レッスン。
二、三日前から困った状態が起きていて。
以前までなんなく出せていた低音が出にくくなっていたのだ。それもCの音ならまだ許せるけれど、E、Disというそれほど出にくくはない音だった。
中音のCisからEへ下がるとき、同じくCからDisに下がるとき出にくい。

先生はその状態を「好転反応」という言葉で説明してくださった。

レッスン初めの音出しで、中音の響きが今までになくよくなっていると感じたこと。
今までのように息を吹き込んで吹く吹き方なら簡単に出せていただろうけれど、中音の響く吹き方、つまり良い吹き方、から低音を吹こうとして上手くできていない状態、つまり悪い状態が、漢方薬の治療でいう好転反応に似ていると。
今までの吹き方に戻せば簡単に音は出るようになるけれど、今の状態を我慢し、コツをつかんで乗り越えたらもっと音がよくなるそうなのだ。
先生は、今までの吹き方、今できるようになって欲しい吹き方、の二通りを吹いてみてくださった。
明らかに違う。
薄い音で吹くか、響く音で吹くか?

発表会も控えている。今のもやもや状態が耐えられる?
スポンサーサイト

二歳児と、五ヶ月の双子を抱えて孤軍奮闘中の娘が、婿さんの出張中に「夏休み」と称して泊り込んでいました。

婿さんは、仕事で早朝から深夜まで留守。
ジイチャン、バアチャンも手伝うのですが基本はひとり。
6月に娘宅にもどってから、なかなか大変だったようです。


孫をあまり泣かせると近所から「虐待!」と通報されるかもしれん。
同じ時期に孫が増えた私の友人がぼやいていた話を娘にしたら、娘も苦笑していました。

乳幼児三人にお母さん一人という状況は、なかなか厳しい!


せめて「夏休み中」くらいはゆっくりさせてやりたい~
期間中ジイチャン、バアチャンも精一杯がんばりました。

ほんの数日でしたが、孫も娘も少しは癒されたでしょうか?

先週が休館日で、週1の私は二週間ぶりのスイミング。
この暑さで水が冷たくて気持ちよかったけれど、きつかった。
総距離は1000mでした。

最後の距離・時間のチョイス。
50m×8・・・1分20秒持ち
50m×7・・・1分30秒持ち
50m×6・・・1分40秒持ち

1分20秒で8本は自信がなくて。一番ゆるいのを選択。
それでも、最後の6本目は息が上がって苦しかった~。

義母の様子を見に田舎へ。
途中、いつも立ち寄る道の駅で、野菜をたくさん買い込みました。
今日はちょうど夏祭りの日。
くじ引きをやっていました。

二枚ひいたらそのうちの一枚が、なんと特賞で。
メロンの箱入りをいただいちゃいました。


 メロン

あ、アイスクリームがいっぱい作れる!

そのうちの一つは、お仏壇のおじいちゃんにお供えし、残り4つを持って帰りました。

帰りの車中は、メロンの香りで満たされて、なんとも幸せな気分。
「車を当てんようにせんとあかんな」
気を引き締めつつ帰りました。

冷凍室、アイスクリームで満員になるかも・・・




双子が寝返りを始めて二週間ほど。
最初はとても大変でした。

コロンとひっくり返って、しばらくはうつぶせ状態に耐えていますがそのうちウンウンうなり始めます。
窒息する!

慌てて抱き起こしてしばらく抱っこ。お隣でもうひとりがウン!ウン!騒ぎ始めて、今度はそちらを抱っこ・・
二人とも真っ赤な顔でほかほかといった感じ。しばらく抱っこしていると汗が流れます。

機嫌のいいときは、揺れるモビールや葉っぱ、洗濯物を見て?「う~あ~」とよく遊んでくれるのですが、ぐずり始めると暴れだしてとたんに寝返りタイム開始。
ひとりで面倒を見ているときは、もう汗だくでした。

最近は、うつ伏せになっても自分で頭を起こしてきょろきょろ。
新しい眺めを楽しんでいるようです。
それに、自分で具合のいいように頭を動かして、うつぶせのままでも眠ることができるようになりました。(ちょっと安心。



