斑尾のホテルでの食事はバイキングでした。
孫たちは、ママが見繕ってくれたもののほかにも、自分の好きなものを選んでご機嫌で食べていました。じいちゃん・バアちゃんも機嫌よく飲んで食べて・・・やっぱりバイキングはあきませんねえ。ついつい食べ過ぎてしまう・・ちょっと増えてしまいました~

孫たちが帰った後はゆっくり食事ができました。
周りの様子も見る余裕ができて・・・カップルや若者のグループ、家族連れで満員。そんなレストランで一人で座っていらっしゃる女性が目に入りました。
雰囲気や髪の具合からみて、私よりもかなり年上のような感じでした。静かに食べていらっしゃいます。
夕食も、次の日の朝食もお一人でした。

その後お見かけしたのは、ゲレンデ。
真っ白のウエア、ブーツも白。インストラクターの横を板をひょいと抱えて歩いていらっしゃいました。
<ああ、プライベートレッスンを受けられるんや~>そう思ってちょっと見ていました。
インストラクターとウォーミングアップをなさっていて、私も離れたところで軽くストレッチし、それからリフトに乗りました。

何順目かのリフトで偶然一緒になりました。どんな話してはるんやろ、興味津々で横に並びました。(厚かましい大阪のおばちゃん丸出しです
インストラクターさんがスキーをするときの体の使い方のコツみたいな話をしてはりました。<フムフム・・・参考になるわ~>


レッスンの様子を見ていると、失礼だけれど初級か中級の初め?レベルは私とあまり変わらないようでした。
お若くはないのに、一人でホテルに泊まって、レッスンを受けて。。。
体力も気力も十分に蓄えていらっしゃって、すごいな~と思いました。
<スキーは好きだけれど、これから先、一人でも滑りに行くような気力・体力あるやろか?>ちょっと考えてしまいましたね・・・
あのご婦人は、きっと夏場から体を鍛えていらっしゃるにちがいありません。

私のスキー、下手でなかなか上達できないけれど、気持ちさえあればまだできるんかも・・・・・スキー場でお見かけしたご婦人に励まされた感じでいます。









スポンサーサイト

「また行こうね」
昨年の2月からこっち、孫たちが、しょっちゅう話題にし、楽しみにしていたスキーにようやく行けました。

一日目(金曜日)、私達は先発部隊。幼稚園・学校が終わってから出発する孫たちが車の中で眠れるように、娘夫婦の板・荷物等も積んで朝出発。うまくいけば到着後少しくらいなら滑れるかも・・・少し期待しながら出ました。

行先は斑尾東急リゾート。ホテル前がゲレンデになっていて雪質がよく子供連れにはもってこいのスキー場です。
難点は家から遠いこと。うまくいっても6時間はかかります。昨年は行った日が記録的な大雪。高速道路に閉鎖区間があったりで難渋しましたが今年はすんなりたどり着くことができました。と言っても、休憩しながらのドライブで着いたのは4時。2家族分の荷物の整理等もあってその日に滑るのはあきらめました。

二日目(土曜日)午前、本人の希望もあって、一号ちゃんは初スキースクール。歩き方→ボーゲン→リフトで上がって斜面でボーゲンと順調に教程を進んでいるようでした。ストックは持たず、足を大きくハの字に広げ斜面を下る一号ちゃんは終始ニコニコ、楽しくてたまらない様子。午後にはパパに曲がり方も教わったようでリフト終点から下まで、じょうずに滑り降りていました。(1号ちゃんの写真、スピードが速くて撮りきれませんでした
二号クン、三号クン、昨年まではキッズパークのみでしたが、年中さんの今年は交代で板装着。パパとママに手ほどきを受け、短い斜面をそれでもかなりのスピードで滑り降りていました。「ぶつかりそうになったら体を曲げてよけられる!」と得意そうに話していました。
IMG_0218_20150211154055695.jpg IMG_0219_20150212215128e33.jpg

午後からはリフトに乗車し、支えてもらいながら滑り降りていました。こけたときも一人で立つ練習?足が変な方向に向いても平気。じいちゃんバアちゃんには無理なポーズです。

夕方には、じいちゃんとバアちゃんで三人を引き受け、パパとママには自由時間を提供しました。
何年ぶりかの上級コース、こぶ斜面は楽しかったそうです。

IMG_0190a_20150211163127398.jpg                                  IMG_0202a_20150211162703cec.jpg
三日目(日曜日)、二号クン・三号クンどちらも、キッズパークではなくスキーがしたいと言うので二人分の板をレンタル。
初めてみんな揃ってリフトに乗りました。これは想定外の展開でしたね~。
IMG_0217.jpg


