いつものように、音出し、エチュード・ケーラー2巻No1、曲・タイスの瞑想曲
と言う順で見てもらった。

タイスの瞑想曲のレッスンのところまで来てやっと、先生の声のトーンがやわらく変わった。
「最近ようやく出せるようになってきている丸みのある音が、今日のレッスンの中でやっと出せましたね・・・」


「タイス」はゆっくりした曲。
音だしの「タファ・ゴベ」も、ケーラーも、16分音符の連続で速い。
私は、速いのが苦手だ。
指が回らないし、楽譜に目がついていかない。
それまでのケーラー1巻やアンデルセンは先生のお目こぼしもあってなんとかこなせた。

(今度はケーラーの2巻やし、いつまでもそんなわけには行かないわなぁ~)自分に言い聞かせ、それなりに気合をいれ、指回しの習得に時間をかけてさらって、もって行ったつもりだった。
先生の言われるテンポ<今回は四分音符=80>もクリアできるように練習した。
無駄な息遣いにも注意して練習したつもりだった・・・。

先生の前で必死で吹いたけど、先生は渋い顔。
吹きながら、たくさ~ん注意された。

要するに、
テンポを速くすると息のスピードが上がってしまい、吹きすぎて音が壊れる。
フレーズ感がなくなる。
ということ。


いままでも散々言われてきたことだ。それが直せていないらしい。情けないけれど、必死で吹いていて自分の音が聞けていないということ。

エチュードでありながら一つの曲になっているケーラー2巻は、特に曲として吹けなければレッスンは進ませられない。
2巻は相当厳しいレッスンになる。時間をかけてきっちり欠点を直す・・・
1曲目のスタートから厳しいことを言いますけれどネ・・・って。
ここで速いテンポのものでも音を保って吹けるようにしておかないと伸びない・・とも。


今まで発表会では、速い曲は敬遠し、ずっとゆっくりしたテンポのものを選んできた。
いつまでも同じことの繰り返しで、欠点を克服しないでいると、前には進めないと言うのは分かる。
もうこの年になっていまさら・・・という気持ちもないわけではない。
でも、でも、ほんの少しでも前に進めるなら進みたい・・・という気持ちもやっぱりある。
先生がそうおっしゃって下さるのは、ありがたいことで。
ただでさえへたくそでレッスンが進まないのに、もっと時間がかかりそうといわれたら、気持ちが萎えてしまいそうだけれど。
まあ、とりあえず行けるところまで、がんばってみようか・・・・。

気持ちを切り替えて、昨日から取り組みを開始!




「タイス」は、八月中に暗譜。発表会は11月。
余裕を持って吹けるようにするんだって!!!
この日の先生は、とにかく凄くパワフルでした。
スポンサーサイト

久しぶりに、孫ネタです。
相変わらず、毎日、ヘルパーをしています。

双子は二人ともしっかり歩くようになって、娘宅からでも坂を上って歩いてやってきます。
一号ちゃんはいいとして、二号クン・三号クンは勝手に好きな方向に行ってしまうので付いて歩くのは大変。娘は平気で歩かせていますが、バアチャン、ジイチャンの場合はもう一人助っ人がいないと恐ろしくてできません。娘は一号ちゃんを助っ人にして歩いている見たいですが・・・。

昨日も、ピンポンの音で出てみると、二人が玄関の石段を、手と膝をついてよじ登ってくるところでした。


このごろの二号クン、抱っこをせがむことが少なくなりました。部屋のどこかで遊ぶものを見つけて一人で座り込んで遊んでいます。反対に三号クンのほうがバアチャンの後を付いて回って抱っこをせがむのです。


春ごろはそれが反対でした。
三号クンは何処へでも歩いていけて、好き勝手に遊んでいました。でも、その頃の二号クンは伝い歩き専門。
しょっちゅう、ママにもバアチャンにも抱っこしてくれとせがんで大騒ぎしていました。
三号クンみたいに歩きたいん?抱っこの代わりに、両手を持って歩かせてやるとご機嫌。
それから、家の中でも家の外でもそれをしていました。その結果、二号クンもあっという間に歩行が上達。三号クンが自由に歩き回っているのを見て、「あちこち動き回りたい~。」二号クンもひそかにそう思っていたのかもしれません。

自由に歩きまわれるようになって、めったに抱っこを要求しなくなった二号クン。
一方で、後を付いて回ってぐずっている三号クン。
三号クンは、次の「新しい境地」を開拓したらまた一人で遊びだすに違いありません。



