昨日のアンサンブルレッスンで、先生からそう言われました。
最初の音出しで音階を吹いていて、高音のDの吹き方を一人一人、順に直してもらっていたときに言われました。

お腹を使って・・咽喉を開けて、(咽喉仏を下げる感じ)・・・肩が上がってはいけない、余分な力を抜いて・・・ 体が共鳴箱、鼻腔共鳴させて、背中でも響かせる感じ・・・チューペットの出口のイメージ?・・・
注意点を、あれこれ考えながら吹いていました。たぶん、音よりも、理屈が前面に出ていたとでもいうンでしょうかね。

私を見てくださったあとで「もっとあほになりなさい・・・」って。
あ、そのとおりや~と思いました。まさに<言いえて妙>で。
先生らしい、あったかいアドバイスの言葉やな~とも思いました。
そんな風に言ってもらえてうれしかったとでもいうか・・・。

アンサンブルは月1回。昨年10月スタートで、1回休んだから、先生とのおつきあいは昨日で11回目。
それやのに、見事に見抜いてはると思いました。

ずっと習っているM先生の個人レッスンの時も、頭でわかろうとしてしまうみたいです。「まず、頭で理解してそれから前に進むタイプなんですね」とM先生に言われたことがあります。

始まったばかりの歌のお稽古でも、ついその癖が出て、「なんぎな生徒やな~」って言われたばっかり。。。


夕食の時、夫に「あほになりなさい」と言われた話をしました。
「クククク・・・」夫は、ひっくり返って笑って拍手してました。


「今度の個人レッスンで、M先生にその話をしてみよか」
「きっと、笑いをこらえるのに苦労しはるで~。」




スポンサーサイト

ケーラー NO3
高音にあった吹き方、中音にあった吹き方、低音にあった吹き方を改めて教わった。
何度もやっているけれどまだ身についていなくて・・・。エチュードが変わるたびにやっぱり直されている。

ノクターン
ピアノ伴奏なしで、細かいところをみっちり見てもらった。
特に中音の響きを徹底的にチェックしてもらった。
フレーズの終わりの中音、ターンやトリルの中の中音、4連符5連符の中音・・・
高音から中音に跳ぶところ。
先生からOKが出るまで吹きなおした。
重点的にさらう課題が明確になった

この1週間、家で、メトロノームにあわせて正しく吹く練習をし直していた。

揺れて吹いたり、強弱をつけたり、曲を作っていく(仕上げてもあまり変わり映えがしないのが悔しいけどまあ、それなりに)まえにきちんと押さえておかねば・・・がんばろっ!

昨夜の合唱団で新しく渡された楽譜は、
『心の窓にともし火を』

 いじわるこがらし~ ふきつ~け~る~

「これ、ザ・ピーナッツやん?」すぐに分かったメンバーがほとんど。
「ザ・ピーナッツは知ってるけど、この曲は・・・」とあまり詳しくない人もいれば、「生のテレビでは見たことがない」というお若い人もいて・・・。

懐メロ・歌謡曲・・・という感じだけれど、中田喜直さんの曲で、一時、高校の音楽の教科書に掲載されたこともあるのだとか。

<ふきつーけーる> <ぼろシューーーズ> <シンデーレーラ>
この間からやっているアタックの練習にぴったり、さらにここではアタックの裏表も使って歌うことがポイント。
なけてくるよな よるだけど
途中からは二部合唱。頭の中にはやっぱりザ・ピーナッツの映像が・・・二人向き合って歌ってたな~。白いどれすだったかしらん?
低音パートを選択したのは3人、高音パートも3人。
低音パートを選択した私、微妙な音程が取れず少々ウロウロ。しっかり歌うもう一人の女性に頼りっぱなし・・・


最後に、先週やった『遥かな友に』、と『小さな木の実』を歌って終了。

午前中にフルートを練習。

早い目の昼食を済ませプールへ。
25×8(チョイス)
25×1(キック)・50×1(スイム)を4セット
25×1
100(3分持ち)×5・・・100m5本は初めて。
25×1
25×8
合計1250m

そのあとすぐ1号ちゃんのスイミング。みんなを連れて来た娘と入れ替わって、二号クン三号クンを引き取り、帰宅。二号クン、三号クンは車の中で居眠り・・・帰宅後、続けてお昼寝。
プールから帰って来た1号ちゃんも合流し、おやつ。 おままごと・レゴ・・・
夕方、三人を娘宅まで送り届け、コーラスの練習へ。

今日はこれで、お・し・ま・い





兵庫県立芸術文化センターである「題名のない音楽会」の公開録画に応募していました。
阪神間のホールで催されるのはたぶん初めて。しかも二日間!