みんなでさんざん遊んで、午後、娘一家は引き揚げて行きました。
「じいちゃん、バアちゃんは年でくたびれたから<ちょっと休憩して>後から帰るわ~」孫たちとはそう言って別れました。
実は、ホテルで部屋が空いていたので、予定変更し、次の日まで<ちょっと休憩して>滑ってから帰ることにしたのです。

スキーは好きだけれど下手な私。
シーズンに1回位ではうまくなれません。滑って、足腰を昨年レベルまで戻すのが精いっぱい。
キッズパークでのお付き合いやら、何やらであまり満足に練習できなかった分をゆっくり取り戻したい。孫たちには申し訳なかったけれど、さらにもう1泊しました。

お風呂に入り、夕飯も落ち着いてゆっくり味わい・・・。次の日、朝からスキーを楽しみました。 
IMG_0230.jpg 
今年、昨年と比べ物にならない孫たちの意気込みや・上達ぶりには驚かされました。
キッズパークにはいろいろな橇だけでなく、ストライダー型の橇まであって、何度も喜んで乗っていましたが、スキーの面白さに目覚めた?とでもいうような具合でした。二号クンは、月曜日の朝、「幼稚園に行きたくない~。もっとスキーしたかった~」と泣いたそうです。

今年は、孫たちと一緒に滑れたけど、ついて行けなくなるのは時間の問題みたいです。



丹後半島を回ってきました。

雨の中を走って、夕日が浦温泉で宿泊。大雨で夕日を見ることができなかった・・・
夕食は「カニ尽くし」
カニ刺しから始まって、焼きガニ・・・最後は鍋で締め・・・今季最後のチャンスを堪能しました。

翌朝の宿からの眺め。
天気は晴れ。絶好のドライブ日和。
IMG_0048.jpg
魚の卸売りの店で、お土産用に活けガニを購入。これは息子達、孫達へ。
我が家用には、ホタルイカ・メバル等。

それから海岸線を走って経ガ岬へ。
IMG_0053.jpg


岬の駐車場から400mほど登って経ガ岬灯台まで行きました。
映画「喜びも悲しみも幾歳月」にも登場する有名な灯台。
光は海上を、遥か40キロメートルまでも届くのだとか。
180度以上、海が見渡せました。
<500頭ものイルカが経ガ岬沖合15キロの海上を回遊しているのが見つかった>・・・今朝のニュースで報じていましたね。
IMG_0059.jpg
IMG_0058.jpg


伊根の舟屋
布団が干してあったり、舟屋の中に洗濯物がぶら下がっていたり・・・。
全く観光地らしくなくて、でもまたそれがいい。
向井酒造の蔵元で、原酒と濁り酒を購入。
IMG_0064.jpg

丹後半島の付け根のあたりは丹後ちりめんで有名で。
丹後ちりめん歴史館で、夫のネクタイ・娘のシュシュ・パッチワーク用の端切れ等を購入。
IMG_0068.jpg
これは、貰った「まゆ玉」。お湯でふやかしたものを指にはめてそっとなでると、天然由来のシルクプロテイン「セリシン」の効果で、お肌がすべすべになるって・・・私でも効果があるんかしらね~?

それと、ちりめんの里で夫と私用のお財布まで購入。近くの、革製品で有名な豊岡からの品だったようです。



お財布のひもを緩めっぱなしの一泊二日でした。
今日からは緊縮財政で行かなくては・・・

鳴門海峡を渡って四国に行ってきました。お昼は、いつも行くこちらのお店。                              TS3U0082.jpg
新鮮なお魚料理が食べられるお店です。
子供が小さかったころに偶然立ち寄ってから病み付きになって・・・
わざわざ食べに出かけたこともあるくらい。
いつの頃か昼時には店の前に行列ができてしまうようになってしまいました。昨日も40分待ちで。
海を眺めながら並びました。


そのあと、鳴門スカイラインを走り、
IMG_1273.jpg

パーキングに車を置いて無料のシャトルバスの乗り換え、お目当ての大塚国際美術館へ。
陶器の板に、西洋の名画を色彩・大きさをそのまま再現した作品、約1000点を見てきました。
陶板に焼き付けてあるので、年数を経ても劣化しない特徴があるのだとか。


長いエスカレーターを上がるとB3フロア。
入ったところがシスティーナ・ホール
このホールでは、コンサートや歌舞伎なども行われるようです。
IMG_1275_20130504100017.jpg 

