アンデルセンOp41・NO13
4小節ブレスで何とか吹けたが、六段目が難所。高音のE♭をがんばりすぎないで吹くこと。

テレマンOp5・NO1 Allegro
前回宿題だったトリル、はまって吹けた。
先生の音もちゃんと聴けて気持ちよく吹けた。で、○。
NO2 Presto
最初の入りをもっと明確に。八分音符二個のスラーが続くところを、音の流れが切れないように吹くこと。ブレス位置の確認。そこまでで今日は時間切れ、前半のみで終了。


ケーラーの子守歌
暗譜で吹いた。
問題の中間部のところが一番よく吹けていたそうで、その部分の練習量が分かるといわれた。ブレス前の処理とか細かいところをもっと注意してもう一度吹いてくることになった。


<余談>
先生宅についてすぐ、先日の「なまこ」のお礼を言った。
実は、先生からよく物をいただくのだ。
「母さんと先生どうなってるの?先生とこからお届け物があるなんて、へんやでぇ~」娘は呆れ顔で言う。。。。
「なまこ」は年末、そしてこの間の日曜日と、二回も届いた。食べきれないからって持ってきてくださるのだ。

大きいのや小さいの、赤いの、緑の、土色の・・・それが海水の入ったポリ袋にいっぱい!!!

なまこは食べるのは大好きだけれど、料理は敬遠していた。
一昨年、昨年の年末、どちらも料理係は夫。。。。私はいただくだけ。
でもいつまでも頼っていられなくて・・・この間の日曜日は勇気を奮って包丁を手に奮闘した。
鮮度がとても良くて、袋から出したときは、まだご存命中だった?
細く切ったものを大きな鉢にたっぷり入れて、大根おろし、酢、七味で食べた。う~ん、贅沢~。

「大量のなまこは、冷凍するわけにもいかないし、もらってもらうと助かるんです~。またお願いしますね。」とおっしゃる先生も、小鉢でお上品になんて言ってられなくて、大きな鉢でお召し上がりになるそうだ・・・


スポンサーサイト

田舎の義母のところへ行ってきました。

買い物の代行をし、マラソンを見ながらお昼を一緒に食べ、ケアマネさんやデイサービスの話を聞き、動かなくなった掃除機を調べ、フィルターの交換をしました。

耳が聞こえにくいと話す声もつい大きくなってしまうということもあるのでしょうが、母の声は大きくてよく通ります。
昨日も大きな声で話してくれました。聞こえ易いようにと、私の声もつい大きくなってしまいます。
トイレに入っていた夫、話の中身がみんな聞こえたと笑っていました。
足腰、手、思うように使えないときもあるみたいですが、大きな声で話す元気のある義母、これならまだまだ大丈夫そうです。

帰りに、道の駅で野菜をたくさん買い込みました。
近くのみやげもの店で干し柿をつるしたのも買いました。この干し柿、今年は品薄なのだとか。夏の暑さののせいなのだそうです。
25個ぶら下がって900円。干し柿を毎日一つずつ楽しみにして食べている孫へのみやげです。それを4本買ったら、
1本800円にまけてくれました。
値引き交渉したかどうかはヒミツです。

夜は買ってきた野菜でお鍋。


アンデルセンOp41・NO12
息のスピードで吹いて崩れるところがある。お腹で息をコントロールすることはこれからもずっと続く課題。
ということで○。

(息のスピードが適切でないと、音が崩れて響かない音になってしまうこと。これを自分でもかなり意識するようになった。家での練習で注意してやったつもりだけれど、それがなかなか持続できない。。。。)

テレマンOp5・NO1 Allegro
トリルがいまいち。
トリルの指と音に注意。
トリルのときの息のスピードが速くなってそこだけ別の音楽になってしまうのでそれを直すこと。一応合格。
バロックでトリルは大切。音楽を崩さないトリルができるように研究しておくこと。


ケーラーの子守歌
来週、暗譜で仕上げ。


次回は新規の課題が二つ。
符読み、がんばらねば。

一号ちゃんの幼稚園の制服ができてきました。
ブラウスにジャンパースカート、ブレザー、帽子、リュック。それに体操服や小物。
早速試着。
満足げな一号ちゃんをパチリ。
娘は、写メを婿さんに送信していました。
昔、娘も同じ制服を着て通園していましたね。なつかし~。
ジイチャンは、よだれがたれそうって!



おとといの風呂当番のとき、二号クンの正統派ハイハイを見かけました。
ほんの1メートルほどの距離でしたが。
娘に「二号クンも、匍匐前進ではない、普通のハイハイができるようになったね。」といったら、「えっ!知らん!!」と驚いていました。第一発見者は私です!

