昨夜、寝付く前、台風はすでに温帯低気圧になったとかで、雨も風もそれほど酷くはなかった。
安心して眠りについたのに・・・。
深夜から明け方までずっと激しい風。

シャッターがガタガタ揺れ、風がうなってよく寝られなかった。


睡眠不足のまま昼前にプールへ。
今日は月末で、予定ではひたすら泳ぐ日。
撥水加工の泳ぎやすい水着で出かけた。

体が重くて沈んでいる感じがしたけれど、言われるままにとりあえず最低のメニューだけはこなし、合計1300m。
スポンサーサイト

とうとう念願の楽器を手に入れました。
夫が、です。


IMG_0686_1_1.jpg


弦楽器の工房では、下から二番目だったそうです。(もう少しがんばれたらよかったのですけれど、これで精一杯。。。。 )
でも、今までのに比べたら十分に上等の品・・・。

開放弦で鳴らしてみると、音に深みというか、厚みというかそんなものがあって響きが全く違います。
うまくなったらもっといい音になるはずです。

「今からなら、90歳くらいまで弾き続けんともったいないなあ~」夫がそういいます。

ご近所には申し訳ないけれど、まだしばらくは、二人でそれぞれに騒音を撒き散らすことになりそうです。

音、ようやく戻りました・・・。ヤレヤレです。

息をさらにもっと深く、特に低音でそれができたらもっと良いのだけれど・・・音出しのとき、先生にはそう言われました。


アンデルセンOp.41 No17,18
No17
音の流れが作れるようになったが、D.C.で最初に戻ったときの音が壊れて、流れが壊れてしまうので注意する。

No18
四拍で数えていたのを二拍に変えてから、流れが出せるようになった。高音部で息の流れがコントロールできていないので注意。もう少し吹き込むこと。

No15(○だけれど勉強になる、ということで継続していた課題。)No17、No18の三つをセットにしての仕上げをめざすことになった。

テレマンOp.5 No2 Vivace
装飾音符を正確に。途中で遅くなってあわせにくくなる部分があるので注意すること。曲想も考えて吹いてくること。


亜麻色の髪の乙女
Un peu animeの部分、曲のなかで唯一動きのある部分なのでもっと生き生きと吹けるようにすること。重さのある音、たっぷりとした低音、明確なタンギングで入って吹ききる高音‥。


レッスン後、先生から
「やっとレッスンらしいレッスンができるようになってきましたね~。今まで、発表会前に少しそのようなレッスンができていたこともあったけれど、なかなか持続できなくて・・・・エチュードのレッスンでも音楽として吹けるようになってきたからそれが可能になったのだと思います。今のペースを保ってくださいね。」
そんなお話があった。


<私、がんばればまだやれそうやん!ひょっとしたら、今よりももう少しだけ、ほんのわずかレベルアップができるかも・・・>

少しだけ、気持ちが前に進めた、うれしいレッスンでした。








明日から雨だそうだ。
ゴーヤのネット、トマト・なすびの支柱をきちんと仕上げた。
これで、雨風が少しくらい強くても大丈夫。

それから、病害虫対策用の葉面散布剤のストチュウ(酢・糖・焼酎にEMを加えて)を作った。
庭に出ると、することがたくさんあっていつも時間が足りない。

一号ちゃんの幼稚園降園お迎えを手伝って、その後スイミングへ。
今日は遅刻。
みんなは1300m、私は1150m。
けっこうハードだった。
がんばったご褒美は、頂き物のお饅頭。

せっかく消費したのに・・・、摂取カロリーの方がまた多くなったかな?