それから時代別に展示してある館内を見て回りました。
古代遺跡や教会などの壁画がそのまま立体的に展示してあるフロアーもありました。

IMG_1281.jpg  IMG_1284.jpg

IMG_1285.jpg  IMG_1286.jpg

IMG_1287.jpg  IMG_1289.jpg


IMG_1290.jpg

その他、エル・グレコ、モネ、レンブラント、レオナルド・ダ・ヴィンチ、ムンク、ゴッホ、ミレー、・・・おなじみの画家の作品の陶板複製がいっぱい・・・・。
展示方法にも工夫がなされていて、十分に西洋の美術館めぐりをした気分になれました。

 ひとりでできるよ~

 IMG_1241.jpg

ほらね。

IMG_1242.jpg


                  IMG_1248.jpg
                                            IMG_1254.jpg


見ててね~。

IMG_1258.jpg

            おっとっとっと・・・・

    
        IMG_1259.jpg
        

                        しっぱい~!
                           
                        IMG_1257.jpg
   
                            

「お熱が下がったらスキー行ける?」と、初めてのスキーを楽しみにしていた1号ちゃんの願いに応えて、急遽スキーに行ってきました。
前回のことがあるので、どなたにも知らせず密かに出発。いつも留守をお願いするお隣さんへの連絡は現地に無事ついてからということで出かけました。

朝早くに車2台で出発。低気圧の接近で途中からけっこう激しい雨が・・・
ホテルには昼前に到着。昼ごはんを食べるころには雪に変わって・・・。孫たちのレンタルのウエアを借りたりいろいろ準備に手間取っている間に薄日が差す天気になりました。

それから、まあよく遊んだこと!
一号ちゃんはパパやママとスキーのお稽古。少しだけだけれどバランスをうまくとって滑れるようになりました。
二号クン、三号クンはジイチャン・バアチャンとソリ滑り、一人乗りのソリでも滑れるようになりました。それから雪のお団子を作ったり、パパの板に乗せてもらって滑ったりもしました。

6時前、仕事のために一人で帰るパパに合わせ、夕日を眺めながらの早い目の夕食。途中で二号クン三号クンは見事に居眠り。二号クンはそのまま朝までぐっすり~三号クンは温泉に入ってから、これまたぐっすり~

二日目、スキーの係りはママ。ソリの係りはジイチャン・バアチャン。
昼過ぎまでいっぱい遊んで引き揚げました。


今回のスキーに、ジイチャン・バアチャンは、一応、板を持っていったけれど結局使わずじまい。
パパとママも、超久しぶりに滑るつもりでいたけれど、結局は孫たちを乗せて滑っただけ。
けど、みんな大満足。
楽しい~!声が弾んでいました~。


来年もまた揃って行くことになりそうです。何かと期待されているジイチャン・バアチャンとしては、頑張らねばなりません。
今度はインフルエンザが流行りだすまえに計画したいものです。


比叡山に行ってきました。
今回は、電車利用。JR坂本からケーブル坂本駅までバスに乗り、ケーブルで延暦寺駅まで上がりました。


比叡山ケーブル
日本一長いケーブルカーだとか。全長2025mを11分で上ります。

TS3U0064_convert_20130130091443.jpg

 ケーブル延暦寺駅からの眺め。 雪の向こうに見えているのが琵琶湖。 TS3U0069_1_convert_20130130092157.jpg

ケーブルの終点から世界遺産に登録されている延暦寺まで、雪道を、木々の間から時々見える琵琶湖を眺めながら歩きました。
TS3U0068_1_convert_20130130091922.jpg


根本中堂(国宝)
靴を脱いで回廊を歩き、本堂へ。
内陣が一段低い位置にあって、ご本尊の薬師如来像や不滅の法灯が目の高さにありました。
床に座って手を合わせ、しばらくそのままでいました。少しだけ、清らかな気持ちになれたかも?夫にそう言ったら、「家の仏壇の前でも、その気があれば十分穏やかな気持ちになれるはずや~」と笑われてしまいました。           TS3U0066_convert_20130130091658.jpg

阿弥陀堂
TS3U0067_1_convert_20130130091807.jpg

雪のせいか観光客は比較的少なくて、けっこう静かでした。

帰りの山道で、10人くらいの賑やかなご婦人達に追いつきました。追い越そうかどうしようかと迷っていたら、最後尾にいた人が携帯を構え「みんなこっち向いて~。」と写真を撮り始めました。
写真のお邪魔したら悪いので、道端によけて終わるのを待っていました。
そのご一行さん、写真を撮り終わると、知らん顔してまたしゃべりながら下っていきはりました。

「そんな人もおるねんて・・・」夫は気にもしない風でしたが、私は「え~、なんなん?・・・・」と思ってしまって。せっかく清らかな気持ち?になれたと思ったのに・・・・・、まだまだ修行が足りないみたいです。