この番組は好きで、いつもテレビで見ていました。
生で見られるなんてめったにないことやん?
張り切って二日分の申し込みはがきを出しました。

今日その返事が届きました。・・・二通とも見事落選でした!  応募者多数だったようです。
IMG_1141.jpg


そのはがきに、次回の公開録画のお知らせが書いてありました。
<12月に文京シビックホール>というところであるらしい。<次回のご応募をお待ちしております・・・>やって~。
文京シビックホール?何処にあるん?そんなん知らんわ~・・・

必要な書類は戸籍謄本・住民票・所得証明書・・・。
前日から準備し、朝から市役所に行ってきました。
10月に65歳の誕生日が来るので、年金請求のための提出書類を揃えておいて、誕生日前日にはさっさと郵送してしまおう、と思ったからです。
手続きの案内書類には、65歳の誕生日前日以降に書類を送るよう書いてありました。

市役所で、それぞれの書類交付申請書を書き、窓口に持って行くと、係りの人が
「誕生日前日になってから発行したものでなければ受け付けてもらえないはず」と言われるのです。
以前にも、提出書類を取り直しに来た人がいらっしゃったとか・・・。
「え~、ほんとですか?」腑に落ちない様子の私を見て、「年金ダイヤルで確かめてみましょう」係りの人はその場で電話をかけてくださいました。
「やっぱり、だめみたいですよ。電話代わりましょうか?」

『65歳の誕生日前日に受給権が発生するので、その日以降の戸籍・住民票でないと証明にならない。その日までに何かあるといけないので・・・。』が、年金ダイヤル担当者の返事でした。

(あ、なるほど。今日から10月の誕生日までの間に受給権が無くなる…例えば?のようなことがあるかもしれないってことなんやね~・・・恐れ入りましたっ!)

家に帰って案内の書類をよく読んでみたら、<誕生日前日以降の書類>とちゃんと書いてありました。(お粗末!慌て者!!


交付書類はおそらく3通で千数百円。窓口がすいていたとはいえ、電話までかけて確かめてくださった窓口の方の対応は本当にありがたかったです。
お役所仕事という言葉が、一時よく言われたけれど、もう今は違うんですね~。

10月になったら、今度はもう一度書類をよく読んで出向くことにします。

スイミングレッスン、都合で2回抜けてしまい、今日は久しぶりのプールでした。

25×8(アップ)
50×4(1分30秒・1分40秒・1分50秒・2分)
25×1(イージー)
100・75.50.25×1(25mにつき45秒持ちで)
25×1(イージー)
50×7(1分30秒持ち)
ダウン25×8

合計1250m

2回のレッスンを休んだ間に気候が少し進んで秋になっていました。
水温はかなりぬるい目。
アップが終わるころには、水が重く感じられました。
やっぱり、少し冷たいと思うくらいが適温?

週2で二回休んでしまうと、復帰後のスイミングは結構きつく感じることが多いのですが、今回はけっこう気分よく泳げました。お風呂での自主トレ?がけっこう効いたかな?

「ノクターン」
レッスンのポイントをまとめると<フレーズの流れを作る。>ということに尽きるかと・・・。

息のスピードが速くて薄っぺらい音になっているところ。
吹きすぎているところ。
数えて吹いてしまっているところ。
おして吹いてしまっているところ。

直さなければならないところがあちこちにある。
楽譜は書き込みだらけになってきたけど、書き込みの部分がなかなか身につかない・・・

まだまだだね~。


レッスンの日の朝、二号クン、三号クンを預かった。
ジイチャンと遊んでいるから、いつもの練習部屋にこもって練習できるかなと、「お稽古してくるわ~」と二人に言ったら、「おけいこしゅる」と二人もついてきた。
二人はジイチャンにリコーダー、スネアドラムを出してもらってのお稽古?それからピアノも・・・。
防音してあるとはいえ、大丈夫か?と思うほどの騒音。
そんな中で音出し。エチュード、ノクターンも・・・・
おかげで、みっちり練習できた~

