ポイントは、3F♯の音色。3F♯の音色をもっと吹き込む必要がある。この音の吹き込みが不十分なので鳴らないのだと思う。楽器3F♯を覚えさせてもっとなるようにしましょう
・・・って。
3F♯の音、息も絶え絶え?確かに細い、情けない音だわ。その音だけ取り出して目いっぱいお腹を使って吹く、あるいは1オクターブ・2オクターブの音出し・・・いろいろ工夫してやってみる必要があるみたい。


今日から練習は、先生の新しいマンションで始まりました。
まだ、引っ越されたばかり。レッスン室で音を出すのは、私が初めてだったそうです。下手な私が第一号だなんて・・・
お部屋の様子はまるでモデルルームかと思うほど。ダンボール箱が積み上がっていたけど、十分すてきでした~。そして、レッスン室の音響がこれまたよくて・・・、以前のマンションも響きのよいお部屋でしたが、さらに、もっとよく響きましたね。
レッスン室から見える景色を眺めながらの音出しは、非常に気持ちがよかったです。
「ロマンス」も少しだけ伴奏を付けてもらいましたが、ピアノの音が広がって聴こえて・・・これでフルートがうまければいうことない演奏になったのですが・・・・これはまあ、これからということで、チャン・チャン!




【2013/09/21 10:10】 | フルート
|


あお
こんばんは

 モイーズもケーラーもロマンスも着実に進んでいるのが感じられて私も何かうれしくなります。ケーラーは上がると、本当によく頑張ったと自分をほめてあげたい気持ちわかります。私もそうでした。

 アンサンブル、先日は毎週行き来たくなりそうって書きましたが、この連休で7曲3パート計21曲分吹いてみましたが、音符の長さ、リズム、音すべて完璧に吹かなければアンサンブルの調和がとれず曲として成り立たない訳ですから、それを考えると一人で吹くことと違って、すごいプレッシャーですね。

 E-KOMOさんの方は、何人で月何回、何時間ですか?こちらは今のところ私を除けば各パート2人ずつで、一回2時間です。

 またまた、困った時のE-KOMOさん頼みで、いろいろアンサンブルの現実を教えてくださいね。先輩、よろしくお願い致します。


E-KOMO
あおさん、こんばんは。
<モイーズもケーラーもロマンスも着実に、何とかかろうじて前に進めている状態、>で・・・お恥ずかしいです(冷汗っ!)

アンサンブルは全部で9人。月1回、一応1時間半です。
パートは決まっていなくて、その日座った席で決まります。早いもん勝ち?(苦笑)
楽譜はやはりスコア。先生の方針でどのパートも練習しておかなければならないのでやはり、プレッシャーです。
でも、月1回なので何とかやれている状態ですが・・・。
中には、他のアンサンブルと掛け持ちの方も数人いらっしゃいますよ~。個人レッスンにアンサンブル二つ・・・で練習が大変だとおっしゃっていました。私にはとても無理ですが・・・。
練習の進み具合にもよるかもしれませんね。






あお
こんにちは

 いつもいつも有難うございます。

 パートはどこがお勧めですか?私は新人なので選べる身分ではないのですが、こちらは一定なような雰囲気でした。

 ロマンス、私もほぼ毎日吹いていますが、吹き始めのテンポ、大事ですね。どうしても謳おうとする気持ちが強いとゆっくりめに出てしまい、息継ぎが怪しくなり、しまったと・・・(笑)E-KOMOさんはないと思います。でもE-KOMOさんがロマンスを吹かなければ私も恐らく今回吹こうと思わなかったと思うので本当に感謝です。


E-KOMO
あおさん、こんばんは。

先着順のパート、席が空いているときは、真ん中あたりに座ります。1stはやはり高音が多いのでけっこう苦しい。低音は低い音が多くて、リズムに合わせて響かせ て吹くことがけっこう難しかったり・・・。2ndはハーモニーの難しさもありますが、まだやりやすいような気がします。
私の順番で言えば、Ⅱ→Ⅰ→Ⅲですかね。 
人数が余るときは、先生が低音部のメンバーを多くなさることが多いような気がしますが。。。。

ロマンス、伴奏なしで一人で吹くと、やはり出だしのテンポがなかなか定まらないです。先生のアドバイスで、♭系の終わりの部分のメロディーを歌ってから入るようにして、少しましになったかな~。けど、歌い方、やっぱり納得がいっていません。まだまだ試行錯誤状態です・・・。(汗)


あお
こんにちは

 有難うございます。1stもゆっくり目の曲だといいのですが、16分音符がずっと続くのはちょっと練習させていただかないと自信ナッシングです。明日どうなりますやら。

 「ロマンス」、E-KOMOさんは伴奏という強力な味方があったのですね。忘れてました。きっと先生がE-KOMOさんにあった速度で出てくださると思いますから、絶対大丈夫ですよ。大船に乗ったつもりで行けますよ。本当にうらやましい~。

 E-KOMOさんのブログを読んでいる方は、きっと皆さんご近所に引っ越したくなりますね。美しい夜景、おいしい食材、きれいな音楽。毎日何かしらおすそ分けがありそうな・・・(笑)。


E-KOMO
あおさん、こんばんは。

個人レッスンがなんとか終わって、恒例の娘たちとの食事会も終わり今は、少しゆっくりしているところです。
レッスンの様子はまた後日、時間のある時によく反省しながら書くつもりでいます。

そして明日は月1のアンサンブル。練習はしたつもりですがいささか心もとなくて・・・。きちんと吹けるようにしたつもりでも合奏すると様子が変わってしまうというか、聴きながら吹くことって難しいですね。
今日は、いかがでしたか?