IMG_1000.jpg 栗林公園   IMG_1002.jpg   
  IMG_1001.jpg

たくさんの松。
どれも見事に手入れされていて・・・。さすが天下の名園。

お昼は讃岐うどん。
以前、名物の讃岐うどんを食べるために海峡をわたったことがありました。
でも、せっかくいったのに、スーパーで買ったのと変わらないお味で・・・ごく普通のうどん屋さんだったみたいでした。
今回はそのリベンジ。
あらかじめ調べて行っただけのことはありました。満足~。
お土産用も購入。


娘宅への土産は、うどん、文旦、たまねぎ。

それにおもちゃのオカリナ3つ。
ピンク色しかなくて、二号クン、三号クンは違うものにしようかと思ったのだけれど・・・結末が予想できるのであえてピンクを三つ。
帰宅後、紐を青と黄色に取り換えて渡しました。

連休に瀬戸内方面に行ってきました。

一日目、倉敷から瀬戸大橋を渡り、高松へ。

美観地区
IMG_0985.jpg   IMG_0983_3.jpg


大原美術館
IMG_1008_2.jpg
 モネの「睡蓮」、エル・グレコの「受胎告知」、ゴーギャン、モディリアーニ、ピカソ・・・。連休最終日で館内は比較的静か。たくさんの作品をゆっくり見ることができました。「睡蓮」は細かに描きこまれていて、色合いがとても美しい作品でした~。

備前焼の店で、こちらを衝動買い。
IMG_1021_3.jpg
左は夫用、右は私用。これで焼酎を頂きます。
店主の話では、一年も使えば色合いが変わってくるのだそうです。
おっちょこちょいの主婦がいる我が家には似合わないかと思ったのですが、色合いと手触りが何とも言えず買ってしまいました。

瀬戸大橋を渡って四国へ。
IMG_0993.jpg       IMG_0995.jpg

室堂で見かけた花です。

チングルマ
チングルマ
         
       イワカガミ IMG_0794_9_1 イワカガミ
          
               クルマユリ  クルマユリ   

ツガザクラ ツガザクラ

                 IMG_0796_7_1.jpg
  
   
                         IMG_0801_5_1.jpg
ニッコウキスゲ
IMG_0805_1_1.jpg

花の名前は、一応調べてみたのですが・・・たぶん・・・ということで。
イワカガミとチングルマは数年前、乗鞍岳の花畑で可愛く咲いていたのを見たので間違っていないはずなんだけどなあ・・・。

安曇野って、朝ドラの舞台になっている街なんですね。
見ていないので、知りませんでしたが、昼食に入ったお蕎麦屋さんをはじめ、街のあちこちで「おひさま」という文字を見かけました。
そのせいもあったのでしょうか、観光バスがやたら多くて・・・わさび園への道は渋滞中。
あきらめて安曇野アートラインに向かいました。

田んぼと畑、森の間に点在する美術館や陶芸等のギャラリー。
あたりの雰囲気は「八ヶ岳」・「富良野」といった感じ。
ゆっくり周ったら、もっと面白かったでしょうが、今回はまずアートヒルズミュージアム、とんぼ玉美術館にいきました。どちらにもワークショップがあって、たくさんの人が作品を作っていました。我々は見て回るだけで時間切れ・・・う~ん

次に向かったのは、ちひろ美術館。
いわさきちひろさんといえば、ふんわりした子どもの絵のイメージが浮かびます。
美術館で、戦争と平和についての、私がまだ知らなかった作品を見つけました。
年表や資料を通して、「世界中のこども みんなに 平和としあわせを」と願う彼女の生き方を知りました。




IMG_0822_3_1.jpg

こちらは、私へのお土産です。
孫と娘にも同じような額、そして「はらぺこあおむし」のトランプを買いました。


ちひろ美術館では、おなじみの絵、絵本に囲まれてほっこりする時間がもてました。


IMG_0813_1_1.jpg

ずっと気になっていたところに行ってきました~。


一日目
朝早くに自宅を出発。
中国道、名神、中央道、長野自動車道を走り、豊科ICで降りて安曇野へ。
アートヒルズミュージアム→とんぼ玉美術館→ちひろ美術館を回りました。

二日目は立山黒部アルペンルート。
扇沢に車を置き、関電トンネルトロリーバスで黒部ダムへ。
それから、黒部ケーブルカー、立山ロープウェイ、立山トンネルトロリーバスと乗り継いで、黒部平、大観峰、そして室堂まで足を伸ばしてきました。