合唱団の練習がありました。
いつものようにトレーニングした後、発声練習。
それから合唱をしました。
曲は、小さな木の実、遥かな友に、ウエルナーの野ばら

欠席者が多くて、出席者は、男性も女性も2人ずつでした。

今やっている曲はどれも二部合唱。
男声も女声もそれぞれ二部に分かれました。
女性の二人は高音パート・低音パートを入れ替えながら歌いました。

高音パート、低音パートどちらも二人ずついるのですが、歌ってみると、まるで一人ずつで歌っているみたい。ソプラノとテナー、アルトとバスは全く同じ旋律なのですが、声の高さが違うのでそう感じたみたいです。
音程を外さないように・・・・咽喉を開けて・・・お腹を使って・・・それこそ必死で?歌いました。でも、あちこちでフラフラ~。それがわかるので冷や汗が流れました。
「小さな木の実」は大分歌っているので、まだましでした。「よかった~」指導者からはそんな言葉をかけてもらいました。
「遥かな友に」は初めて。途中から二部に分かれます。譜読みして歌いました。う~ん・・・
「野ばら」が一番ひどかったです。


疲れました。。。


合唱団の練習を続ける?あきらめて止める?悩み中の私に
「歌、見たろか?」
身近な、ある方からありがたい?申し出がありました。
その方は、非常に身近な方です。
「う~ん、レッスンなぁ・・・・」身近過ぎて、教えてもらうのはいささか抵抗があります。
けど、レッスン料は無料やし・・・

今の私、歌を歌う声になっていなくて・・・・、自分でもよくわかっているのです。
ただ救いは、4月から始めて、ほんの少しだけ(ごくごくわずかです)ましになったかなと思えること。練習を続けたら、歌う声が出せるようになるかもしれん?
一日考えて(単純・・・)申し出を受けることにしました。

で、昨日がその一回目。
お腹を使う、横隔膜を下に広げるイメージ、咽喉を開けて、舌根を下げて・・・・<あ~~~~>
約40分、ひたすら発声のトレーニングが続きました。

防音工事をしてもらっているので、酷い声でも気にせずに出せました。(いや、まあ正直なところ、最初は羞恥心がちょっと残っていましたが・・・)

せめて、他のメンバーの方に迷惑をかけない程度にまでできたらうれしいのですけれど。。。

合唱団の練習、週1のペースで参加しています。
子育て支援終了後に行くので、相変わらず遅刻です。
おまけにその日はスイミングのレッスン日、なかなかハードな一日です。

先日から、アタックの練習も始まりました。
ロングトーンで、全音符のはじめでアタック、4つアタックして4つ伸ばす・・・・いろいろあります。
アタックではかなりお腹を使います。
フルートでそこそこお腹を使っているつもりだったけれど、まだまだやったな~、と思い知らされるほどお腹がくたびれます。
「音楽的にはおかしいですが、歌も全部アタックを使って歌ってみましょう・・・」
『小さな木の実』を(あ~)で歌いました。
ずっと高音が出にくかったのに、アタックを使うと少し楽に出せました。のどで高音を出そうとしていてそれで苦しかったみたいです。フルートと同じようにお腹で出していたつもりやったんですけどね。
それから、必要なところだけ必要な大きさでアタックを使う、コントロールの仕方を練習しました。


春にスタートしたこの混声合唱団、実は夫が立ち上げたものです。
メンバーはまだ7人。それにピアニストと指導者を加えて9人。。。。ささやかなもんです。


私以外のメンバーの方は、みなさんかなりの合唱経験者です。
学生の時だったり、社会人になってからだったり、現在も活動中だったり・・・。
最近、とみに良い声が聴こえてくるようになりました。ブランクがあっても鍛えるとやっぱり違います・・

その点私は、高校で少々歌っていたとはいえ相変わらず酷い・・・。音程が安定しないし、かすれる・・・・etc.
でも、最初、メンバーが足らんから入ってと言われて入団、そのまま居続けていて。。。
夫はそのうちましになるから、そう言ってくれるのですが、みなさんに迷惑をかけているのも事実で。。。。

メンバーがそろったら身を引く?そやけど、歌うの、たのしいしな~。
どうしたもんか・・

そう思いながら、けど遠慮せずに大きな声で歌っている私です。(そやから、大阪のおばさんは困るんよね~)

モイーズNo8 Va1
タンギングが下手くそ。特に同じ音のタンギングでスラーのフレーズが切れてしまう。
スラー、タンギングを交互に練習すること。

ケーラー No2
ブレス後の入りかた、吹きすぎて壊してしまうところ、指がパタパタして壊してしまうところ・・・直すべきところはあるけれど今回はこれでおいて次に進む。