あお
おはようございます

 いろいろアドバイス有難うございます。

 行って来ました。初めてのアンサンブル参加で、行く前から極度に緊張。まるで発表会の前みたいな気がして、こんなんで皆さんに合わせられるかと心配になって、行く前6時過ぎにもう一度音だしをして出かけました。先生は月に2回いらっしゃるそうで、昨日はお休みで、4人で合奏しました。

 正直楽しい。私にはちょうどいいいかもと思える。来週は先生がいらっしゃるのでそれも楽しみです。11月の文化祭参加に向けて先生のお宅での強化練習もあるとのこと、どこまでついていけるかやってみようかと。E-KOMOさんは今日なのですね。今どういう曲をやっているのですか?E-KOMOさんはアクティブな方なので疲れるということあまりなさそうですけど、私は本当に家の近間しか動いていないので(笑)、この先体力的に続くか、まだ最初で緊張しているせいか今回はそれほど疲れませんたでしが、今日の個人レッスンが調子悪かったらどうしようなんてまた心配(笑)

 またアンサンブルもレッスンもいろいろ教えてくださいね。今日のレッスンお互いに頑張りましょう。


E-KOMO
あおさん、お疲れ様でした~。

アンサンブルデビュー、大成功だったみたいで、おめでとうございます。v-424
毎週出席なさっても、全く問題ないのではありませんか?むしろ楽しみが増えて、個人レッスンの練習にも張りが出るかも・・・って勝手に思っています。(笑)

私の方は、この半年に取り組んだ曲の総復習でした。楽しかったけどちょっと冷や汗も・・・でもそれもまたやりがいがあるというのでしょうかね。
そして次回の楽譜を二曲もらってきました。
また、1月先を目指して練習です!

コメントを閉じる▲
スーパーで、根付きの小松菜を見つけました。

この秋も小松菜も作るつもりでいますが、我が家の菜園、今はまだタネまきもしていません。
根がついている小松菜を土に埋めてやると新しい葉が出るので、菜園の野菜が大きくなるまでの一時しのぎに使えます。

一番小さい葉っぱを残して切り取り、切った小松菜はおひたしに、根っこの方を一晩水につけておいて、次の朝プランターに植えつけました。

IMG_1351_2.jpg


冬野菜の植え付け準備にかからねばなりません。
先日、トウモロコシと、ゴーヤの一部を片付けました。
まず、大根の種まき・・・。もうちょっと遅いかもしれませんが。

【2013/09/18 19:50】 | 家庭菜園
|


あお
おはようございます

 小松菜、こんな風に植えるとでいいんですね。種からやったことがありますけど葉が硬くておいしくなく、それ以来やっていません。根付きを見つけたら私もやってみたいです。

 またまたアンサンブルのお伺いですみません。初めて来られる方は楽器持参で来られますか?様子見なのでどうしようかと。

 やっている曲をネットでみると「美中の美」「少年時代」「アラゴネーゼ」「ボアモルティ」「星に願いを」「もみじ」とありました。E-KOMOさんの方でやった曲ありますか?


E-KOMO
あおさん、こんばんは。

半自家製の小松菜、結構間に合いますよ。v-218

今のアンサンブルはカルチャースクールの1教室だからだと思いますが、見学の方は見学のみです。
他のアンサンブルでは、見学者も楽器持参でと言われて、一緒に合奏したことがありました。そちらはどうなんでしょうかね・・・


アンサンブルではやったことがないけど、なじみの曲もありますね~。ボランティア演奏とかもなさるんでしょうか。
金曜日?いよいよですね。


あお
おはようございます

 いつも有難うございます。

 楽器を持参して少しでも一緒に吹かせていただこうかと思いましたが、ネットの更新を見ましたら、来月某区の文化祭で演奏するため指導者が来ての練習ということが書いてあったので、新人がまじるのもご迷惑になるのかもと思い、今日はとりあえず楽器持たずに早めに行って、いろいろ伺って少しだけ聴かせていただこうかと思っています。

 曲目を見ると確かに古い曲もあって、どんなグループなのか楽しみです。またお伝えしますね。有難うございます。




E-KOMO
あおさん、こんばんは。

見学なさっていかがでしたか?
ご指導なさる先生は、毎回いらっしゃっているわけではないのですね。そうすると、相当経験を積んでいらっしゃるグループではないかと。。。私も、ちょっとドキドキ、わくわくしています。(笑)



あお
こんばんは

 ご返事有難うございます。

 行ってきましたよぉ。夜一人で出かけたのは何年振りかしらというくらいの出不精なので、夕方の地下鉄のラッシュにまず驚き。押されたり小突かれたり。正直楽器持ってなくてよかったと思うくらい。

 現在は、男性3人女性3人だそうで、ゆったりとやっていますという紹介にホッとしました。先生は芸大出身だそうでとても丁寧に教えてくださって、感じの良い女の方でした。いつ来ていつ帰っても良いそうでそれなら月4回行っちゃおうかしらというくらい一緒にやりたくなりました。次の日の自分のレッスンに支障が出て来なければですが。今日はたまたま明日レッスンが休みだったのでよかったのですが。

 次週も参加してみて良ければ来月から入会しようかと思います。

 いろいろ有難うございました。


E-KOMO
あおさん、おはようございます。

ご希望のかないそうな、落ち着いたアンサンブル?で良かったですねぇ~。
すぐにでも吹いてみたい~、そう思いながら聴いていらっしゃったのではないかと想像しています。

アンサンブルへは、私も電車で出かけます。休日の朝なのに、結構混んでいて、疲れるのですが、人ごみも覚悟を決めると案外平気なもんです。好きなことをしに行くのですもんね。若い男性に席を譲られたこともありましたよ~。(苦笑)