成長するのはうれしいことだけれど、この調子で動き出すようになるといったいどんなことになるのかしらん?
歩けるようになったら、お散歩のときは「リード」付き?
娘と冗談のつもりで話していましたが、ベビー用品売り場では、「天使の羽」の付いた「リード」が売られていました。

兵庫芸文のワンコインコンサート。
9月がバイオリン、11月がフルートという案内が来ていました。

先行予約は14日。
カレンダーにも手帳にもちゃんと書き込んでありました。
なのに、電話するのを忘れてしまって・・・・。気づいたときは先行予約の受付期間が終了していました。
孫を預かって、昼ごはんを食べさせ、お昼寝・・・という一日で、コンサートの予約などという余裕がなかったのも事実です。
けど、フルートのコンサートの予約をしくじるなんて、自分が許せません。


一般発売は今日。朝からネット予約を試みたところ、バイオリンは手続きできるようになっていました。でも、フルートはできず・・・ひょっとしたら、あまり席がないのかも。
10時から必死で電話してやっとつながったと思ったら、予想的中。チケットは売り切れていました。

とりあえず、キャンセル待ちする旨を伝えておきました。


今まで、先行予約をしくじったワンコインコンサートはなく、後ろの方でも天井に近いところでもとにかくもぐりこめていました。
今回はフルート。ワンコインでフルートはまだ2回目なのに・・・・とても悔しいです~!


ひたすら待つしかありません・・・・

このごろ、レッスンで楽器がぐらぐらすることがよくある。
エチュードや曲を吹いているときではなくて、タファ・ゴベで。

指がはずれ、支えが不安定になる音が混じってくるとよくない。

先日は、集中できていないようだから、と先生が、初見で吹けるような楽譜を出して吹かせてくださった。
そのおかげで、何とか修整でき、そのあとのレッスンが受けられた。



原因の一つは汗?
汗っかきの私。家では、閉め切った部屋でクーラーをしっかりかけて思いっきり涼しくして吹いている。なので歌口がつるつるすることはない。
気負いもある?
タファ・ゴベはずっと同じところをやっているので、楽譜を見ないで吹く。慣れたはずの音出しなのに~。緊張してるん?





昨日の家での練習で、楽器の当て方をもう一度じっくりチェックしてみた。
唇の状態。あごの状態。楽器の位置や角度。左手の支え・右手・・・・
それと指の動き。

数ヶ月間、きちんとした練習ができなかったことも原因かも。
今まで同じように吹いていて、こんな風にはならなかったような気がする・・・だけか。
「<今までのましな吹き方>とかいうもん、あったんか~?」
また誰かさんに言われそう・・・


でも、時間をかけて丁寧に音出しをしてみて、少しましになったような気がする。楽器がしっくりと収まってきたというか・・・
この感じ、忘れないでいられるかしらん。







二歳半の孫娘。
お昼寝が苦手で。
でも、寝ておかないと夕方眠くなって機嫌が悪くなってしまう。

で、たびたび登場するのがドライブ作戦。


今日は双子の検診でママはおでかけ。
ママと一緒でないのでますます昼寝ができない。

孫娘と交渉?の結果、車でお昼ねすることになった。
いざ出かけてみると「バアチャン、あのね・・・」孫娘はずっとおしゃべりをしていて眠る様子がない。

近くのコースはあきらめて、目先を変えて郊外のドライブコースを目指してみた。
我が家も、十分に郊外にある。
そのコースの行き着く先は山の頂上。
うねうねと道が続くけど、眠ったら引き返せばいい。

バックミラーで見ているとあくびが出始めた。(そうそうその調子!)

もう少し、もう少しと走っているうちに道がだんだん狭くなってきて、孫娘が眠り込んだ頃にはUターンできなくなってしまっていた。
雨は降るし、道はややこしくなるし・・・でも、前に進むしかない。
晴れた日なら気持ちよいドライブになるのだろうけれど、この大雨ではいささかこころもとない。

覚悟を決めて走っているうちに、分岐する道路が見えてきた。

そこで切り返して方向転換。
やっとこさ帰ることができた。ヤレヤレ・・・

お昼ねマットに寝かせてコーヒを一杯。


もう、プチ冒険はやめとこ!