ノクターン
細部を何か所か取り出して見てもらった。
今はf、Pに余りとらわれず、音の響きを出すことに重点を置いて練習すること。

細部をちゃんと仕上げて、それらをつなぐことができたら良い演奏になるはず・・・
先生はそうおっしゃったけれど、それがなかなかできないんだよね。


一号ちゃんがスイミングに行き始めてから5か月が過ぎました。

一号ちゃんが入水するのは、バアチャンのレッスンの日。一コマおいて一号ちゃんのレッスンが始まります。

ママが幼稚園帰りの一号ちゃんと、二号クン三号クンを連れてプールへ。
一号ちゃんは着替えて入水。
ママが残って、バアチャンが一緒にきた二号クン、三号クンを連れ帰る。
という手筈で進んでいました。
うまくいけば、二号クン三号クンは帰りの車の中で居眠りをはじめ、そのままお昼寝してくれたり・・

ところが最近になって、二号クンが、「バアチャンと帰らん、おかあちゃんと一緒にいる」というようになって・・・
バアチャンがそのまま残って一号ちゃんを連れて帰るということにしました。三号クンは、バアチャンと一緒に帰りたかったようですが、チャイルドシートのこともあってそうもいかず、二号クンにお付き合い。

バアチャンにとっては、一号ちゃんが練習するのを見るのは、それもまた楽しいことで・・・

毎月月末は進級テスト。
一号ちゃんは、毎月、合格のワッペンをもらっていて、でも、今はまだ「顔つけ10秒ができる」段階。
そもそも4月の最初のテストが<泣かない。顔洗い>、次は<自転車こぎができる>それから<顔つけ3秒><次は5秒>・・・というような設定で、遅々として進まない、周りの大人にとっては、いささかもどかしいような感じもありましたがレッスンの様子を見学するようになって、その設定にも納得がいきました。


コーチは一人ずつとても丁寧に見てくれています。初心者は、一人のコーチに6人ぐらい。この間は水の中での立ち方を教わっていました。(水に顔を付けたまま、膝をお腹に引き寄せて立つ)それを一人ずつ順に。。。。
≪大人は言葉で説明できるけど、子供は体で覚えさせるんやね~≫
キックも一人ずつ、コーチが足を動かしてくれます。そしてそれをいろいろな方法で。
飛び込み台に立って足から飛び込んだり・・・プログラムも多彩、1時間のレッスン中、ずっと飽きずに居られるみたいです。

一号ちゃんは、ずっとにこにこ。実にたのしそ~。
この間は、コーチに支えてもらって上向きにぷかーっと浮いて・・・二階ギャラリーにいるバアチャンを見つけて手を振っていました。

<カッター>を使うと便利・・・例のプールのパソコンの「先生」が教えてくれました。
「このプログラムはフリーだから、ダウンロードしてタスクバーに入れておいたらいいねん」

「先生」は簡単にいうけれど、習う「生徒」はみんな、パソコンにあまり詳しくない者ばかり。

パソコンを使いこなしておられる方には、どおってことない作業なのでしょうが、私たちのような<メールがやっと組>ではいろいろと問題も発生して。。。。

ダウンロードしてタスクバーに入れる作業方法について、プールの合間に個人レッスンを受けたり・・・。
<カッター>での作業部分がメールでうまく表示できなかったり・・・(Outlookを使っていたためにLiveメールでは表示できなかったらしい???)

いろいろおこる問題は、すべて「先生」が解決してくれました。毎度のことですが・・・
おかげで、できた者から順に<カッター>を使ってできた作業の結果をメールで一斉送信、というところまでたどり着けました。
手取り足取り・・・というのはこのことですね。


結果、以前出来なかった、
<ワードで作成した文書> をブログにアップ
作成文書
ということもできるようになりました。

モイーズ24 NO8
中音Cの入り、OK。フレーズの山をちゃんと作る。
次回、Val.1

ケーラーⅡ №2
一回目のレッスンよりフレーズが作れている。

指がなめらかに運べないところが気になって、これも、№1同様もう一回見てもらうことにした。

Nocturne op9‐2
レッスン3回目
毎回、前よりよくなってきているので、この調子で・・・。
指回しが速いところもなんとか回るようになってきた。
この後テンポを揺らしていくので、もう少し確実に吹けるようにしておくこと。


自分で決めたブレス位置まで息が持たない。家ではちゃんと保って吹けるのに・・・そのせいで、音楽が崩れてしまう。
テンポが遅い?ブレスが浅い?口元が安定しない?指に力が入ってパタパタしている?
原因はいろいろ考えられる。直さないと・・・・


You Tubeでノクターンを検索すると、まあいくらでも出てくる。さすがにフルートは少ない。ほとんどがピアノ演奏。著名なピアニストから素人さんまで演奏は様々。子供のころピアノを少しかじって、大人になって再び弾き始めた人もたくさんいらっしゃる。中には大人になってから始めた人も・・・私も、練習してみたくなった。