楽しみがまた一つ増えましたね。

コメントを閉じる▲
義母を見舞っての帰りに、道の駅で見つけました。

IMG_1353.jpg
以前、母が飼育していたことがあったような気がします。
夜、玄関のちいさな籠の中で健気に鳴いていました。
毎夜、庭でコオロギが鳴いていますが、鈴虫の鳴き声はさすが品がある?というか・・・



次の日、取りあえず、大きな水槽に移し替えました。
ネットで調べると、土は無機質で、川砂と赤玉土を混ぜた物が良いとありました。
餌は、なすびやニンジン、キュウリ、リンゴ・・など雑食性。それに鰹節も入れたほうが良いのだとか。
なすびは菜園でとってきた取り立てを切って入れてやりました。

IMG_1355.jpg

土は間に合わせだったので、ちゃんとしたものに入れ替えて、娘のところにも何匹かわけてやろうと思っています。


【2013/09/16 10:09】 | 日々のこと
|
モイーズ No1Variazione ◯

ケーラー No9
後半がよくなった。良くなった分、前半が目立つ。
特に13・14小節をもっとなめらかに。2Bを息のスピードで吹いてしまわないように。

ロマンス
「今日は、どんな風にしますか?」と先生がおっしゃるので、「最初のところを」とお願いしました。
最近はずっと、全曲を通してみてもらっていたのですが、ちょっとマンネリ?という気分がしていたのです。
そうお願いして正解でした。
私が吹くロマンスは、とてもつまらないのです。
私が好きな「ロマンス」とは程遠いというか、あの美しい「ロマンス」が全く感じられなくて・・・。

細かく教えていただきました。
先生の演奏のように吹くのはとても難しくて無理だけれど、道筋というのでしょうか、こんな風に吹けば、こんな風に音を作って行けば先生の演奏に近づけるかもしれないということが少し分かったのです。あくまで、できるできないというのは別問題なんですけど・・・。

もう少し、模索してみようと思っています。





【2013/09/15 22:44】 | フルート
|


あお
あはようございます

 台風そちらは如何ですか?昨日は雨がすごかったのですが、今日は雨風ともにすごくて怖い感じです。

 確かに 長くやっていてマンネリ気味になったときは私もパート練習を重点的にやったり、これでもかというほどゆっくり最初から通して吹いてみたりします。今まで見えなかったものが見えて、できなっかたところが出来たり、またやる気がおきたり、良い結果を生むような気がします。

 「ロマンス」「春の歌」、昨日初めてレッスンでした。「ロマンス」で訊き忘れたところがあったのですが、来週レッスンがお休みなので伺っていいですか?便利です(笑)お忙しいところすいません。

 1.10~11小節目にかけてスラーの表示がないですが、83~84小節目にはスラーがあり、その表示通りに吹いてますか?それともどちらかに統一してますか?
 2.13~14小節目は息継ぎをしないで吹いていてその方がいいと言われましたが、86~87小節目は息継ぎをして87小節目の符点3Aの後で息継ぎをしないようにしたのですが、何もおっしゃらなかったので、そこはそこでそれでいいのか、どちらがいいのかしらと。

 YOU TUBEで「ロマンス」、いろいろ聞きましたけどE-KOMOんのお好みはありますか?私は、ハープとの演奏でお顔が出てない演奏が結構特徴がありますけど、平凡でなくて勉強になりました。あと素人の40代くらいの男の方がステージで吹いているのもきちんと感があって好印象でした。

 今週もしかするとアンサンブルの見学に行くかもしれません。かねがねE-KOMOさんのアンサンブルをうらやましく思っていましたが、ネットで探して中高年、初心者、少人数、1か月1000円という言葉にひかれて一度見学してみようかと(笑)。ひとと合わせたことがない上、初見が苦手でリズム感も悪いし、行く前からとても不安ですが、勇気を振り絞って行ってみるつもりです。


E-KOMO
あおさん、そちらも、もう峠は越したでしょうかね。
昨夜は雨風が酷くて、二階で休んでいたのですが揺れる感じでした。今朝、天気は回復したのですが、洪水警報がまだ残っていてプールがお休み。で、少し庭の後かたずけをしました。
大きな台風はこれからも来そう・・・。困ったものです。

あおさんのことだから、ロマンスも春の歌も、きっと自分なりに仕上げてレッスンに行かれたのでしょうね。

楽譜の件。
1.10~11と83~84、私の楽譜ではスラーの付け方が全く同じ、つまりどちらにも付けてあるのでそのように吹いています。

2.ブレスは楽譜通りにしないことが結構あります。先生の指示で遅いテンポで吹くことがあって息が足りなくなったりとか。
13~14小節目、86~87小節目は1G→2G、2G→3Gのそれぞれ1オクターブの跳躍を大事にしたい、なめらかにしたいということで、1G、2Gの前でブレスしています。ブレスの取り方で音楽が変わってしまうので、難しいですね。

You Tube ハープ伴奏のものは、お顔が見える男の方の演奏も、映像だけのものもどちらも好きです。もう一つは、発表会の録画でしょうかね。なかなかお上手だと思いました。私、あんな風に落ち着いては吹けないなって・・・。それから、工藤さんのCDを持っているのでしょちゅう聴いています。

アンサンブルの見学ですか~。初見、リズム感ともに、劣等生の私ができているのですから、あおさんなら全く問題ないと思います~。v-218それにお安い!あおさんからまた、楽しいお話が聴けそうですね。私も楽しみです・・・


あお
こんばんは

 早速のご返事ありがとうございます。こちらも午後には雨は上がり、風だけになりました。

 楽譜の件
1.E-KOMOさんの楽譜は、スラーどちらにもついているのですね。スラーのほうが自然ですよね。
2.1Gと2Gの前で息継ぎするということは、1Fと2Fの後ということでいいですか?そういう方法もあるのですねぇ。明日の練習の時にやってみます。楽しみです。

 今晩は昨日のNHKのパユの演奏のビデオを聴くのが楽しみです。聴かれましたか?