IMG_0827_2_1.jpg 

関電トロリーバスであの有名な破砕帯を通過しました。映画「黒部の太陽」、NHKの「プロジェクトX~挑戦者達~」・・・・<両方とももう一度、見てみたい~>夫も同じことを感じたようでした。

黒部ダム到着後、220段の階段を上って展望台へ。息が切れました。
黒部ダムは標高1470m。高地で酸素がややうすい?まさか!!前夜の睡眠不足、または歳のせいでしょう・・・やや汗ばんだけれど、気温14,5度が心地よかった~。

ダムのスケールがあまりに大きくてびっくり。ダムからの放水も凄い迫力で、水のパワーを感じました。
問題になっている福井の原発群も、こちらのダムも同じ電力会社が建設したものなんですよね。
自然と人間の共同作業?
時期が時期だけにちょっと考えさせられてしまいました・・・。

IMG_0780_11_1.jpg


室堂では、かなりの残雪がみられました。
冬の豪雪の影響で、この夏は雪が多いのだとか。
思いがけない量の残雪が心地よかったです。


連休を利用して熊野方面に行ってきました。

阪和道、湯浅御坊道路を利用して南紀田辺へ。
そこから中辺路を走り、熊野本宮大社、大門坂、那智の滝と回りました。

阪和道、湯浅御坊道路は予想通り渋滞。
黄砂の影響が残っていて景色もいまいち。
熊野街道でようやく初夏の木々の淡い色合いを楽しむことができました。

熊野本宮大社へ参拝。
孫達に健康祈願のお守りを購入。
この本宮は、かつて明治22年の洪水で流され、残ったお社を現在の地に移したものだそうです。元の大社あとの「大斎原(おおゆのはら)」にも行きました。

大鳥居と参道
IMG_0648.jpg

IMG_0649_1_1.jpg


那智の滝
IMG_0655_1_1.jpg


大門坂
IMG_0659_1_1.jpg

IMG_0663_1_1.jpg



那智の滝でも、大門坂でも、歩いている間はずっと杉の巨木群を見上げていた感じでした。
樹齢800年の楠に杉。下から見上げてもてっぺんが見えないくらい。
大門坂の延々と続く苔むした石畳を登っていくと遠くに那智の滝が見える場所もありました。

今回は、熊野古道入門編といったところでしょうか。
時間があって、腰が痛くなければ、もっと時間をかけて歩いてみたい場所でした。

雪道を走ったせいもあったのか、現地に着いたのは3時過ぎ。

予定では、もう少し早く着いて夕方まで一滑りするつもりでいました。
その時間から荷物を降ろし、板の準備をしていたら夕方になってしまいます。
初めてのゲレンデを薄暗くなってからすべるのは心細い~。
で、ホテル内のプールで泳ぐことにしました。

ホテルの中に温水プールがあることは、HPでチェック済み
スキーウエアと一緒に、水着もちゃんと用意してありました。

プールは18mで5コース分くらいの広さ。
しかも中は遊んでいる親子が一組だけ、十分泳げそうです。

雪見を楽しむ温泉はよくあるけれど、雪のゲレンデを見ながら泳ぐのもなかなかおつなもの~。
水温がちょっと低い目で長居はできませんでしたが、ドライブに疲れた体をほぐすにはもってこいでした。

それにしても、スキー場に到着そうそうプールで泳ぐのってどうなんでしょうかね?

IMG_0441.jpg

チェーン規制中の高速道路を通り、雪道を抜けて二泊三日でスキーに行ってきました。

IMG_0448.jpg

スキーにいくのは一シーズンに一度ほど。しかもかなりのおばさんになってから始めたので到底上達は望めず、何処へ行ってもいつも初級ゲレンデ周辺をウロウロするだけ。それでも、十分楽しいのです。このスキー場は今回が初めて。係りの人が「大丈夫!」というので、約2キロの林道にもチャレンジしてみました。

ゲレンデで、ついつい見てしまうのはちびっ子達。
ボーゲンの脚を目一杯広げて怖がりもせずどんどん下って行きます。中には凄いスピードでガンガン飛ばしていく子どももいて・・。

お母さんの背中で後ろ向きに背負われた着ぐるみの赤ちゃんはうちの孫より少し小さいくらい。
そのお母さんは女の子のあとを追いかけてかなりのスピードで滑っていました。
背中で眠りこけている赤ちゃんの顔には雪が・・・

来年くらいには、うちの孫達もゲレンデデビューさせられるかな・・・

IMG_0461.jpg

スキーのあとは温泉とおいしい食事。

IMG_0458.jpg

帰りの高速から見た南アルプス。きれいでした~。
IMG_0475.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。