「スイミングは、来週がお休みなので、今日は二週間分泳ぎます。」

「二週間分?」まさかと思いました。

でも、コーチは張り切ってはりました。

いつものように25m×8からスタート。
ロングは100m
クロール25m×8を30秒持ち、1分持ち・・・交互に、というのもありました。
泳ぐのが遅いから、30秒持ちクロールは私にはきつい
ほんの少ししか休めません。

個人メドレー順の75mは最初のバッタをクロールに変えて泳ぎました。

で、総距離は1100m。



終わってから予約してあった歯医者さんに行きました。
今日は歯石を取ることになっていました。
診察台に座って口をあけ、コリコリして貰っているうちに睡魔が襲ったみたいで。
一瞬、記憶がとんだような・・・
そんなことが2,3回ありました。

歯科衛生士さん、気付かはったかしら?

いやぁ~、やばかった~~


<アンデルセンOp41、No9>
先週からの持ち越し。
 テンポアップ
 フレーズ感を出す
どちらの課題もOKが出て、○がもらえた。
先生と一緒に吹いたときは、四分音符=90くらいの速さだったそうで、家での練習は80が限界だったから上出来といえる。


<ノクターン>
まだ、最後まで辿り着けていない。
音が薄くなってしまうこと、中音のド・レのあたりの音程、高音ソ♯に向かって吹くところで楽器が内向きになってしまう、などの注意を受ける。

次回
装飾音符をつけて吹くこと。
苦手なトリルは、その部分だけを取り出して練習しておくこと。




ブログパーツが気に入って始めたスイムダイアリー。

「楽しく泳いでハワイをめざそう」を、本気になって計算してみた。



100m泳ぐと1ポイント。

ハワイまでは、10000ポイント。




つまり、ハワイまでは、100万m泳がないと辿り着けないわけで。。。

1日平均1000mという私のペースで、仮に1年365日、毎日泳いだとしても3年近くかかる。

今の週1のペースだと、20年近くかかってしまうことになる。

え=っ!80歳を過ぎてしまうやん。。。

週2回のペースでもハワイ到着は10年後。

その年頃まで泳ぎ続けられる自信は、とてもない。。。。う~む!

スイムダイアリー始めました。

動機はいたって単純!
ブログパーツが気に入ったからです。
100m泳ぐと1ポイント。
ハワイまでは10000ポイント。

ハワイ到着はいつになることか・・・・

スイミングは週1。
距離は平均1000mくらいです。

ポイントを稼ぎたくて(笑)今日は市民プールに行ってきました。
ひとりで泳ぐとき、ロングは100mがやっと。
でも、今日はとてもゆっくりだったけれど、粘って200m泳ぎました。

距離は1000m。
ハワイまでの道のりは・・・う~ん、遠い・・・・


ジャガイモを収穫しました。

数株ほどしかなかったけれど、孫娘にも声をかけてみんなで掘りました。

今年は、数回土寄せをしたにもかかわらず、茎が徒長していて、収穫は怪しい状態でした。
少しだけでもついていたらいいのに・・・
「おいもほり」を楽しみにしていた孫をガッカリさせないか心配でした。

先に、伸びた茎をはらってつかみやすくしておいて・・・・ジイチャンに手伝って貰って孫娘が株を引っ張ると、大きいのやら小指ほどの小さいのやら、根っこの先においもさんがちゃんとついていて・・・良かった~!