 アンサンブル、毎週金曜日の夜ということで、私のレッスンが月3回土曜日なので、レッスンのない土曜日の前の金曜日しか参加できないと思うのですが、そのくらいの方がプレッシャーにならなくていいかもと思っています。私の場合は一回1000円になってしまいますが(笑)、楽しいグループならそのくらいならいいと思っています。

 「春の歌」、結構きついですけど唄いやすく、楽しく吹けました。お勧めです。
 


あお
こんにちは

 追伸です。いつもお伺いばかりしてすみません。
アンサンブルの音だしってどういう風ですか?ちなみにE-KOMOさんのところは?知り合いが習い始めのころ初心者向けのアンサンブルに行ったら、まず音出しということで全員で3オクターブの半音階をやらされ,普段やっていなかったのでついていけなかったという話を聞いたことがありました。私も心構えをうかがっておくと心強いです。よろしくお願いいたします。


E-KOMO
あおさん、こんばんは。

パユさんのTV、気付きませんでした~v-399
「半沢直樹」に気を取られていて・・・(汗)
いつも番組表でNHKをチェックするのですが、先日は全くチェックしていませんでした~。くやしい~っ!
他の方のブログでもパユさんの話題が出ていて・・・惜しいことをしました~っ!

アンサンブルの音出しは、けっこう時間をかけてします。
基本、その日やる曲の調に合わせてします。
まず普通に音階を。4拍・2拍・1拍どりやダブルタンギングとか。
それから必ずやるのが、音の階段。
ドレミファソラシド、レミファソラシドレ、ミファソラシドレミ・・・(上昇パターン)、ドシラソファミレド、シラソファミレドシ・・・・(下降パターン)
これをみんなで一斉にやったり、一人半分ずつ分けてやったりと、いろいろ変えて。
合間に、一人ずつの姿勢のチェック、音のチェックが入るときもあるので、私には結構冷や汗ものです。(苦笑)

あおさんなら、普段通りになさったら何の問題もないのではないかと思いますよ~v-218





あお
こんばんは

 パユさんの演奏、先ほどゆっくり聴いたのですが、結構息継ぎの時大きな口をあけるのですね。N響のフルートの方と比べると。でもフルートは微動だにしないで下唇はボンドでフルートについてるかのように(笑)くっついています。明日真似してみようと思っています。

 アンサンブルの音出しのお話、E-KOMOさんに伺っていて良かったです。それも明日やってみます。でもちょっと恐怖になってきました(笑)。楽しいお話になるといいのですが・・・・・。

 いつも本当に有難うございます。


E-KOMO
あおさん、こんばんは。

パユさんのフルートは、見事に口元に収まっていますよね。
今回はしくじりましたが、いつも感心してみています。
外国人特有の、唇、顎の形のせいもあるのでしょうかね。

私の口元があんな風だったら、もう少しうまく吹けるかもしれんのに~っていつも思います。ないものねだりです。v-389

アンサンブルのお話、また聞かせてくださいね。


コメントを閉じる▲
スイミングのレディースコース上級に、他の曜日からの移動で新しい人が入ってこられました。
年齢は30代前半。幼稚園児をお持ちの、私の娘よりもお若い方です!

今の上級の年齢構成は、たぶんですけど、70代4人・60代10人・50代2人・40代1人。
60代は前半が4人、後半が私も含めて6人です。
そこに30代の方が入られると平均年齢がぐっと若返ります。
40代のAさんは年齢の近い方が入られてうれしそうでした。
このメンバーが、同じメニューで泳ぐわけですから、70代のお姉さま方の頑張りは相当なものだと思います。
最年長の方なんか、76歳ですもんね。皆の「希望の星」です。

コーチも皆が気持ちよく泳げるよう、細やかな気遣いをしてくださいます。
水温の状況、皆の疲れ具合・・いろいろと目を配り、少し頑張って泳ぐようなハードなメニューも混ぜつつ・・・といった具合で。
昨日の総距離  1000m

我々60代も、若い方々の足を引っ張らないように、がんばらねば・・・。


【2013/09/13 08:25】 | スイミング
|
お寿司を食べに行ってきました。
評判を聞いて気になっていた回転寿司です。回転ずしだけれどお値段設定がちょいと高め、でも、おいしいという評判でした。

結婚してすぐに住んでいたところには、近所においしいお寿司屋さんがありました。回らないお寿司屋さんで、ご主人が一人で握ってはりましたが、お値段も手ごろで美味しかったのです。今の住居に引っ越してからも、年に1回位ははるばる食べに行っていました。高速に乗ってまで行くか?って言う感じですがとにかくそのお店が好きだったのです。
ところがその店主さんがお亡くなりになって・・・閉店。
その後は、適当なお店を見つけることができず、それからはずっと回転寿司・・・。(涙)

お寿司は久しぶりで。お店は隣の市の郊外にありました。
わが家からは電車で20分くらい、それから最寄りの駅から歩いて20~25分くらい。でも、車でなら自宅から20分ほどで行けます。
電車と徒歩で行ってアルコールを飲むか、車でシュッと行ってお寿司だけにするか・・・・。
「私、運転するから、お父さん飲んでね」などど殊勝なことは・・・言いませんでした。
午前中、肥料作りで汗を流していて二人とも飲みたい気分でした・・・。
結局、ウォーキング替わり?腹ごなし?行きはせっせと、帰りはぶらぶらと、往復で50分くらい歩きました。
お店で飲んだ一口めのビールのおいしかったこと!お寿司もネタが新鮮でかなり満足できました。