成長の、一歩先を行く三号クンと、後を、ゆっくりマイペースで追う二号クン。
なかなか面白いものがあります。



発表会の曲を、「タイスの瞑想曲」に決めました。

今まで何度か「吹きたい~」そう言っていたのですが、先生のお許しが出ませんでした。
今年「できれば~」と、おそるおそる出してみたところ、「そろそろ良いかもしれませんね」とのお返事で。

最終的には「バラのワルツ」と「タイス・・」のどちらかと言うことになって、いろいろ考えて「タイス・・・」を選びました。

先週、さっそくレッスン開始。
最初のフレーズ。感じがつかめているようでとりあえず通過。

何年か前までは、曲の最初のフレーズが作れないからと、前に進ませてもらえなくて、そこばかり練習していたことがよくありました・・・。それから考えれば、ちょっとくらいは進歩できているようです。

タイスを最後まで吹くとかなりしんどいです。
発表会まで、練習を通して学ぶことも山ほどあると思います。
がんばらねば・・・・。

今年、菜園用のきゅうりは二種類の品種を植えました。
一つは「夏涼み」、もう一つはなんだったか?・・・とにかくイボの目立つきゅうりです。

ゴーヤときゅうりは並んで植えてあるので、苗が大きくなった今は、ツルが入り組んでしまっています。
で、収穫のとき、葉っぱのかげになったきゅうりとゴーヤは見間違えそうになることもしばしば。

今朝の収穫がこれ。
IMG_0875.jpg

昨日収穫しなかったので、成長の早いきゅうりは、今日はたくさんぶら下がっていました。
中には、少々肥満気味のもありました~。

手前が「夏涼み」です。
ゴーヤは、まだ太くなりそうですが、今夜の夕食用に採りました。

たくさんのきゅうりは、「焼酎漬け」にします。

ぶつ切りにしたきゅうりをジッパー袋に入れて、砂糖、塩、焼酎(35度くらいのもの)で少しもみます。
1時間くらい置いて水が上がったら、粉からしをいれ、もう一度混ぜ、そのまま1~2日ほどおくと食べごろになります。
これが、ご飯にもビールにもよく合う・・・。

娘は、生きゅうりはもちろんですが、焼酎漬けの宅配がお望みのようです。



今から、さっそく焼酎漬けにかかって、それからプールに行きます。

今日は月末の週。
世界水泳が始まって、コーチも気合いが入っていそうです。
どんなメニューになるか、ちょっと恐ろしい感じ・・・・。

今年も、ゴーヤのカーテンができました。
南側は、天井部分もできて、ほぼ完成。西側は、自家製の苗で成長が遅かったので、まだ十分に茂ってはいませんが、おいおい葉っぱも増えるはずです・・・。

IMG_0867.jpg




こちらは、南側。
家の中からの様子です。
さすが「丈長ゴーヤ」だけあって、30センチくらいのがぶら下がり始めました。
IMG_0870.jpg


今年は全部で7本。
日よけ効果を考えて植えたのですが、これだけの本数があると、ゴーヤの消費が追いつきません。
トマトやきゅうりは、娘のところでもせっせと食べてくれるので、あまることはないのですが、ゴーヤはねぇ~。
孫達のお口にはまだちょっと無理のようです。

朝・昼・晩、せっせと食べようねっ、お父さん!

室堂で見かけた花です。

チングルマ
チングルマ
         
       イワカガミ IMG_0794_9_1 イワカガミ
          
               クルマユリ  クルマユリ   

ツガザクラ ツガザクラ

                 IMG_0796_7_1.jpg
  
   
                         IMG_0801_5_1.jpg
ニッコウキスゲ
IMG_0805_1_1.jpg

花の名前は、一応調べてみたのですが・・・たぶん・・・ということで。
イワカガミとチングルマは数年前、乗鞍岳の花畑で可愛く咲いていたのを見たので間違っていないはずなんだけどなあ・・・。

安曇野って、朝ドラの舞台になっている街なんですね。
見ていないので、知りませんでしたが、昼食に入ったお蕎麦屋さんをはじめ、街のあちこちで「おひさま」という文字を見かけました。
そのせいもあったのでしょうか、観光バスがやたら多くて・・・わさび園への道は渋滞中。
あきらめて安曇野アートラインに向かいました。

田んぼと畑、森の間に点在する美術館や陶芸等のギャラリー。
あたりの雰囲気は「八ヶ岳」・「富良野」といった感じ。
ゆっくり周ったら、もっと面白かったでしょうが、今回はまずアートヒルズミュージアム、とんぼ玉美術館にいきました。どちらにもワークショップがあって、たくさんの人が作品を作っていました。我々は見て回るだけで時間切れ・・・う~ん