昨日は、みんな揃って我が家で夕食。
機嫌よく遊んでいた二号クン。またまた、私の目の前で正統派ハイハイを披露。
「ほら、ほら!」大急ぎで娘に教えてやりました。

三号クンは、お正月ころから正統派ハイハイができるようになっていて、欲しいものがあると凄いスピードで突進していました。二号クンは匍匐前進でした。

二号クンは、相変わらずマイペースの成長振りです。






25m×8:アップ
25mキック×2・50mスイム×1を2セット
25m×8:ドリル
50m×4:スイム
25m×8、40秒・45秒・50秒・60秒持ちでスイム。

合計1000m

25mのドリル。個人メドレーの順にするという指示でした。
腰をかばっている素振りを見ていてくださったらしく(今のコーチ、男性ですが、とっても細やかです~)、私には、片手のバッタをクロールに変えて、片手クロールでという指示がありました。
それを聞いてスタートしたはずなのに、少し進んでから気づきました。
手はOKだけれど、脚がバッタのキックになってしまっている!
慌ててやり直しました。

向こうについて振り返ったらコーチがニヤニヤ。(ほんの少しの間だったのに、しっかり見られていました。)
続いて泳いできた次のメンバーにも笑われてしまいました。

頭で考えたことと、行動がちぐはぐになる!
最近よくあることです。

IMG_0450.jpg
今までに何回か聴かせて貰っている南部やすかさんのコンサートに行ってきました。

春の海 / 宮城道雄
花の街 / 團伊玖磨
タイスの瞑想曲 / マスネ
クラリネット・ポルカ / トラディショナル
ハンガリー田園幻想曲 / ドップラー
ピッコロ協奏曲ハ長調 / ヴィヴァルデイ
チャルダッシュ / モンティ
カルメン幻想曲 / ボルヌ

浜辺の歌

会場は公民館のような小さなところ。
100人も入ったらいっぱいかな?
ピアノもアップライトで。
照明こそあったけれど、音響設備はたぶんなし。
思いがけず、2mほどの間近で聴かせて貰うことができました。

全曲暗譜!相変わらずです~。
音色が様々に変化して、深い音、軽やかで明るい音、優しい音、情熱的な音・・・「フルートで歌う」ということを改めて堪能させて貰った感じがしました。

「タイス」はよく聴くけれど、ここまで細やかに表現なさるのは聴いたことがないように思えました。一つ一つの音に十分に感情が込められているようで、素晴らしいと思いました。

あのイメージで、私も・・・
CDを買ってサインをもらってきました。




今日は1月17日
16年経ちました・・・・
あの日は比較的暖かい朝でした。

今朝の我が家周辺、屋根も道もうっすら雪化粧していました。




この間のレッスンは、私にしては珍しいことに、上出来の部類でした。
といっても○はもらえなくて、がんばれば来週仕上げられそう・・・という見通しがついただけのことですが。

アンデルセンOp41・NO12
ミスはあるものの、フレーズが途切れずに吹けている。あとは、テンポアップとミスをなくすこと。
(ブレス位置を間違えないで、しかも十分にブレスしたら余裕をもって吹ける・・)


テレマンOp5・NO1 Allegro
十六分音符のスラーのある小節のテンポが遅れるので注意。
もっと軽やかにかわいらしく吹く。ブレス位置の確認。

(カノン風ソナタ。カノンを二本のフルートで吹く面白さが少し分かってきたみたい。相手の音を聴いてそれなら私はこんな風に~などと思えるようになったらもっと楽しくなるんやって・・・でもそれは、まだちょっと無理やわ~)

ケーラーの子守歌
前半はけっこういい感じで吹けている。後半のピアノが旋律になるところは、もっと滑らかに吹くこと。最初のFの音の入りを注意するともっと流れて吹けるはずなのだそう。

(後半のその部分は、そこだけ吹くと流れて吹けるんやけどなあ・・・もう少しやねぇ~)



帰り際、先生から「今日はなんかいい感じで吹けましたねぇ~」とのお言葉。

自分でも満足感があった。
帰りの足取りの軽いこと!
次週もがんばろっ!





年末からお正月にかけて休暇がもらえました。
娘のうちの風呂当番のことです。
一昨日が初出勤?
そして今日は、朝から一号ちゃんを預かりました。

お正月に会っているけれど、じっくり過ごすのは久しぶり。

孫達は、二週間ほどの間にまた成長していました。
一号ちゃんは、弟達に簡単な食事を食べさせてあげられるようになったそうです。けっこう器用でまめな一号ちゃんですから不思議ではないですねぇ~。精神的にも落ち着いてきた感じがしました・・・(えらい!