【2013/09/11 12:10】 | 日々のこと
|
IMG_1351.jpg

今日作りました。

材料は
小麦粉・砂糖・牛乳・玉ねぎすりおろし・・・・それとホウ酸。
ゴム手袋をし、よくこねてお団子にしました。

出来上がったのは「ホウ酸ダンゴ」
夜な夜な出没するあの方になめていただくためです。
今までは、市販品を買っていたのですが、義妹が作っていて効き目があるというので作ってみました。
これが体に入ると、脱水症状を起こすようです。。


生のお団子は、玉ねぎのにおいがします。雑食だけれど、特に玉ねぎは好物なのだそうです・・
これを乾かして使います。
効果は半年から1年ぐらいだとか。

手作りのお団子はさぞかしおいしいことでしょう~。


【2013/09/09 10:21】 | 日々のこと
|


野いちご
コレをご存じない方は本当に美味しいお団子と思われるかも。
今は作ってはいませんが、昔、良く作りましたよ。
ずいぶんと効果があるようですね。

ゴキちゃん、でていますか?
我が家で退治できるのは私だけ。
夫は逃げ回っています。
ゴキちゃん、ひねり潰してやります。



あお
こんばんは

 ホウ酸団子、母が作っていたのを思い出します。効果のほどは、聞いていなかったのですが、毎年作っていたので効き目があったのだと思います。私はいつもは「ゴキブリホイホイ」を置いていましたがどうも見た目が良くないので、今年はゴキブリキャップという商品を買って置いてみましたが、とても効果があります。
「野いちごさん」、すごいですね。「ひねり潰す」という言葉に、想像して思わず笑ってしまいました。憎っくき「ゴキブリ」ですね。

 E-KOMOさんのレッスンは本当に充実していますね。どんどん上げるやり方は先に行って結局は行き詰ってしまう原因を作っているようなものです。そんなことをきっとわかっていらっしゃる先生でそれについて行かれるE-KOMOさんもすごいと思います。

 「レナータ」、懐かしすぎます。やりました。こういう会話はマンリン音楽をやった人じゃなければわからないですよね。「山嶽詩」「古戦場の秋」「マンドリニストの群れ」「ザンパ」・・・。社会人になってから行かれたアンサンブルまだあったのですね。E-KOMOさんとこんな会話が出来たので私も一気に昔にタイムスリップして、その当時のプログラムとか楽譜とか引っ張り出して物思いに(笑)ふけっています。
 


E-KOMO
野いちごさん、こんばんは。

ゴキブリさん、ひねり潰しますか~。えらい!
見つけても殺虫剤を取りに行っている間に行方不明になるので、その場でスリッパでたたいたり・・・これは夫がします。
真夏には目立たなかったけれど、少し涼しくなってから出始めました。これから産卵するためにあちらも必死なんだそうです。

まだセットしたばかりなので効果が見えてこないんですけど、やはり効果があるんですね。楽しみ~。(にんまり)


E-KOMO
あおさん、こんばんは。
お団子の効果を確かめるべくあちこちチェックしているのですが、今のところはまだです。憎っくきゴキブリの最後の姿を見届けなければ!

他の先生の個人レッスンは受けたことがないのでわかりませんが、新しいことがなかなかマスターできないので、こういう方法を取ってくださるのだと思います。先生のやり方は私にはあっているみたいですよ。

おおっ、「古戦場の秋」!よっく覚えています~。その曲を指揮をしてくれた先輩のその時の癖までおもいだしましたよ~(苦笑)

当時のプログラムや楽譜をまだ残していらっしゃるんですね。とっくに捨ててしまいました~。まさに青春の思い出ですもん、とっておけばよかった~。
代わりにはならないけれど、YouTubeでマンドリンオーケストラの演奏聴いています。たのし~。

コメントを閉じる▲
モイーズNo1
目標は、<歌って吹く>
フレーズのつながり、音色、ブレスの取り方・・・今までに習ってきたこと、考えられることはすべて盛り込んで吹いて・・・結果は、花マルでした。
いつでも、たとえ楽譜が難しくなってもそれができるように。
あとは、練習あるのみです。

ケーラーNo9
間違いなく吹けている、から一歩進んで、それらしく吹けている・・そうです。
高音のE、Gは、吹きすぎてきつい音になるよりは、むしろ落ちる寸前の音ぐらいがベスト。体重移動がうまく使えるとそれが可能になるし、もっと楽に吹ける、こんな風に・・・と、先生が見本を見せてくださいました。
あとの「ロマンス」でもその話が出たのですが、重心移動を使って吹くのはどうも苦手で。
見本を見せてもらって、取りあえず真似をして吹くと、とってつけたようになってしまう。重心の移動が音楽につながってこないのです。今までずっとそうでした。この際なので、もう少し研究してみたいものです・・・。

ロマンス
中音の音の広がりがもっとあるとよい、高音部分はもっとパワフルに。
重心の移動も含めて、もっと吹き込んで行かなければ。


私の後にレッスンを受けられるAさんは、双子ちゃんのお若いママさんです。発表会では、いつもほれぼれと聴き惚れてしまうような演奏をなさいます。同じ地域に住む身で、双子を持つ先輩?としてはいろいろ気になって、地域の双子ちゃん情報を伝えたこともありました。
そのAさん、発表会の曲目変更を考えていらっしゃるのだとか。フォーレの「ファンタジー」も考えたけど、今からでは納得が行くまで練習するのは無理なので来年に?と先生がおっしゃってました。凄い頑張り屋さんですが、入園前の二児のお母さんでは練習時間にどうしても制約が・・・。
先生は「シリンクス」「パンの笛」のどちらかでと薦めておられるようでした。無伴奏で大変だけれど勉強になるから・・・、先生もどちらかと言えば「シリンクス」の方がお薦めのようで。私も、「シリンクス」は彼女にぴったりだと思いました・・・。
今年は「シリンクス」で、来年は「ファンタジー」で決めたらどうかとか、話が大いに盛り上がりました。
(ちょっとちょっと、よそ様に気を取られている余裕なんか、まるでないんだけど~、大丈夫?)