昨日は、プールを休んでしまいました。
少々風邪気味で体が重い。。。。
無理していってこじらせたら、孫の面倒がみてやれなくなるので大事をとりました。

ベビーシッターの疲れ?
プールを週二回にもどしたのが無理だった?
たまっていた菜園の作業をがんばりすぎた?
いろいろな疲れもたまっていたのでしょうかね。


先日、朝のお留守番に行こうと娘宅に向かっているとき、ご近所さんに会いました。
「娘さんとこ?」って聞かれて、
「そう、朝昼晩出勤する日もあって、自分の時間がなかなか取れへんのよ~」
って言ったら、
「贅沢だよ~」って言われてしまいました。

「孫がすぐ近くに三人もいて、あなた、しあわせよ~」
(確かに!みんな可愛い~。)
「孫の顔、早くみたいけど~こればっかりはね。。。」
そんなふうに声をかけて来る人もいます。

毎日、何度も娘宅に行ったりきたり。ばたばたと忙しくて、それはそれで幸せ・・・・・。
頼られているうちが「花」ですよね。

孫の一号ちゃんの幼稚園では連休明けから、制服が夏服のワンピースに変わりました。

その初日の朝、いつものように留守番のために行くと、一号ちゃんは真新しいワンピースを着てご飯を食べていました。
ワンピースは、同じ幼稚園出身の娘が着ていたころのと全く変わっていませんでした。

「ごちそうさま~」と椅子から降りた一号ちゃんを見てびっくり。
ワンピースは、くるぶし近くまである見事なロング丈です。
年少組で、三年後を見越して2サイズ大きい物を買っていたからでした。
<えっ!スケバン!!>・・・あせりました。
でも、「わ~、かっわい~、おひめさまのドレスみたいね~~」あわててそう言いました。

連休前から続いていた孫達の病気の連鎖騒動で、<すそ丈を直す>ということを、娘も私もすっかり忘れていたのでした。
そのロング丈のワンピースのままで一号ちゃんは幼稚園に出かけていきました。

その日のうちに、洗い替え用のもう一枚のワンピースのすそ上げをしました。
プリーツの奥はステッチをかけて型崩れしにくくしておきました。
幼稚園から帰宅後には、その日着ていったワンピースのすそ上げもしました。
これで完ぺき。
次の日から一号ちゃんは、普通の可愛い幼稚園生に戻って登園していきました。


先週末、幼稚園までお迎えに行ったとき、ワンピースのすそが長いままの女の子を見かけました。
裾がまとわりついて歩きにくそうでした。。。。う~ん

連休前に買っていたベゴニアとインパチェンス、ペンタスの苗をやっと植えつけることができました。
ビニールポットのまま置いてあったのでやや徒長気味。
伸びすぎた茎は切り取って挿し芽しました。
ベゴニアはよくつくけれど、インパチェンスは難しいかも・・・。
インパチェンスは、家の北側のこの通路がお気に入りのようで、例年こんもり茂って花を咲かせてくれます。
両端を濃い色、真ん中を薄い色にして植え付けました。
ペンタスは、門扉の前に。

IMG_0672.jpg
IMG_0675.jpg


これはお向かいさんにいただいた釣り桔梗。
IMG_0674.jpg


二年目のガーデンシクラメンの花が、今になって咲き始めました。
IMG_0668.jpg

三週間ぶりのレッスンだった。

アンデルセンOp.41 No17,18
No17
低音→中音→高音→中音→高音→中音の流れがうまくできていない。
低音から高音へのお腹の使い方はできているけれど、高音から中音に戻ったときのお腹の使い方、息遣いがだめ。三週間前はできるようになっていたはず、といわれた。(う~ん!)
No18
四拍で数えていたのを二拍に変えるように言われた。ぎくしゃくしていた音楽の流れがつかみやすくなって吹きやすくなった。(なるほど、そうか~。)

テレマンOp.5 No2 Largo・Vivace
楽符を見て吹いている状態。音の流れができているところもあるけれど、少しややこしくなると音が出ているだけ状態になる。もっと吹き込んでくるようにといわれた。(なっとく!)

亜麻色の髪の乙女
今回は音楽にならないのでギブアップ。


レッスンが始まるまえ、練習ができなかった言い訳をつい、たらたらとしてしまった・・・・

レッスンが終わってから先生は
「思ったほど酷くなっていないですよ~。これなら、少し吹き込めば元にもどせると思います」そう言ってくださった。
《息が続かなかったら、今やっているように何度もブレスすればよいし、無理に音を出そうとしない。あくまでもお腹、口元を意識して、息の流れを大切に練習し続ければ音はまた出るようになる。楽器は、吹かないでいるとならなくなるということもある。》こんな風に話してくださった。

レッスンに行きたくない・・行く前に少しだけそう思った。
<行って、めいっぱい注意して貰って、そこからまたスタートすればいい。それがきっかけになればいい。>
そう思って行ったけれど、行ってみてもらってほんと、よかった。
発表会の日程も決まったらしい。
やる気が出てきた~。私、がんばるよ~!