次に向かったのは、ちひろ美術館。
いわさきちひろさんといえば、ふんわりした子どもの絵のイメージが浮かびます。
美術館で、戦争と平和についての、私がまだ知らなかった作品を見つけました。
年表や資料を通して、「世界中のこども みんなに 平和としあわせを」と願う彼女の生き方を知りました。




IMG_0822_3_1.jpg

こちらは、私へのお土産です。
孫と娘にも同じような額、そして「はらぺこあおむし」のトランプを買いました。


ちひろ美術館では、おなじみの絵、絵本に囲まれてほっこりする時間がもてました。


IMG_0813_1_1.jpg

ずっと気になっていたところに行ってきました~。


一日目
朝早くに自宅を出発。
中国道、名神、中央道、長野自動車道を走り、豊科ICで降りて安曇野へ。
アートヒルズミュージアム→とんぼ玉美術館→ちひろ美術館を回りました。

二日目は立山黒部アルペンルート。
扇沢に車を置き、関電トンネルトロリーバスで黒部ダムへ。
それから、黒部ケーブルカー、立山ロープウェイ、立山トンネルトロリーバスと乗り継いで、黒部平、大観峰、そして室堂まで足を伸ばしてきました。

IMG_0827_2_1.jpg 

関電トロリーバスであの有名な破砕帯を通過しました。映画「黒部の太陽」、NHKの「プロジェクトX~挑戦者達~」・・・・<両方とももう一度、見てみたい~>夫も同じことを感じたようでした。

黒部ダム到着後、220段の階段を上って展望台へ。息が切れました。
黒部ダムは標高1470m。高地で酸素がややうすい?まさか!!前夜の睡眠不足、または歳のせいでしょう・・・やや汗ばんだけれど、気温14,5度が心地よかった~。

ダムのスケールがあまりに大きくてびっくり。ダムからの放水も凄い迫力で、水のパワーを感じました。
問題になっている福井の原発群も、こちらのダムも同じ電力会社が建設したものなんですよね。
自然と人間の共同作業?
時期が時期だけにちょっと考えさせられてしまいました・・・。

IMG_0780_11_1.jpg


室堂では、かなりの残雪がみられました。
冬の豪雪の影響で、この夏は雪が多いのだとか。
思いがけない量の残雪が心地よかったです。


秋にある発表会の申し込み用紙を貰いました。
例年なら、今頃にはもう決定して練習を始めているのに今年はまだ決まっていなくて・・・

今年は「タイスの瞑想曲」かな、自分の中ではなんとなくそう思っていました。
そろそろ、「タイスの瞑想曲」らしく?吹けるかもしれん・・・
今まで、音は出せても、へたくそで、それらしい音楽にならないことがあまりにも多かったのです。

以前、発表会のために練習していた曲のCDを聞いた娘に「本当はそういう曲なんやね???」などと言われたこともありましたから。
で、先生から薦められたケーラーの「バラのワルツ」と「タイスの瞑想曲」の二曲で検討してくることになりました。


レッスンは、曲決めに時間が取られてしまったので、先生の伴奏で「亜麻色の髪の乙女」だけを吹きました。
けっこう気持ちよく吹けました。OKでした。
「亜麻色がこんな風に吹けるなら、タイスでもいいかな?」先生にはそういわれました。

来週まで、もう少し考えて決めたいと思います。



今日は1150m。

プールの前の夜はしっかり眠っておきたいのに・・・。
明け方、蚊で目が覚めた。
痒い・・・。
仕方がないので電気蚊取りをセットし、しばらくごろごろしてからやっと眠れた・・みたい。

プールに入ったとき、「つめた~い!」と思った水も泳ぎ始めたらあっという間にぬるく、重たくなってしまって・・・・。
コーチの指示に従って何とか泳ぎ続けたけれど・・・きつかった~。


今朝新しい水着を注文した。
夫はFINA承認の、マスターズの公式試合に出られるハーフスパッツ水着を二枚。

私はオールインワンの水着を一枚。
洋服は、いつも似たり寄ったりの渋めの色目のものを選ぶけれど、水着は思い切ってきれいな色のものを選ぶ。
今回は、黒地にグリーン系の柄が目立つ鮮やかな明るい感じのにした。
泳ぐ時くらいは、<年齢不詳>でいきたいもの~。
たのしみ~!