【2013/09/08 11:36】 | フルート
|

進んでいますね
山栗
今日は!
フルートの練習進んでいますね。ケーラーはNO9ですか、私のほうはやっとアルテ27課が終わったところです。時間がかかりすぎました。まぁ、ぼちぼち行くしかないかな。
それでいて、バッハのBWV1033とチャルダッシュをやっているのですから、高望みも甚だしいです。指が動かないので粘り強くやっているのですが…。

フォーレの「ファンタジー」、「パンの笛」、すごいですね。



E-KOMO
山栗さん、こんにちは。
ケーラーのNo9は、実は、始めてから3か月になろうとしているんですよ。
今は、発表会の曲の練習があるので、新しい課題に進むのはストップして貰っています。一度に二つのことができない不器用な私にはその方がありがたいのです・・・。(苦笑)やればやるほどに新しい課題が見えてきて、勉強になっています。

山栗さんは、アルテにバッハにチャルダッシュですか~。凄いです~。練習時間がいくらあっても足りなさそうだし、集中力も相当要りそう~。でも、大曲が2つ。仕上がるのが楽しみですね。



コメントを閉じる▲
昨夜は、例によって、孫たちを交えての夕食でした。
「きょう、とまってかえるん?」と一号ちゃんが言い出し、弟二人もすっかりその気になってしまって・・・ママが止めに入りました。

実は、前回のお泊りがいたく気に入ったようで、あれ以来「泊まる」という発言がたびたび出るようになっていたのです。
弟二人は、次は誰と寝るか二人で決めてるのだとか。

「明日は、じいちゃんが忙しい日で朝からでかけるから無理やねん。」
「そんなに泊まりたいんやったら、じいちゃん、バアチャンの都合を聞いて予約したらいいねん」
「うん、そうする」
「来週の金曜日なら大丈夫やで」
「帰る前にカレンダーに名前書いてかえろな」

二部屋の予約成立。カレンダーに予定が書きこまれました。
「お泊りごっこ」は当分続きそうです。

【2013/09/07 19:13】 | 日々のこと
|
午後スイミング。1000m。
帰宅後フルートの練習をし、夜はコーラス。
いつも忙しい木曜日です。
8月からは、二号クン三号クンがスイミングに通うようになったので午後のベビーシッターはお役御免になり、フルートの練習をする時間ができ、ちょっとゆっくりできていますが。。。

コーラスは、初めての発表会を控えての練習に入っています。
発表会と言っても、公民館で、色々な団体の演目に交じって30分ほど発表するだけなので、まあ気楽なものなのかもしれません。
曲目は今までやった曲の中からみんなで選びました。
中にウェルナーの「野ばら」があります。
日本語とドイツ語で歌います。

ドイツ語の発音が慣れなくて・・・。カタカナでルビを振りました。けど、カタカナをそのまま読んだのではドイツ語の歌にはならないし・・母音と子音の取扱いが・・・難しいです。大学でドイツ語を取るべきだった?
今日もかなりやったけど、いまいち。来週までに少し練習しなければ・・・。

【2013/09/05 22:11】 | 混声合唱団
|


野いちご
毎日ご多忙のようですが、そのほうが張り合いがあっていいですね。私は忙しい日が好きです。

ドイツ語を第二外国で選択しましたが
未だに先生にUの発音を治されます。
もっと深いところで響かさないといけないそうです。

野ばら・・・可愛い歌が綺麗に歌えますように。


E-KOMO
野いちごさん、こんにちは。

そうですね~、それなりにですけど中身がギュッと詰まっているほうが楽しいというか・・・。でも、たまには優雅で、ある意味贅沢な時間も過ごしてみたいものです~。(苦笑)

「野ばら」のドイツ語を、巻き舌だとか、母音と子音の扱いだとか、素人ばかりですので、一から教わっているのですがなかなか身につかなくて特訓中です。
せめてドイツ語らしく聞こえるように・・・それができたら今回は◯をいただけるらしいのですが。
本番はもう少し先ですので、頑張って練習しますね。

コメントを閉じる▲
バナナを1本、それから銀行で用事を済ませ、いざプールへ。
慌てて家を出たので、特製ドリンクの入ったペットボトルを持って出るのを忘れた。
途中のコンビニで間に合わせの水を買い求めプールへ。

駐車場に入ろうとしたら、スクールの入り口にコーチがたっているのが見えた。
一緒に泳ぐメンバーの車が引き返していくのも見えた。
警報で休館?
コーチからは手でバツ印の合図、市内では出ていないけれど、近隣の町に警報が出ていたのだとか・・

家を出るまで警報をチェックしていたのだけれど、気付かなかった。

秋の台風シーズンには、警報で休館になることがよくある。
大人のコースだから、危険かそうでないかは自己判断できるような気もするが、子供達も通うスクールだから仕方ないのかな?残念。

結局昨日は、終日雨。
大雨の警報による臨時休館ぐらいで済んで良かったけど・・・。




【2013/09/03 09:13】 | スイミング
|


あお
こんにちは

 暑いですね~。今年は残暑がとてもきついような気がしますが、そちらは如何ですか?。年のせいだったりして・・・。私の場合は有りえま~す(笑)

 京都にいらしたのですね。夏の京都は、一段と暑かったのでは?でも学生時代のお友達との楽しいお話に暑さも忘れた事でしょうね。私も3年くらい前に大学のクラブの同期会がありまして、40年余ぶりに皆さんにお会いして、フルートを始めたことを告白して驚かれました。

 先日、「徹子の部屋」を見てましたら、山口果林さんという女優さんが、50を過ぎてからフルートを始めて15年経つというお話をされていました。2年前のアンサンブルのビデオが流れましたが、E-KOMOさんもアンサンブルの機会があっていいですね。羨ましいです。いろいろ個人レッスンとはまた違った勉強になるでしょうね。

 「ロマンス」、吹けば吹くほどむずかしいですね。E-KOMOさんはもうその辺は通り越されたのではないでしょうか?