落ち込んでいる気持ちを見事掬い上げてくださった先生に感謝しなければ。今に始まったことではないけれど・・・

朝からベビーシッター。
急いで軽くお昼を食べてからスイミングへ。体操には間に合わなかった・・・・

今日は合計1100m。

終わってから予約していたカットへ。
髪を洗ってもらって居る間にちょこちょこ居眠り。


帰宅後、菜園を少々。

それからもう一度ベビーシッター。

夕食の準備をしながら、フルートの練習。

夕食の後片付けで今日のエネルギーは終了。
疲れました・・・・。
もうお風呂に入って寝ます。

修理が終わった楽器が帰ってきて1週間たつというのに、練習に身が入らない。
思うような音が出てくれなくて、疲れて、すぐにフルートを置いてしまいたくなるのだ。
体がなまってしまっているというか、お腹の支えを長時間保つことができなくなった。
タファ・ゴベを吹くのでも、高音のどこかで一息つきたくなってしまう・・・
息が持たない・・・
無理して吹いていると、口元がしまってきて、特に低音が響かなくなってしまう・・・・

そんなとき、先生なら、
「音を無理に出そうとしないで、お腹の支えやスピードに頼らない太い息を意識して、口元の無駄な力を抜いて吹くことがたいせつ。」っていわれるんだろうな。

今日は午後から夕方まで時間がある。
部屋にこもって、少しねばってみよう。

菜園のきゅうり、もうつるが延びてゆらゆらしている。早くネットをかけてやらないといけないけど、こちらはまた明日に。

5月の連休明けからプールを週2にもどしました。
一号ちゃんの幼稚園お迎え時刻と重なったりして、ベビーシッターの合間を縫って慌しく出かけることになってしまいます。
レッスン開始時刻には到底間に合わないけれど、行けるだけでもまし。
週一だと、その日を休んでしまうと二週間もプールにいけなくなって、次のスイミングは体が浮かない最悪の状態になってしまうのです。
今日も15分ほど遅刻。
スイムは合計750Mでした。

復帰1回目が1050M。
二回目は1075M。
週2のペースにちょっと慣れてきたところです。
距離はもう少し増えても大丈夫そう。
続けたいです~。



帰りに生協で、大きな塩さばを一本買いました。
お値段は498円。
外国産のより国内産の塩さばの方がおいしい。国内産は時々買っていたけれどけっこういい値段でした。
その国内産の値段が最近下がってきています。
この間は698円でした。
ずっと以前は1000円近くしたのに・・・・。
やっぱり売れなくなっているのでしょうかね。
私は、生協が、安全な食品として出しているものなので買っているのですけど・・・・。



丘陵地帯にある我が家、携帯電話の電波状態があまりよくない。
音声着信中に切れてしまうことがあるし、メールの送信がなかなかできなくて、アンテナが三本立つ場所を探して家の中をうろうろすることもある。

先日、携帯電話を新しくした。
店の人とのやり取りのなかで、状況によっては無料の室内アンテナを取り付けることができるということがわかり、早速予約し調査に来てもらった。

結果は、アンテナの設置でかなりの状況改善が望めそうだとのこと。
即、室内アンテナを取り付けて貰った。

それ以来、携帯電話はすこぶる好調。
一度だけ外出先から帰ってきたとき、アンテナが二本に減っていたことがあった。でも、係りの人に教えて貰ったとおり、電源をオフにして再起動するとまたアンテナが三本たった。
下のまちで拾った電波が弱いながら続いていて、一度切ってつなぎなおすと、室内アンテナの効力で良好な電波をとらえることができるようになるのだそうだ。


携帯電話を使いやすくする室内アンテナのサービスは、以前からあったのかしらん?
たまたま電波状態がよくないと話したことがきっかけで室内アンテナを取り付けて貰うことができたけれど、その話が出なかったら相変わらずあきらめモードで携帯電話を使っていたに違いない。。。。。