プールのメンバーで、ビアガーデンに行って来ました。
本当は8月末に予定していたのですが、雷雨で中止。
レディスデーを予約し直して行ってきました。

飲み放題、食べ放題
総勢10名。
6時過ぎから「蛍の光」が流れるまで、食べて、飲んで、しゃべって・・・。

メンバーが同じでもお昼にしゃべるのとはやっぱり違う・・・。
アルコールが入り、夜風に吹かれ。。。
みんなそこそこの年齢。付き合いもずいぶん長くて・・・
プールで泳いでいるときにはあまり見せないけれど、それぞれいろいろ抱えて毎日がんばっているんや~・・・シミジミ思った夜でした。


そして昨日は通常レッスン。
参加者は、さすがに少々お疲れ気味。大事を取っての欠席者も2名。

「あんまり泳いでないのになんか、いつもと違いますね~。」
「水面に、においが漂ってますよ~
(ええっ!まさか・・
コーチにはしっかり見抜かれてしまいました。

今年は、「雷の夏」だったとか。先日の新聞記事にありました。大きな被害もありましたね~。

このあたりでも、5月末、近くの電柱のトランスに続けて二個も落ちる被害がありました。
そのショックで停電。
ちょうどお昼前で、12時に炊きあがる予定のご飯は、最後の蒸らしができなかったけれど何とか食べられる状態。
冷蔵庫があけられず。
テレビもアイロンもミシンも掃除機もPCも電話も、当たり前だけれどみんな使えなくてとても不便でした~。

関電への連絡は携帯で。
関電が修理に来てくれたのは3時間後。
でも、停電だけですんでよかったというか。。。


被害はもう1つ。
二号クンと三号クンが、雷恐怖症?にかかったのです。
大人でも飛び上るほどの雷鳴を何度も経験してしまったのでしかたがないのですが・・・。

空が暗くなってくると、「こわい~」と言い始めます。何時だったか、遊びに来ていた時も、いきなりの雷鳴で、「わ~っ!」とバアチャンのところに泣きながら跳んできました。
ご飯を食べているときでも、遠くで稲妻が走りはじめるとブルーになってしまいます。
雷鳴がとどろいている間は、母さんか誰かにしがみついていないとダメなのです。
娘一人の時は、二人を抱えて身動きできない状態になるらしいです。
さすがに一号ちゃんは強くなりました。我慢できます。
食事の準備の時間帯に雷が重なると、ベビーシッターが登場するという大げさなことに・・・

最近の二人は、雷の話題だけでも苦手です。
この間、懐中電灯をおもちゃにするので「雷の時に電気が消えて真っ暗になったら懐中電灯をつけないとあかんから、おもちゃにせんとこな~。」じいちゃんにそう言われただけで、涙目になっていました。

朝夕が少し涼しくなって、秋もそう遠くないと思うのですが、雷騒動はいつまで続くのでしょうか?

IMG_1132.jpg

プールのメンバーでの連絡は、パソコンのメールですることが多いのですが、私を始めとして、メールだけはできても、ウインドウズ7がうまく使いこなせないメンバーが多くて・・・

勉強会を再開してもらえることになりました。
先生は、私より10歳上の女性。バタフライがお得意です。

以前は、みんなで集まってやっていたのですが、10人近くのメンバーが集まってするのはなかなか大変。
ということで今回は、メールに資料を添付して送ってもらう形での勉強会になりました。

勉強会は、「ワード2010全般の説明」、「ワードで案内文を作ろう」、「ワードで作る表」と進んできました。
「案内文」、「表」にはそれぞれ見本があります。作成の順を追っての詳しい説明があり、それにしたがって各自でパソコンを操作していけば見本と同じものが出来上がるという仕組み。
リボンのどの部分を使えばいいのかも含めて、非常に分かりやすい解説がつけられていて、私でも迷わずに作業できるのです。分からないところは、プールで会ったときに聞くこともできるし・・・。

月に一度くらいのペースでテキスト(そう、本当に分かりやすい<テキスト>なんです・・・)を送ってくれるそうです。
おかげで、ワードの使いかたが少しわかってきたみたい~。

数年前に教えてもらった家計簿は、毎年作り変えて使っています。自作の家計簿なので、少しずつなら形式を手直しすることもできます。ほんと助かる~。

「勉強会が一通り終わったら、何かお礼せんとあかんね~。」
「やっぱ、ビールやろか?」
そんな話もちらほら・・・です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。