 暑さはまだまだ続きそうですが、どうぞくれぐれもお体に気を付けて頑張ってください。

 


E-KOMO
あおさん、こんにちは。
あれほど暑い夏だったのに、8月の終わりころからは朝夕が少し涼しくなって、過ごしやすくなりました。それに先日からの雨続きでさらにひんやりしています。カラッと晴れてほしい~。
京都へ行った日も夕方には涼しくなって、夕方の散策が心地よい感じでしたよ。
クラブの友人とは、次回お正月に会う約束をしました。みんな暇になったからですかね。

山口果林さん、知ってます、知ってます。あの方もフルートをねえ。「徹子の部屋」その日は見てませんでした。残念!
今のアンサンブルはメンバーが少しずつ増えているんですよ。でも、そこそこの年代の方ばかり。平均年齢は変わらないみたいです。先生のお人柄もあるのでしょうが、とても楽しいです。

「ロマンス」、歌うのが難しいです。低音・中音・高音、それぞれ音楽にふさわしい音が求められているのだけれど思うように行かなくて・・・。吹いていて気付かれたことおありでしたら、また教えてくださいね。


あお
こんばんは

 そちらは少しづつ秋めいてきているのでしょうか?練習には助かりますね。こちらは申し上げたとおりで、エアコンをつけて練習はしているのですが、それでも精神的に参っています。吹けない言い訳ですが(笑)。

 「ロマンス」と「春の歌」、この次からの曲に選んだばかりでまだ先生に聞いてもらっていませんので、E-KONOさんのブロウを頼りにしていました。なので私の方こいろいろそ教えていただきたいと思っていました。

 何回かしか吹いていませんので、それだけの感想ですが、私の場合、出だしのFの音が深い音で出られるかどうかで、それからの演奏が気持ちよく吹けるかにかかってくるような。それとやはり39,41小節の上昇の勢いとスピード。41小節もまだ納得いくように吹くには時間がかかりそう。

 うちの方の先生は、♭から♯、♯から♭と変わる時のメロディの感じの出し方が大事でしかもそれが難しいと以前言っていたような気がします。


E-KOMO
あおさん、さっそくありがとうございます。
今、雨は上がったのですが、ひんやりしてて・・・夕方から窓を閉めています。室温22度。温度的には快適なんだけど・・・。

「春の歌」はメンデルスゾーンですね。
「ロマンス」のほうは
<出だしのFの音が深い音で出られるかどうかで、それからの演奏が気持ちよく吹けるかにかかってくる・・・>本当にその通りだと思います。自分なりに思うような音ででられるときとそうでない時・・・まだばらつきがあって・・・。
カデンツのところでは、音が低くなっていくところで音色が薄くならないように、高音まで同じ音色で吹くように言われました。

<♭から♯、♯から♭と変わる時のメロディの感じの出し方が大事でしかもそれが難しい>これも同じことを言われました~。

少しずつ伴奏も付けてもらいながらやってます。伴奏が入ると気分がまた変わります。でも、伴奏は、なかなか難しいらしいです。



-
こんばんは

 またまたお邪魔を。

「カデンツのところでは、音が低くなっていくところで音色が薄くならないように、高音まで同じ音色で吹く」まさにその通りですね。

 E-KOMOさんの強みは伴奏とともにレッスンが受けられることですね。これはとても羨ましいです。なかなかそういう先生いらっしゃらないのでは?本当に素晴らしい先生に恵まれていますよね。本番も同じ気持ちで出来ますもの、あとは自信を持ってやれば絶対大丈夫ですよ。

追伸 学生時代は何のクラブでしたか?知りたがり屋です(笑)。


E-KOMO
あおさん、先生は、本番で生徒皆の伴奏をしてくださるんですよ。
多い時は10数人くらいとかの時もあります。やはりかなり練習なさるみたいです。こちらの吹き方、ブレスの取り方とか細かいところまで合わせてくださるので、とても吹きやすいです。
あとは、私がどこまでレベルアップできるか、だけですよねv-388

大学のクラブはギター・マンドリンクラブでした。
ギター弾いてました。v-402


あお
おはようございます

 昨日は夜遅くまでコメントのご返事いただき申し訳ございません。今、読ませていただき、私、心臓が飛び出そうに驚きました。その訳は最後に。順序良く読んでくださいよぉ(笑)

 先生当日も伴奏なさるのですね。すごいですねぇ。当日は別の方がいらっしゃるのかと思いました。10数人の方の伴奏されるなんてどれだけパワフルな先生なのでしょう!!素晴らしい!!尊敬!!