自分で知識を増やして、しっかり使いこなさないとあかんね。





体調不良で久しぶりのフルートのレッスンを休んでしまいました。
フルートの修理が完了したのは月曜日。
結局、交換したタンポは三箇所。
あとは、まだ大丈夫だということでした。

練習はロングトーンから再開したけれど、17日間のブランクは大きくて、なかなかそれまでの調子に戻りませんでした。(ほんのささやかな調子ですが
ベビーシッターの合間を縫ってぼちぼち音出し。少しましな音が出るようになったのは木曜日でした。


月曜日、楽器屋のTさんが修理から上がったばかりの楽器を届けてくださったのは夜の10時。
修理に持ち込んだとき、レッスンは金曜日だと伝えていました。
きっと私の力量が想像できたのでしょう。少しでも早く練習再開できるように、と届けてくださっていたのでした。せっかく急いで届けてくださったのに残念・・・

今日からはあせらずに気長に音出しをして次のレッスンに備えたいと思います。




修理したフルートと一緒に、頼んでいたチェロのカタログも届けてくださいました。
夫が練習に使っているチェロは、ずっと若い頃に買ったきり放置してあったもので、ガタがきていました。
詳細は不明ですが、価格もかなり安かったようです。
新しいチェロの購入を考える時期か?

お薦めは、中国製の中国でいう高級品か、ドイツ製のドイツでの普及品。
Tさんの話では、今使っている楽器の三倍ほどの値段のものでないと、音色の違いが実感できないとのことでした。

「今から80歳まで練習できたとしても、年に換算するとかなりの金額になる・・・音程が安定しない今の状態で楽器を替えてもな~」と、夫は言います。
プレ年金暮らしの我が家。
「山之内一豊の妻」になる覚悟はあるのですが、果たしてどうなりますか・・・。

連休を利用して熊野方面に行ってきました。

阪和道、湯浅御坊道路を利用して南紀田辺へ。
そこから中辺路を走り、熊野本宮大社、大門坂、那智の滝と回りました。

阪和道、湯浅御坊道路は予想通り渋滞。
黄砂の影響が残っていて景色もいまいち。
熊野街道でようやく初夏の木々の淡い色合いを楽しむことができました。

熊野本宮大社へ参拝。
孫達に健康祈願のお守りを購入。
この本宮は、かつて明治22年の洪水で流され、残ったお社を現在の地に移したものだそうです。元の大社あとの「大斎原(おおゆのはら)」にも行きました。

大鳥居と参道
IMG_0648.jpg

IMG_0649_1_1.jpg


那智の滝
IMG_0655_1_1.jpg


大門坂
IMG_0659_1_1.jpg

IMG_0663_1_1.jpg



那智の滝でも、大門坂でも、歩いている間はずっと杉の巨木群を見上げていた感じでした。
樹齢800年の楠に杉。下から見上げてもてっぺんが見えないくらい。
大門坂の延々と続く苔むした石畳を登っていくと遠くに那智の滝が見える場所もありました。

今回は、熊野古道入門編といったところでしょうか。
時間があって、腰が痛くなければ、もっと時間をかけて歩いてみたい場所でした。

連休前の最後のレッスンのあと、フルートを修理に出しました。

以前からもうそろそろ~、といわれていたパッドの交換です。
見たところでは、2箇所破れかけています。
それ以外にも危ないところがあるようです。
発表会の練習が始まる前に直して起きたかったのです。

楽器を預けてから、久しぶりに以前使っていたパールの入門モデルを出してみました。
手に当たるキーの感じが、サンキョウのと全く違っていてとても吹きにくいです。
キーがあたるとカタカタと音がしたりもします。
長い間、使っていなかったし、メンテナンスにも出していなかったので状態がよくないのかも知れません。

預けている間は、パールでエチュードの練習をするつもりでいたのに・・・困りました・・・
最低でも2週間はかかるそうです。
仕方がないので、とりあえず、ロングトーンだけでもしようかと思っています。


新聞に、今回の震災で楽器を失った学校がたくさんあるという記事が出ていました。
楽器の提供を募集しているそうです。マッピやケースだけでもOKとありました。
私の古い楽器では、あまりにもぼろすぎる・・・。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。