そのあと、オモチャのスコップで土をかき回すと、残ったおいも、それにミミズさんも出てきて、また大騒ぎ~。


収穫したじゃがいもは泥を落として袋に入れ、持って帰らせました。

私達も夕食にゆがいて、いただきました。

マルのままゆで、皮をむいて塩をつけて食べる。
シンプルな食べ方が一番好きです。



あ、写真を撮っておくのを忘れた・・・
残ったおいもを・・・・ぱちり


IMG_0241_1_1.jpg

品種は、たしか「アンデス」。



収穫量は少なかったけれど、楽しそうな孫の顔が見られて、ホンと良かった~。

自分の演奏のアップはたぶんない、とてもできないので(笑)
You Tubeのをお借りしました。

では、山形由美さんの演奏をお楽しみください。
ショパン「ノクターン」第20番 嬰ハ短調 遺作




アップの方法が分からなくて・・・これでいいのでしょうか?

「ノクターン」 第20番 嬰ハ短調(遺作) に決まりました。

吹きたい曲はいろいろあって・・・・
今年も、先生のところにはいくつか希望曲を持っていっていました。
中には、レベルにあわない大それた曲もありました・・・
カンタービレ(パガニーニ)、幻想小曲集からⅠ(シューマン)、アース(村松崇継)、「タイス」の瞑想曲、アンダンテ(モーツアルト)、ロマンス(サン=サーンス)・・・

かなり迷って、最終的には、がんばれば、何とか歌えるかも知れない?曲ということで、ノクターンに決定。


この曲を最初に聴いたのは、バイオリンのコンサートでした。
バイオリンの音色がそれはそれは美しくて・・・しっとりと心に染み込んで残る曲でした。曲に入り込んで演奏しているロングドレスのバイオリニストもとってもきれい・・・ いいなあ~って思いました。

楽譜やさんで探したときはピアノの楽譜しか見当たらなかったけれど、後日、フルートバージョンも発見、私の「いつか吹きたい曲リスト」の中にとってありました。

取り組んでみると、トリルやカデンツがたくさんあって音楽がつながらない。短い曲なのにぶちぶちきれて練習するのがしんどくなりそうでした。

「やっぱり無理~、」先生にそう伝えると、先生は
「(こもさん)がステージで演奏している姿が見えてきました。大丈夫、できます!」とおっしゃる。(占い師?)

私には舞台でコケテいる姿しか見えてこなかったけれど、立ち止まっていても仕方がないので、とりあえず、やってみることにしました。


曲の、なんともいえない美しさが表現できたらいいな~。
今年こそなんとか「大人の演奏」になるようがんばりたいものです。


<家にこもりっぱなしではストレスがたまる。>
ということで、私がベビーシッターになって娘と孫娘は時々外出しています。
お買い物、サークル、図書館・・・・
でも、双子の授乳時間のこともあり、大慌てで帰ってくるのが実情です。

先日は久しぶりに、娘、孫娘、双子、私とみんな揃って外出しました。

双子は抱っこして、ひとりずつチャイルドシートに納め、孫娘は歩いて乗車。
それからオムツ、着替え、ベビーカー等・・。
ようやくすべて積み込み完了!

三列シートの車ですが、何しろチャイルドシートが三つなので、娘はチャイルドシートの間におさまって。
運転は私。
いざ出発

行き先は、ショッピングモール。
娘が孫娘の手を引き、私が双子のベビーカーを押して歩きました。
品定め中、時々孫娘が脱走するので大慌てで追いかけたりしながら、それでも一応娘は買い物気分を味わうことができたようです。



双子は、やっぱり珍しいようで、行き会う人がニコニコ笑って振り返ってくれたりします。

以前でかけた時、小学生の姉弟が声をかけてくれました。
弟クン「どうして、ふたりいるん?」(同じサイズの赤ん坊が二人いることが不思議だったらしい)
おねえちゃん「たいへんだね。」(弟クン一人でも世話が大変なのに・・・と思ったんやろね。よう分かってる~!)

この間は、フードコートで「ほれ!ほれ!!」双子を指差して大きな声を上げ、近くにいた友人を手招きして呼びよせたおばさんがいました。さすが、大阪のおばさん!
孫達がかわいかったとはいえ、あまりに不躾な!

帰りの車の中で、孫娘はお昼ねし、双子は途中でお弁当?をいただいて無事帰宅しました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。