 初めのお話に戻ります。実は私も学生時代マンドリンクラブにおりました。以前オーケストラで弦楽器を弾いていたと申し上げたかと思うのですが、マンドリンをあまりご存じではない方もいらっしゃるかと思いそう書いたのですが、本当に驚きました。京都で会食されたのが、「クラブの友人」とありましたので何の気なしにどんなクラブにいらしたのかなと思って不躾にもお尋ねしてしましました。私が想像していたのは(笑)水泳部、ワンダーフォーゲル部、スキー部、合唱部…。器楽部でもまさかマンドリン、ギター部ですとは。本当に不思議なご縁ですね。卒部からは、以前からのピアノを続けてましたので、何回か当時の方たちが、アンサンブルやオーケストラを組んでやっているのに誘われましたが、参加しませんでした。そしてある時突然フルートを。

 E-KOMOさんとの距離が、また縮まったような。これ以上の偶然がまだありますかしら。ちょっと怖いですねぇ。


E-KOMO
あおさん、そうでしたか~~。いやぁ、びっくりです~~~~!!
オーケストラってお伺いしていたから、ヴァイオリンとか勝手に想像していましたっ。

マンドリンは、確かにマイナーな楽器かもしれませんねえ~。
私は、ギターを教えてもらいたくてマンドリンクラブに入ったわけで・・・。朝の満員電車にギターケースを抱えて乗って白い目で見られたとか・・・懐かしい思い出です。クラブ活動の傍ら、個人レッスンにも通いました。「アルハンブラ宮殿の思い出」、ギターの名曲ですが、夢中になって練習しましたよ~。ああー懐かしい~。所属したクラブは違っていますが、共通のお話がこちらの方でもできそう~。合奏もできたりして?いやぁ、何だかうれしくなってきました。


私のフルートの先生。パワフルでしょう?
ピアノは専門外だとおっしゃりながら、見事にこなされます。スキーも相当な腕前?水泳ももちろん。ワインが大好き。いろいろなところで一直線で、ほかが見えなくなるのが欠点だって笑っていらっしゃいますが、そんな所も魅力です。


あお
こんばんは

 E-KOMOさんの方はギターとマンドリン以外はどういう楽器が入るのですか?私の方は、一応オーケストラ編成で、マンドリン、マンドラ、セロ、ローネ、ギター、クラリネット、フルート、ベース、曲によってパーカッションです。4年間、学部よりクラブの方が熱心だったかも。十数都道府県、無料で演奏旅行にも連れて行ってもらいました。今ではとても良い思い出です。

 卒業してからある時、私もギターがやりたくなって、買ったことがありました。そして独学でほんの少しだけ弾けるようになった時、NHKのギター教室の生徒募集があって、図々しくも受けに行ったことがあります。弾けない人が対象だったのでいいかと思ったのですが、きっと弾けなさすぎてもダメだったのでしょう(笑)。落ちました。「ラグリマ」とか「禁じられた遊び」とか自己流に弾いていました。

 E-KOMOさんは今でもギターは弾かれますか?本当に御家族で、いろいろな演奏会ができますね。


E-KOMO
あおさん、おはようございます。
アンサンブルの編成の中で、ローネ、クラリネットはなかったような気がします。細々と活動しているクラブでしたから、演奏旅行のようなものもありませんでした。
あおさんの大学のクラブは、知名度からいっても相当なものだったのでは?学生時代に演奏旅行なさったなんて、素敵な経験をお持ちですね。うらやましいこと~。

NHKのギター教室は、毎回ではないけれど見ていました。そこでお見かけする可能性もあったのですね。面白いめぐりあわせで・・・びっくりします。
ギターは、ご近所で練習なさっている方がいらっしゃって、少しだけアンサンブルをしてみたことがありますが、ブランクはやはり大きいです。ポジションをすっかり忘れているし、弦を押さえる指先が思うように行かなくて・・・。
禁じられた遊びは有名だけれど、ラグリマも?なつかしい~、弾きましたよ~。
ハンドメイドの楽器ですが、黴臭くなるので、時々空気に当ててやる時ぐらいしか触っていません。v-12

コメントを閉じる▲
モイーズ24
音出しとしてずっと取り組んでいたNo4のヴァリエーションとNo10のヴァリエーションにOKが出た。
どちらもスラーの1オクターブの連続。
1オクターブが飛び出さないように、しかも、曲として流れて演奏できるように、が目標だった。
これを結局6か月ほどやった。音の出し方が変わったとでもいうのだろうか、中音の吹き方も含めて非常に勉強になったのは確かだ。自分でも音色が変わったように思う。どの曲でも、どの指遣いでも、指回しが難しくなってもその吹き方が保てるようにしたいものだ。
次はそれを使って、もう一度No1をやる。自分でできるだけ精一杯歌って吹くのが目標。試されているのかな?頑張らねば・・・

ケーラーNo9
前回課題だった、お腹を作って吹くこと、がかなり改善できてきた。もう少し~~。

ロマンス
ブレス前の音が抜けてしまっているらしい。ポイントは、ここでも、お腹の使い方なんだよね。
3F♯の音、楽器がなるところまでまだ吹きこなせていないと言われた。良い音で1F♯→2F♯→3F♯ともっと吹き込んで楽器に覚えさせる必要があるそうだ。


そして土曜日はアンサンブル。
4パートに分かれて文部省唱歌「虫の声」前田憲男編曲をやった。

最初の音出しは、いつも、遠くのビル群を見ながらする。練習室は18階。
音出しの間にも先生は細やかな指導をしてくださる。

譜面台と楽器の間の空間だけで鳴らさない。もっと遠くに飛ばすつもりでふき、部屋全体に響く音を聴きながら吹くことで音が変わる・・・。ロングトーンに拍が感じられない。それを意識して吹くと音がもっと生きてくる・・・とか。

今回の曲は、効果音のような音も混じってなかなか難しいけど、面白い感じの曲だった。
次回、仕上げの予定。


【2013/09/01 22:12】 | フルート
|