南部やすかさんのリサイタルを聴いてきました。

タンゴ・ファンタジア  クリスチャンセン
シランクス  ドビュッシー
ハンガリー田園幻想曲  ドップラー
ルーマニア民族舞曲  バルトーク
カルメン幻想曲  ボルヌ
アルルの女よりメヌエット  ビゼー
熊蜂の飛行  リムスキー=コルサコフ
白鳥  サン=サーンス
鮫  ビアソラ
センチメンタル  ボラン
夏のメドレー

花の街


北神区民センターの会館記念コンサートということで、まだペンキのにおいがするようなホールでの演奏でした。

南部やすかさんのフルートを聴かせて貰うのは何回目だったか・・・けっこう回数多く聴いているような気がします。いつ聴いても素晴らしい音で、音楽も魅力たっぷり、演奏に引き込まれてしまいます。
それに、全曲暗譜で・・・曲によって変わる表情、立ち姿・・・素敵でした。


今回のプログラムの中の「白鳥」、私も先生にレッスンして貰ったことがあります。
指回しはさほど難しくないのですが、なかなかうまく歌えないというか、「白鳥」にならないのです。
「優雅に、湖面をすべっていく白鳥ではなく、バタバタとばたついているアヒルですね~。」先生にはいつもそう笑われていて・・・
少し力がつくと、前よりましに吹けるかもしれない・・・と、また宿題になる、そんな繰り返しをしていました。

南部やすかさんの「白鳥」、とても美しかったです。心に染み入る、そんな感じがしました。




楽譜用の老眼鏡を忘れてしまって、楽譜がボヤッとしか見えない最悪の状況でした。
まあ、新しいエチュードや曲ではなかったので何とか吹けましたが・・・


テレマンOp.5 No2

三楽章まで通して、やっと○がもらえました。


ケーラー2巻 No1

先週よりはテンポアップできていたけれど、難しいところにあわせてやっぱり遅いテンポになってしまっていました。
速いテンポで練習してそれに慣れること。そして、もっと省エネで吹きましょう~。そう言われました。
息をたっぷり使って勢いで吹いている感じがするのだそうです。ダンプカーがどーッと走っているみたいだって

中音は低音の半分くらいの息の量とスピードで。弱く吹くのではなく、お腹で保って息の密度は濃くする。
よく響く太い音。そうすればもっとブレスを少なくできるはずだし、音楽がながれるはずだと。
要は中音の吹き方。
また同じ注意を受けてしまいました。
そんな風に吹くと、息は省エネだけれど、体力は消耗します。指や肩の無駄な力を抜くことも大切ですよね。


「亜麻色の髪の乙女」

同じように、太くて響く中音、という観点でもう一度見直してくることになりました。
確かに、出だしのDの音を先生の言われるような吹き方で吹くと、その後の音の流れも変わってくる???
同じようなことが他のところでも・・・

中音を制すれば、音楽が変わると言っても良い~先生はそうもおっしゃいました。

またまた遅刻で、みんなは1100m、私は850m・・・・

メニューできつかったのは、25m×12本。
最初の4本はチョイスで40秒持ち、
次の4本は個人メドレー順で50秒持ち、
最後の4本はチョイスで1分持ち・・・・
たらたら泳ぐと休憩がなくなってしまうんで、最初の4本と次の4本は、手抜きできひんかった・・・


ケーラー二巻 No1

途中、指が回リにくいところがあるので、その部分にあわせてテンポを遅くして吹きました。
先生から「そんなに遅くしたら音楽が壊れてしまう」とすぐにストップの声がかかり、メトロノームで早いテンポを指示されました。苦手なのは、ミソレソドソシソと高音のGの音が幾度も出てくる部分。
きれいなGの音の吹き方でその位置を保って間の音を吹くと滑らかに吹けるとアドバイスがありました。
<う=ん、確かに~>

だいたい吹けているので、テンポを速めて仕上げることになりました。


テレマンOp.5 No2

三楽章まで通して吹きました。
上のパートを吹くのは私。
どの曲も上のパートから音楽が始まります。
なのに、それぞれの入りのテンポをきちんと意識しないまま吹き始めてしまって失敗。
途中で自分勝手に吹きやすいテンポに修整?してしまったところもありました。

来週、まとめ上げるそうなので、吹き込んでおきたいです。


亜麻色の髪の乙女

全体的に音楽が硬いそうで。
先生と一緒に吹きなおして感じを把握しなおしました。
これもできれば来週仕上げ。

来週仕上げる予定の曲が詰まっています・・
大丈夫でしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。