二号クンは、つかまりだちができるようになっていました。それに、バイバイ、いないいないばあ~も。「二号クン!」と呼ぶと「ああっ」と返事?をしたりもします。
三号クンは、前にもまして意志がはっきりしてきたみたいです。抱っこしてほしいとか、相手になってほしいとか態度と声で訴えてきます。伝い歩き、それから匍匐前進ではない、普通のハイハイもできるようになっていました。

日々の成長ぶりは、見事なものだとつくづく思います。

孫達の成長についていけるよう、身も心も柔軟でありたいと改めて思いました。

10月に修理してもらった洗濯機がまた壊れました。
購入してからまだ3年足らずで、某電気量販店の5年間保証が有効でした。

先週見て貰ったところ、部品の交換が必要なことがわかり、取り寄せるのには一週間かかるとか。
とりあえず応急修理をして貰いなんとか使えていたのですが。今朝はスイッチを押してもうんともすんとも言わなくなってしまいました。
頼んでいた修理屋さんに電話してみたのですが、部品は明日になりそうだとのこと。


洗濯機の中には、昨日プールで使った、濡れたバスタオルにセーム、その他たくさんの洗濯物を入れていました。おまけに湯たんぽの残り湯もいれ、あとはスイッチを押すだけの状態になっていました。
濡れた洗濯物をそのままにもできず、明日も洗濯できるかどうか分からないので、あきらめて手洗いすることに決定。

バケツで洗って、終わったものからバスタブにほうり込み、ざぶざぶ。
それからもう一度バケツで一つずつゆすぎ、絞っていきました。

これが思ったよりも面倒。時間がかかるし、おまけに腰も痛くなって。
一番大変だったのが絞る作業。ゴム手袋ではきちんと絞りきれなくて、最後は素手。
特大のバスタオルは、竿に巻きつけてねじり上げました。
いくらがんばっても、脱水にかけたほどには水分が取れなくて、みんな水分たっぷり・・潤っていました。


子どもの頃に母が使っていた洗濯機、絞る時は、洗濯物をローラーにはさみ、そのローラーのハンドルを手でまわして絞り上げるようになっていました。
大きいシーツも、たたんでローラーにはさみ、絞り上げていました。
けっこう力が必要だったけれど、それでもかなり絞り上げることができていました・・・・・。
あれなら、手作業だから、洗濯機が壊れても絞ることぐらいはできたはずで。
電化製品はどんどん便利になっているけれど、いったん壊れると、素人の手に負えなくなるところが難点です。


今頃、ベランダに干した洗濯物は、みんなポトポトしずくをたらしているに違いありません。


昨日、「泳ごう会」に参加。600m。
今日は初レッスン。交通渋滞でちょっと遅刻したので、みんなより75m少ない、825m。

合計1450m。
まあ、最初だからこんなもん。


今日のレッスンの途中でコーチから脈を数えるようにという指示があった。
6秒で10回だった。みんなもその前後だったらしい。

「25mを10回、1分持ち。その間、25mを二回泳ぐごとに脈を数えて15を超えたら1回歩く。」ということで泳ぎ始めました。
1回目に11に上がりましたが、そこまで。それ以上は増減なし。
今までにも何回か数えたことがありますが、上がってもせいぜい12回。
ちょうど頃合の泳ぎ方みたいです。

コーチからの年賀状には、「マスターズ出場」という言葉がありましたが、全くその気なし。
今年も一年、たらたらと泳ぎ続けます。

思い立って、家から見える山に登ってきた。
その山に行くのは今回が初めて。

以前からうわさに聞いていたけれど、低いといっても山。
さすがに一人で登る勇気はなくて、いつか夫を誘って行こうと考えていた。
近所の人たちもけっこう気楽にちょこちょこ登っているらしい。
標高は380mくらい。
といっても、そもそも我が家が小高いところにあるので、標高差はそんなにはないはず。

それでも、私にとってはけっこうきつ~い山道を登って、約40分で頂上に着いた。


そこからの眺めがこちら。

陦瑚?・アア_convert_20110108174320

想像していた以上に見晴らしが良くて、大満足!
遠くには大阪湾も見える。
山頂に、登山記録を残すボックスが設置してあって、鉛筆と鉛筆削りの入ったペンケース、大学ノートが入っていた。
2011年版には、もう、数十人もの書き込みが。
見ていくと、同じ町内の方のお名前もちょこちょこ。

私も「祝、初登頂!・・・・」と書いておいた。

新年初めてのレッスンでした。

アンデルセンOp41・NO11
ダブルタンギングで吹くのに少し慣れたかも。
ところどころ崩れるけれど、また持ち直して最後まで吹けた、ということで、おまけの○。


テレマンOp5・NO1 Allegro

タンギング、アクセントをもっと明確に。
十六分音符のスラーのある小節が流れて吹けるようにする。

ケーラーの子守歌

口元が閉まって音色が変わってしまうところがあること。一オクターブの跳躍は息のスピードではなく、あくまでもお腹で持って行くこと。
それらをふまえて次回は暗譜。


年末はほとんど吹けなかったけれど、年が明けてからは、そこそこ音が出せた。
大きな進歩は到底望めないけれど、時々後戻りしつつでも、少しずつ前に進めたらうれしい・・・・
今年もがんばろう!






ワンコインコンサートの帰りに入った雑貨やさんで、ちょっと素適なめがねケースを見つけました。
五線がステッチしてあって、音符のところどころがキラキラしていてかわいい~!
さっそくサングラス用にお買い上げ~。

IMG_0449_1_2_1.jpg

眼鏡屋さんでもらったケースはありましたが、大きくてあまり使っていませんでした。

車やバイクに乗るときは、必ずサングラスをかけます。
軽い白内障があって日差しがまぶしいので、サングラスは必需品なのです。

年末に、その大切なサングラスが行方不明になりました。
車の中、コートのポケット、バッグ、引き出し・・・・あちこち探したけれど見つからなくて・・・。

思い当たったのが、接骨院とデパート。
29日に慌てて電話しました。デパートは、ま、駄目元ということで・・・・
接骨院は空振りでしたが、デパートでは事務所にそれらしいのが届いているとの返事。
次の日、引き取りに行ってきました。

広い店内で、暮の買い物でごった返していたし、仮に落としていたとしてもあかんやろと思っていました。
バッグのポケットに無造作に入れていたせいで落としたみたいですが、どなたかまあよう届けてくださったことで・・・・。


失くした物とあきらめかけていたサングラス。
これからは、このケースに入れて大切にしてやらなくては・・・・。





新春早々、ワンコインコンサートに行ってきました。

IMG_0444_1_1_1.jpg

~プログラム~
ギルマン / 交響的断章(ソロ)
メルカダンテ / マリア様(ソロ)
ダヴィッド / トロンボーン小協奏曲 変ホ長調(ソロ)*
シャイト / カンツォン(アンサンブル)
J.S.バッハ / 「シャコンヌ」パルティータ 第2番より(アンサンブル)
メンデルスゾーン / ナイチンゲール(アンサンブル) 
ロッシーニ / 「ウィリアム・テル」序曲(アンサンブル)

<アンコール>
サンドストロム / ロッタの歌
アグレル / ゴスペル・タイム

トロンボーンのコンサートに行くのは初めてでした。
私の印象から言うと、クラシックではトロンボーンはどちらかというと裏方の楽器?ですかね。


一部はソロ、二部はアンサンブル。

ソロでは、晴れやかな音、甘く柔らかい音、重厚な音など違う表情の音が聴けて素敵でした。

アンサンブルはバストロ1本も加わって、計4本の演奏でした。

なんといってもハーモニーが素晴らしくて・・・
和音が溶け合う感じで耳にとても心地よく響きました。

フルートアンサンブルでバスフルートが加わっても、あれだけの音の厚みや表情は出ないように思います。

トロンボーンは、とても表情豊かな楽器なんですね。
見直しました。いやあ、とてもいい~~!


外は寒かったけれど、ほっこり癒されて帰りました。

昨年の家計簿の決算をしました。
使途不明金がちょこちょこあって、会計検査があれば完ぺきに引っかかってしまうところですが、会計係も監査係も同一人物なので、まったく問題ありません。
大まかなお金の流れが把握できるのが利点といったところでしょうか。

昨年の決算状況は、今の我が家の状態からすると、良好とまではいかないけれど、まあまあといったところですかね。

それから、新たに2011年の家計簿を作成しました。
PC家計簿で、作り方はプールの先輩のご婦人から教わったものです。
ここ数年は、ずっとこれ。
毎年、年の初めに新しく作っています。

今年は、どのような一年になるでしょうか?

IMG_0442_1_1.jpg

どこかの財政とは違って、無駄のない、健全な家計をめざしたいものです。

あけましておめでとうございます。


bd_sime3.gif
家族でお節を食べた後、久しぶりにフルートを吹きました。
新春早々から雑音?
家族は目をつぶってくれるのですが・・・・
せっかくの日差しだったけれど、シャッターを下ろして閉め切って吹きました。

しばらく吹いていなかったので、たっぷりと音を出すことが今日の目標。
ロングトーン、スケールとアルペジオ。タファネル。
発表会後に注意されていた、左手小指の動きやテンポを早くしたときの息遣いに注意しながら吹きました。
それから、エチュード、曲。
約1時間ほど。

あと何年吹いていられるか分からないけれど、少しでもうまくなりたい・・・
プールで仲間と楽しく泳いで、体力維持につとめつつ、今年もがんばるつもりです。



練習後のご褒美?
IMG_0440.jpg

婿さんからの差し入れです。
眺めているだけでも十分にしあわせ・・・・
おいしいお茶を入れていただきました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。